TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 2018 4月の記事一覧

脊柱管狭窄の痛み痺れには骨盤から見直していきましょう

2018.04.02 | Category: 腰痛,骨盤矯正

こんにちは!!

春風堂接骨院(整骨院・整体院)の石川です。

先週は天気が悪くどんよりとした空気で少し寒さが感じるほどでしたね。

先週末からいい天気になりだし桜が一気に咲きだし、もう春だなというのを感じました。

この季節の変わり目は坐骨神経痛や脊柱管狭窄のように腰から足にかけてのしびれを訴える方が当院へ多く来院されます。

季節の変わり目は寒暖差や気圧の変化が出ます。こういった変化は体の悪いところに出てきます。

坐骨神経痛や脊柱管狭窄のような神経痛は腰から足にかけてのしびれが出てきます。

 

今回は脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)と整形外科にて言われた患者様をご紹介したいと思います。

 

 

この方は整形外科にて脊柱管狭窄(坐骨神経痛)と言われストレッチや可動域運動により四年ほど通い状態は良くなったのですがここ最近になりまた前回と同じ脊柱管狭窄(坐骨神経痛)の症状が出てきてしまい、どんどんとひどくなり前回よりもひどくなり当院へ来院されました。

この方の職業は車を運転することが多い仕事をしています。車を運転しているときの骨盤は常に前傾しています。そして同じ姿勢の繰り返しにより筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなると骨盤の歪みが出てきます。この筋肉の硬さや骨盤の歪みにより脊柱管狭窄(坐骨神経痛)のような痛みやしびれなどが出てきます。整形外科にて脊柱管狭窄(坐骨神経痛)と言われた方もそれだけが原因ではなく骨盤の歪みや筋肉の硬さからこのような痛みが出ます。なので脊柱管狭窄(坐骨神経痛)と診断された方も脊柱管狭窄(坐骨神経痛)の施術をしていなく、骨盤の歪みや筋肉の硬さに対して柔軟性をだすことで痛みやしびれは軽減します。

 

当院の施術は骨盤の歪みを矯正し、筋肉の硬さに対して柔軟性を出す施術をしていき、今ある痛みを取り除くだけでなく今後痛みの出にくく疲れづらい身体作りをしていきます。なにか分からないことがありましたら、春風堂接骨院(整骨院)にご連絡下さい!!

坐骨神経痛について

脊柱管狭窄症について

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 石川 皓太(いしかわ こうた)が監修しています。

春風堂接骨院(整骨院)TEL042-421-5213

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

お問い合わせはこちら

代表施術者:柔道整復師 大熊貴之

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院保谷院

店名春風堂接骨院・整骨院保谷院
所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
代表施術者柔道整復師 大熊 貴之