受付時間

春風堂接骨院 042-421-5213

交通アクセス

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 脊柱管狭窄症と言われ手術しかないと言われた
  • 手術をしても症状が改善しなかった
  • 歩くと足全体に痺れが出るが、休むと痺れが落ち着く
  • 長い距離を歩くことができない

脊柱管狭窄症の症状とは?|西東京市 春風堂接骨院 保谷院

脊柱管狭窄症の主な症状は、長い距離を歩くことが出来ず歩いては休憩、また歩いては休憩を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)が特徴的な症状です。

脊柱管狭窄症では安静にしていると足先にかけての痛みや痺れといった症状はないというのも特徴で、歩いた時や立っている姿勢、腰を反った姿勢を繰り返した場合でも足先に及ぶ痺れ、痛みがあり姿勢を前かがみ、腰かけるといった状態にすると症状は軽減されます。

脊柱管狭窄症の原因とは?|西東京市 春風堂接骨院 保谷院

脊柱管というのは背骨の中にあり、脊髄神経が通るためのトンネルです。
背骨の前弯が強い姿勢を長年することによってトンネルがつぶれ、神経が圧迫され症状が出てきてしまいます。

脊柱管狭窄症の手術をされた方でも、症状が収まらない方や、症状が一時楽になった方も、時間が経つにつれ徐々に症状が再発し手術を繰り返しされる方がいらっしゃいます。

ではなぜ再発してしまうのでしょうか?
それは【骨盤の歪み】が原因だからです。

骨盤は背骨の土台となっており、骨盤が歪んでしまうと身体全体に歪みを及ぼし、上に乗っている腰椎を常に反った状態にしてしまうので脊柱管を再び圧迫し症状を再発させてしまいます。

骨格・骨盤の歪みの原因は【筋肉の緊張】が起きていると歪んでしまい、神経症状のあるお尻、足先の筋肉が緊張して硬くなってしまいます。

その状態になってしまうと筋肉が骨盤を引っ張ってしまい歪みを引き起こします。

当院の脊柱管狭窄症の改善施術|西東京市 春風堂接骨院 保谷院

当院では、歪んでしまった骨盤を整える骨盤矯正と、硬く緊張している筋肉に柔軟性を出すように施術を行っていきます。

骨盤矯正と聞くとバキバキする印象があると思いますが当院の使用している矯正法【SPAT矯正法】はバキバキしないソフトな矯正法で、女性やご高齢の方でも受けて頂ける矯正法になっています。

筋肉の硬さに柔軟性を出す事ができる【マニュアルメディスン】を使用している為、一人ひとりにあった施術を行っております。

これらの原因を取り除く事で根本的に脊柱管狭窄症を改善していき骨格・骨盤を整え筋肉に柔軟性を出して、症状の出にくい身体、出ない身体作りをしていきましょう!!

全身骨格矯正【SPAT】について→https://shunpudo-sekkotsuin.com/sejyutu/spat/

 

骨盤矯正について→https://shunpudo-sekkotsuin.com/sejyutu/kotsuban/

 

坐骨神経痛について→https://shunpudo-sekkotsuin.com/syojyo/zakotsu/

春風堂接骨院

042-421-5213

住所
西東京市下保谷4-8-18 アネックスマノア101
駐車場
店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
定休日
木曜午後、日曜・祝祭日

受付時間