TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 寝違いを起こしてしまうのは筋肉の硬さが原因

寝違いを起こしてしまうのは筋肉の硬さが原因

2018.07.23 | Category: 未分類

こんにちは!!

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の古薗です。

 

最近は雨が降る日数も減ってきていますが、ムシムシした暑い日が多くなってきましたね。そろそろ熱中症や脱水症状などの対策が必要な季節になってきたので皆さんも水分補給はしっかり行ってくださいね。

それと気をつけて頂きたいのがクーラーになります。

夜、暑くて寝づらい時ってついついクーラーや扇風機をつけっぱなしで寝てしまいませんか?

つけっぱなしで寝てしまうと肩こり、寝違いの原因になってしまうんです。

 

今回は寝違いで来院された方を紹介します。

一年前から首が痛く、病院で湿布を貰い貼っていたが治らなかったです。

あの日の夜がとても暑くクーラーをつけっぱなしで寝てしまったんです。そうしたら次の日、首の痛みがものすごく、首も怖くて動かせなかったのでこれはまずいと思い西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)に来院しました。
初診のときに先生から丁寧に説明していただき、原因としてクーラーや背骨に歪みがある事も分かりました。最初の方はなかなか良くなったのですが。すぐ元通りになってしまうらしいので週2で通っています。
まだ3回目ですが、すでに効果があり下を向いたままでも首が痛くなる事がなくなってきました。
マッサージをしてもらうとまだまだ痛いのでしっかり通い、治したいです。

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)首の痛み、肩の痛みに悩んでいる方におすすめですよ。

 

 

この方は元々首の痛み、肩の痛みを持っていたのですが、いくつもの原因が重なり重度の寝違いになってしまいました。原因としてまず寝るときにつけっぱなしにしていたクーラーです。クーラーや扇風機をつけっぱなしにしていると体が冷えて血流が悪くなります。そうすると肩や首の筋肉に十分な血液が流れなくなり肩や首の筋肉が硬くなってきます。人は寝ているときに体をリラックスさせる神経が優位に働くので血流もゆっくり流れることになります。そうすることで筋肉に十分な血液が流れず、動かないので普通より断然硬くなりやすく、寝違いや肩コリを起こしてしまいます。

さらに仕事で主にパソコン作業をしていているので首のこりも日頃からひどかったと訴えていました。パソコン作業のデスクワークでは同じ姿勢を何時間もしているので筋肉を常に使っている状態になります。そうすると筋肉の性質上どんどん硬く、短縮していきます。それに加えて血流も悪くなります。そうなってしまうと寝ている時にもっと硬くなってしまいこの方のように重症度の高い寝違いを引き起こしてしまいます。

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療としては日頃の仕事で固まってしまった筋肉に柔軟性を持たせてあげる治療とその硬くなった筋肉によって歪んでしまった背骨・骨盤を調整してあげます。そして今後西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では寝違いや首の痛みといった症状を出にくくし疲れづらい体作りを目指します。

ほかの場所で治らなかったや手術しかないと言われた方など一度西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)にお越しください。

 

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院) 042-421-5213

アクセスhttps://www.google.com/maps?ll=35.750811,139.567185&z=18&t=m&hl=ja&gl=JP&mapclient=embed&cid=10538534153168036059

 

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

お問い合わせはこちら

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療、産後骨盤矯正、交通事故治療 お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
院長大熊 貴之