受付時間

春風堂接骨院 042-421-5213

交通アクセス

膝の痛み

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 階段の上り下りが辛い
  • 膝が痛くて正座が出来ない
  • 変形性膝関節症と言われた
  • 歩くとギシギシと鳴って痛い

膝の痛みの原因とは?|春風堂接骨院

膝は普段の日常生活での歩いたりしゃがんだり、といった動作でも常に負担がかかっている部位であり、もし痛みがあれば歩くことさえつらくなってしまいそのたびに精神的なストレスも抱えてしまうことでしょう。

若い方ですと、スポーツのし過ぎで傷めてしまうことが多く、中高年の方ですと筋力の衰えによって傷めてしまうということが多くなります。

膝にはクッションの役割をしている軟骨があるのですが、それがすり減ってしまい痛みを引き起こすという変形性膝関節症という症状も御座います。

ご自身の痛みがどのような原因からきているものなのかを、しっかりと確認していくことが大切です。

痛みがあるからといって、その部分にシップを貼ったり、痛み止めのお薬を飲めば良いというわけではありません。

膝の痛みは放っておくとどんどん悪化してしまい、関節の変形が進んでしまえば元には戻らなくなってしまうのです。

そうしますと、痛みを抑えるためには病院で手術が必要になってしまったり、たとえ手術を受けても後遺症が残ってしまうということも考えられます。

そのため、たとえ軽い痛みであっても早い段階で西東京市下保谷の春風堂接骨院までお問い合わせください。

悪化させてしまう前に西東京市下保谷の春風堂接骨院にて痛みを根本から取り除き、元気に歩けるようにしておきましょう。

膝の痛み、辛さを解決する3つ改善法とは?|春風堂接骨院

膝の治療法には症状に応じ、いくつかの方法があります。

大きく分けると、膝の治療法には、

1.装具療法
2.温熱療法
3.運動療法

があります。

痛みの原因を特定し、それぞれの方法に応じた治療することが重要になります。

装具療法は、膝の関節の保護や固定・動きを安定させるための器具を膝の周辺に取り付け、痛みや負担を軽減するための治療法です。

サポーターやコルセット、足底板などを使い、関節にかかる負担を減らすことで痛みを和らげます。

温熱療法は、痛みのある患部を温めることで、血液の流れを促進し、症状を緩和させる治療法です。

血液の流れが良くなると、痛みや炎症の元となる疲労物質や化学物質を減らすことができ、筋肉や関節の柔軟性を高めることで痛みの解消に繋がります。

また、膝を動かしたり、ウォーキングなどの運動をすることによる膝の治療法もあります。

ひざ周辺の筋肉や靭帯、骨の組織を強化することで、膝への負担を減らすことができます。

当院では、ひざの痛みを抱える患者一人一人に応じた治療法を選択し、痛みの解消やスムーズな動きを実現するためのサポートいたします。

膝の治療や痛みの解消法についてご不明な点がありましたら、些細なことでも西東京市下保谷の春風堂接骨院にお問い合わせください。

春風堂接骨院

042-421-5213

住所
西東京市下保谷4-8-18 アネックスマノア101
駐車場
店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
定休日
木曜午後、日曜・祝祭日

受付時間