受付時間

春風堂接骨院 042-421-5213

交通アクセス

腰椎分離症(分離すべり症)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 身体を反らすと腰が痛い
  • 長時間の同一姿勢で腰が痛む
  • 過去に腰椎すべり症と診断を受けた方
  • 腰痛や足の痛みや痺れが緩和されない

腰椎分離症(分離すべり症)とは|西東京市 春風堂接骨院 保谷院

多くは体が柔らかい中学生頃に身体を前後に反らしたり、捻ったり、ジャンプを繰り返すなどで腰椎の後方部分にある「椎弓」に疲労骨折(亀裂骨折)が生じて腰痛、臀部痛、大腿外側の鈍い痛みを引き起こすものです。

この椎弓は上下の椎骨の連続性を保っている場所で、ここに骨折が起きるとちょっとした動きでも激しい痛みを伴います。また、この椎弓は両側に付いていて両側とも骨折が起きると「腰椎すべり症」といって背骨がずれている状態になります。こうなってしまうと成人になっても慢性的に、長時間の立位、座位、中腰姿勢で腰痛や下肢痛、足先への痺れなどが出てしまいます。

また、加齢とともに椎間板や関節・靭帯が緩み、滑って不安定になる事で、脊柱管が狭窄して神経を圧迫して腰痛や足への痛みや痺れ、浮遊感を生じてしまい、

更に、症状が進行していくと脊柱管狭窄症を生じ、歩行が困難になる、間欠性跛行(長い距離を歩くと痛み・痺れが強くなり、しゃがみ込むと症状が軽減する)という症状が出てきてしまいます。

腰椎分離症には骨格矯正が必要|西東京市 春風堂接骨院 保谷院

慢性的に筋疲労が蓄積する事によって発症するのが特徴でもあるこの腰椎分離症(分離すべり症)は、骨盤の前傾が強くなる事により脊柱に負担が掛かる事によって発症しやすいです。

なので、骨盤の歪みを取り、脊柱への負担を軽くする事が大事になります。

当院の矯正方法は、医師が考案した【SPAT矯正法】という負担のかからない高齢者の方でも受けて頂ける矯正法になります。また、当院独自の技術【マニュアルメディスン】にて周囲の硬くなった筋肉の柔軟性を出して痛みを軽減させます。

腰椎分離症(分離すべり症)の予防|西東京市 春風堂接骨院 保谷院

西東京市 春風堂接骨院 保谷院では治療で痛みを取ったのちに、予防として痛みの出にくい身体作りをする為には、筋力を鍛える事が最も重要になります。身体に負担が掛からない姿勢を維持する為に、【インナーマッスル】を鍛える事で辛かった腰痛を防止する事が可能です。

この筋肉をつけるには難しいトレーニングが必要ですが、当院の特殊な電気機器【コアレ】を使って頂くと老若男女問わずにしっかりとインナーマッスルを鍛える事が出来ます。

また椎間板と筋肉に作用する、サプリメントをとって頂く事により、椎間板をしっかりすることが出来ます。この様に当院の腰椎分離すべり症は骨格と筋肉、脊柱自体にアプローチしていき改善を図っていきます。

全身骨格矯正【SPAT】について➞https://shunpudo-sekkotsuin.com/sejyutu/spat/

 

骨盤矯正について➞https://shunpudo-sekkotsuin.com/sejyutu/kotsuban/

 

慢性腰痛について➞https://shunpudo-sekkotsuin.com/syojyo/yotsu/

春風堂接骨院

042-421-5213

住所
西東京市下保谷4-8-18 アネックスマノア101
駐車場
店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
定休日
木曜午後、日曜・祝祭日

受付時間