受付時間

春風堂接骨院 042-421-5213

交通アクセス

スタッフブログ

脊柱管狭窄症のによる脚の痛み・痺れにお困りではありませんか?原因と改善とは!?|西東京市の春風堂接骨院 保谷院

脊柱管狭窄症のによる脚の痛み・痺れにお困りではありませんか?原因と改善とは!?

みなさんこんにちは!西東京市 春風堂接骨院 保谷院です!!

 

みなさんは脊柱管狭窄症という名前を聞いたことはありますか?今回はその脊柱管狭窄症についてお話ししていきたいと思います。

 

背骨には脊柱管という脊髄・神経の通り道であるトンネル状の構造があります。このトンネルが何らかの原因で狭くなってしまった状態を脊柱管狭窄症と呼び、その脊柱管を通る脊髄・神経が圧迫されて押しつぶされると脚などの痛みや痺れ、力が入れにくいなどの症状が発生します。

~脊柱管狭窄症の症状~

脊柱管狭窄症で特徴的な症状は間欠性跛行(かんけつせいはこう)です。間欠性跛行とは長距離を歩き続けることができず休憩を挟みながら歩かなければならない歩行のことです。脊柱管狭窄症は安静時にはない痛みや痺れが歩行中に出てくるためこのような休憩が必要になる間欠性跛行になってしまうのです。

また背中を丸めると脊髄・神経への圧迫が弱まり痛みや痺れが収まることも特徴になります。

 

~脊柱管狭窄症の原因~

脊柱管狭窄症の主な原因は加齢によるダメージが蓄積し骨格が変性することでありそのため高齢の方に多い症状です。

脊柱管狭窄症の手術をしたけれど症状が収まらない方や再び痛みや痺れが出てきた方もいるかと思いますが、なぜ再発してしまうかというと狭窄症の原因が残っているからです。

その原因とは「骨盤の歪み」です。

背骨が曲がってしまうことによって身体を支える土台である重要な骨盤にまでも歪みが出てしまいます。

骨盤が歪むとさらに骨盤から背骨への圧迫が加わります。その歪みは周辺の筋肉を過剰に引っ張り緊張を生み、またさらに骨格の歪みを強くしてしまうのです。

 

~脊柱管狭窄症の改善~

骨格の歪み、特に第一頸椎・上部胸椎・骨盤の三つは一度歪んでしまうと自力で元に戻すことがとても難しくなります。

そこで身体の歪みが気になる方、脊柱管狭窄症に悩まれている方はぜひ西東京市 春風堂接骨院 保谷院で全身骨格矯正【SPAT】を受けてみてください!!西東京市 春風堂接骨院 保谷院の全身骨格矯正【SPAT】は痛みがない矯正法なので痛みに敏感な方でも安心です!

 

さらに矯正した骨格がまた歪んでしまうのを防ぐためにも西東京市 春風堂接骨院 保谷院ではEMSコアレも提案いたします。EMSコアレは身体を支えるために非常に重要なインナーマッスルを鍛えることができ、自分一人ではトレーニングを続ける自信が無い、運動が苦手というような方にもおススメです!

 

脊柱管狭窄症が改善してきたらストレッチで筋肉の柔軟性を向上させたり、ラジオ体操などの軽い運動で血行を良くしていくことも大切なのぜひ取り入れてみてください。

 

歩行中に脚や痛み痺れ出てくる、脊柱管狭窄症が何度も再発してしまうという方は西東京市 春風堂接骨院 保谷院に足を運んでみてください!!

 

西東京市 春風堂接骨院 保谷院

東京都西東京下保谷4-8-18 アネックスマノア101

042-421-5213

西東京市 春風堂接骨院 保谷院ホームページ

脊柱管狭窄症について詳しくはこちら

全身骨格矯正【SPAT】について詳しくはこちら

春風堂接骨院

042-421-5213

住所
西東京市下保谷4-8-18 アネックスマノア101
駐車場
店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
定休日
木曜、日曜

受付時間