受付時間

春風堂接骨院 042-421-5213

交通アクセス

四十肩、五十肩

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肩が痛くて上がらない、思うように動かせない
  • 急に腕を動かすと痛みが出てしまう
  • 寝ている時に肩がズキズキと痛む
  • つり革を握れない、エプロンの紐を結べない
  • 服を着るときに痛みが出る

四十肩、五十肩とは?|春風堂接骨院

西東京市 春風堂接骨院 保谷院には四十肩や五十肩といった方の症状で来院される方が多くいらっしゃいます。

単なる肩こりとは違い上記のような動かした時に出る痛みや夜間痛などの夜寝ている時、寝返りしたときに出る痛みが特徴的です。

この四十肩・五十肩の原因として考えられるのが年齢とともに起こってくる関節滑膜や筋肉、腱などが変性してしまい動きが悪くなってしまう疾患を言います。

四十肩や五十肩ははっきりとした病名ではなく(肩周辺の痛みの症状)の総称になります。

こういった疾患を出してしまうものは以下の様な要因が考えられます。

肩関節腱板炎

肩を動かす時に腱板(棘上筋。棘下筋、肩甲下筋、小円筋)と呼ばれる筋肉が付着しているのですがそれが加齢とともに摩擦を起こし炎症を起こしてしまいます。

これが一番多いとされています。

肩峰下滑液包炎

肩関節の周りには筋肉がついているのですがその骨と筋肉の間にあるのが滑液包になります。

この滑液包には滑液と呼ばれる関節の動きをスムーズにしてくれる液体が入っておりそれが炎症を起こしてしまう疾患になります。

上腕二頭筋炎

上腕二頭筋はとても分かりやすい筋肉なのですが力こぶが出来るところではなく肩の周りにもこの筋肉は付着しており結節間溝と呼ばれる溝を通り腕を曲げ伸ばししてくれています。

この結節間溝と呼ばれる溝を動くたびに摩擦起こし炎症してしまいます。

四十肩五十肩の原因とは?|春風堂接骨院

四十肩・五十肩の主な原因は先ほども述べたように年齢とともに関節滑膜や筋肉、靭帯に変性が起きたり筋力低下による代謝の低下によって引き起こされる血液循環の悪化になります。

なぜこの変性が起こってしまうのかですが、これの多くが普段の姿勢悪かったり、日頃から左右にかかる負担の違いが原因になりやすいです。

また年齢と共に筋力が低下していき、次第に上部胸椎が歪む事によって肩甲骨や鎖骨の位置が変わり、肩にかかる負担が自然と増え痛みの原因になってきてしまうのです。

施術とは?|春風堂接骨院

当院ではこういった四十肩・五十肩を引き起こしやすい原因となる上部胸椎の歪み(猫背)を正しい状態に戻すだけでなく肩の動きを制限してしまう肩周りの筋肉の硬さに当院独自のの施術法であるマニュアルメディスンを用いて柔軟性を出します。

そして今後このような症状を繰り返さないような筋トレやストレッチの指導などを行います。

こういったお悩み症状があれば一度当院にご連絡下さい。

春風堂接骨院

042-421-5213

住所
西東京市下保谷4-8-18 アネックスマノア101
駐車場
店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
定休日
木曜午後、日曜・祝祭日

受付時間