受付時間

春風堂接骨院 042-421-5213

交通アクセス

スポーツ障害

こんな症状でお悩みではありませんか

  • すねの内側の骨が痛みがある
  • 野球をしていて野球肩、野球肘に悩んでいる
  • 部活で捻挫、肉離れになった
  • 子供が膝の痛みを訴えている
  • 大会が近いのに痛みがあって不安

スポーツ障害とは?|春風堂接骨院

スポーツ障害というのは、転倒や相手選手とぶつかったりして起こる外傷と、繰り返しの動作によって起こる障害、この二つを合わせてスポーツ障害と言います。

特に身体の成長期である小学生や中学生、高校生あたりの年代の方が起こしやすいのが、練習のし過ぎによるスポーツ障害です。

常に同じ部位にばかり負担がかかり過ぎてしまっていることで、炎症を起こしたり疲労骨折を負ってしまったりすることがあるのです。

たとえば、ランナー膝やジャンパー膝、オスグット、シンスプリント、アキレス腱炎などが代表的なものとして挙げられます。

痛みや動かしづらさなどの症状があるために病院に行っても、練習をしばらく休むようにと言われるだけで特別な治療が受けられないということもあるでしょう。

もちろん使い過ぎが原因ですので無理をさせずに安静にすることが大切ではありますが、それだけでは十分とは言えません。

西東京市下保谷の春風堂接骨院では、素早く痛みを取り除いて早く練習に復帰していただけるようなスポーツ障害専門治療をおこなっております。

練習を再開してからまた同じ痛みが出ないように、西東京市下保谷の春風堂接骨院では身体のバランスを整えていき、正しい身体の使い方が出来るようにしていきます。

スポーツ障害のお悩みは当院まで!|春風堂接骨院

一般には、足首や肩など、特定の筋肉や関節を使いすぎることによる損傷が多く、「使いすぎ症候群」とも呼ばれるものです。

このスポーツ障害は、成人のスポーツ選手だけでなく、成長期のお子様にも多く見られる障害です。

その場合、怪我をした筋肉や関節、骨の状態を元通りに回復させ、成長の障害とならないように注意しなければなりません。

そのため、西東京市下保谷の春風堂接骨院にお越しいただき、痛めてしまった足首や型の状態を確認することをおすすめします。

スポーツ障害の1つに疲労骨折というものがありますが、これは、けがではなく障害ととらえるべき疾患です。

練習や試合中のアクシデントによる骨折は、けがととらえることができますが、同一部位に繰り返し負担がかかることで生じた場合は障害として扱います。

疲労骨折には、ギプスなどによる固定だけで自然治癒する場合もありますが、難治性の場合もあり、外科的な手術が必要になる場合もあります。
スポーツ障害に関することで分からないことがあれば、西東京市下保谷にある、春風堂接骨院までお問い合わせください。

春風堂接骨院

042-421-5213

住所
西東京市下保谷4-8-18 アネックスマノア101
駐車場
店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
定休日
木曜午後、日曜・祝祭日

受付時間