受付時間

春風堂接骨院 042-421-5213

交通アクセス

腰椎椎間板ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰や臀部(お尻)の痛みが取れない方
  • 足先に及ぶしびれ、痛みがある方
  • 足に力が入らない方
  • 力を入れたり、重たい物を持ち上げると痛みが強く出てくることがある。

腰椎椎間板ヘルニアとは?|西東京市 春風堂接骨院 保谷院

腰椎椎間板ヘルニアの原因は、骨盤の歪みによって腰椎が前弯し、背骨と背骨の間にある椎間板が飛び出して近くを通っている神経を圧迫することで、足の痺れ、臀部の痛み、腰の痛みなどの症状が出て来ます。

腰椎の下に存在するのが骨盤になり背骨の土台となっています。その土台が歪んでしまうと、背骨も歪むことで猫背なり、首がストレートネックと身体全体に歪みが強くなってしまいます。

ヘルニア自体は次第に落ち着きます。神経を圧迫している椎間板自体は体内のマクロファージという貪食作用によって、ヘルニア自体はなくなります。

症状が残ってしまうのは、骨盤の歪みと筋肉の硬さが残っている為、筋肉の中を通っている神経を圧迫してしまうことから、痺れや痛みなどといった症状が残ってしまいます。

この様な筋肉の緊張は痛みや痺れを起こすだけでなく、骨格・骨盤の歪みを治りにくくしまうのでこの二つを施術する必要があります。

当院の腰椎椎間板ヘルニア施術方法|西東京市 春風堂接骨院 保谷院

西東京市 春風堂接骨院 保谷院では骨盤を整える「骨盤矯正」を行い、骨格を元に戻すことによって筋肉の負担を減らします。硬くなってしまった筋肉の柔軟性を出す為、当院では「マニュアルメディスン」を使用しており、一人ひとりにあった施術を行っていき、痛みのない身体、出にくい身体作りをしていきます。

また筋肉の緊張は、筋力が少ないと疲労しやすく、硬くなることで痛みの原因になります。

そうならない為の、筋肉トレーニングの指導や、身体を支えている筋肉【インナーマッスル】を鍛える事が可能な特殊電子機器「コアレ」を導入しており、身体の中から歪みにくい身体を作っていきます。

もし腰椎椎間板ヘルニアのことでご不明な点がありましたら、西東京市 春風堂接骨院 保谷院におたずねください。

全身骨格矯正【SPAT】について→https://shunpudo-sekkotsuin.com/sejyutu/spat/

 

骨盤矯正について→https://shunpudo-sekkotsuin.com/sejyutu/kotsuban/

 

坐骨神経痛(足の痺れ)について→https://shunpudo-sekkotsuin.com/syojyo/zakotsu/

春風堂接骨院

042-421-5213

住所
西東京市下保谷4-8-18 アネックスマノア101
駐車場
店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
定休日
木曜午後、日曜・祝祭日

受付時間