受付時間

春風堂接骨院 042-421-5213

交通アクセス

顎関節症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 口が開けにくかったり開けた時に痛かったりする
  • 口を開けたり閉じたりすると音がする
  • 硬い物や大きいものが食べられない
  • 頬やこめかみあたりが痛くなる
  • 食事中に違和感を感じる

顎関節症とは?|春風堂接骨院

顎には多くの機能があり、筋肉や関節それに加え神経も多くあり食事や会話を行う上でとても重要な部分になってきます。

顎関節付近の痛みや咀嚼筋の疼痛、関節雑音、開口障害や顎関節に運動の異常があるものをまとめて顎関節症といいます。

そのなかでも部位別に原因となるものが変わってきます。

  • ・(Ⅰ型)咀嚼筋痛障害
    主に関節を動かした際に痛みが出るものになります。噛む為の筋肉の障害になります
  • ・(Ⅱ型)顎関節痛障害
    関節の周りの靭帯や関節包の障害(関節外)
  • ・(Ⅲ型)関節円板障害
    関節の中の関節円板の組織の障害(関節内)
  • ・(Ⅳ型)変形性関節症
    関節の中が変形してしまったもの

こういった種類に分類されます。

顎関節症の原因とは?|春風堂接骨院

顎関節症の原因として硬いものをかじったり、急に大きな口を開けてしまったりする外傷によるもの、仕事のストレスであったり勉強のストレス、寝えているときの歯ぎしり、普段の生活での食いしばりといったもの、かみ合わせが悪かったりすると顎関節症になりやすいと考えられています。

しかし当院にはストレスによる自律神経の乱れや第一頚椎の歪みにより顎関節症を引き起こしてしまった方や歯医者さんに行っても中々良くならなかった方が多くいらっしゃいます。

そういった方の主な原因は上部胸椎の歪み(猫背)や第一頚椎の歪み(ストレートネック)が原因になりやすいです。

この様に猫背やストレートネックになると首周りの筋肉が硬くなってしまい顎が前に出てきて自然とかみ合わせが悪くなってしまいます。

これにより自律神経の乱れが起こりやすくなったり顎関節関節症の原因になってしまいます。

顎関節症によって起こりやすい症状とは|春風堂接骨院

顎関節症が起こると他にも様々な症状が起きてしまいます。

例えば頭痛・肩こり・首こり・めまい・耳鳴り・眼精疲労・顔の筋肉の緊張・こわばりといった顎関節以外の症状も出ますし、放置すると出やすくなりますので注意が必要です。

保谷院の施術とは?|春風堂接骨院

当院では姿勢の歪みや自律神経の乱れからくる顎関節症に対して歪んでしまった第一頚椎の歪みや上部胸椎の歪み(猫背・ストレートネック)を整えその歪みの原因となる筋肉の緊張を取り除き柔軟性を出します。

そして今後同じような症状が出ないように姿勢を保つ筋肉(インナーマッスル)を鍛える事により不調の出にくい身体作りを目指します。

こういった不調お悩みがあれば当院にお越しください。

春風堂接骨院

042-421-5213

住所
西東京市下保谷4-8-18 アネックスマノア101
駐車場
店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
定休日
木曜午後、日曜・祝祭日

受付時間