受付時間

春風堂接骨院 042-421-5213

交通アクセス

スタッフブログ

産後になりやすい!?  腱鞘炎 は一つじゃない!放置するのは危険です!お悩みの方は早めの治療を!!!|西東京市の春風堂接骨院 保谷院

産後になりやすい!?  腱鞘炎 は一つじゃない!放置するのは危険です!お悩みの方は早めの治療を!!!

こんにちは! 西東京市 春風堂接骨院 保谷院 です!

日常生活に支障をきたす手首や指の腱鞘炎にお悩みではないですか??

 

同じ動きを繰り返すような職業、美容師さんなどの職業病だともいわれていましたが、昨今では長時間のスマートフォンの使用などが原因で腱鞘炎になってしまう方も増えています。

 

腱鞘炎になる原因は主に 手首、指の使い過ぎと言われており、

骨と筋肉を繋ぐ “ 腱 ” が滑らかに動くように周りを包んで滑車のような働きをする組織 【 腱鞘 】がこすれあって炎症を起こした状態を腱鞘炎と言います。

 

腱鞘炎には2種類あり、

主に親指の使い過ぎで起こる『 ドゲルバン病 』(狭窄性腱鞘炎)は手の甲の腫れや痛みが出たり、親指を曲げたり広げる動きをすると手首が痛みます。

 

そしてもうひとつが『 ばね指 』(弾発指)と呼ばれるもので、指の曲げ伸ばしをするときにばねのような引っ掛かりが生じる状態です。

指の曲げ伸ばしをする 「 屈筋腱 」

腱の浮き上がりを抑えるトンネル状の 「 靱帯性腱鞘 」

この二つの間で炎症が起こって発症する症状で、手のひら側の指の付け根に痛みが出やすいうえ、指が曲がり切らない、まっすぐ伸ばせない、曲がった指を伸ばそうとするとカクンとなる、などの動かしづらさ、も出てきます。

 

                          

 

どちらも発症の原因としてスマホの使い過ぎや、同じ動きを繰り返すことの多い方に出やすい症状で、出産後の女性にも多く見られます。

なぜ産後に腱鞘炎になるんでしょう?赤ちゃんを抱っこする時間が多くなるから、という事もありますが、出産後は女性ホルモンの分泌が大きく減少し、その女性ホルモンの一種に“ エストロゲン ” という炎症による腫れなどを抑える作用があり、エストロゲンが腱鞘炎の発症も抑制しているといわれているのですが、その女性ホルモン エストロゲンの分泌が減少する産後は腱鞘炎の発症しやすい時期なんです。

                          

治療を始めるタイミングが遅れれば遅れる程、完治するのに時間がかかってしまったり、痛む範囲が広がっていき、指や手首だけでなく前腕にも痛みが生じるようになります。さらに放置してしまうと、一時的に腫れている状態なはずが、腫れた状態で固くなってしまい痛みが取れない、治らないといった状態にまでなってしまう可能性もあります。

 

西東京市 春風堂接骨院 保谷院 では、辛い腱鞘炎に対して、必要に応じで超音波での治療や、ひとりひとりに合わせた手技での治療を行い、痛みをしっかりととっていきます。

腱鞘炎による指や手首の痛みにお悩みの方は

ぜひお早めに 西東京市 春風堂接骨院 保谷院 までご相談ください。

 

 

西東京市 春風堂接骨院 保谷院

042-421-5213

東京都西東京市下保谷4-8-18 アネックスマノア101

 

春風堂接骨院 保谷院 公式サイト

春風堂接骨院

042-421-5213

住所
西東京市下保谷4-8-18 アネックスマノア101
駐車場
店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
定休日
木曜、日曜

受付時間