Blog記事一覧 > 交通事故 > 交通事故の痛みについて

交通事故の痛みについて

2014.11.28 | Category: 交通事故

こんにちは。

 

保谷で、交通事故・むち打ち治療をしております春風堂接骨院の大熊です。

 

交通事故に遭い、病院でレントゲン等の検査を行ったが異常が発見されなかった!

 

それでも痛みがあるので、湿布と痛み止めをもらった。

 

ちゃんと言われた通り服用しているのに、痛みがひかない・・・・・

 

交通事故患者様のお話を聞くと、こういった経験をされた方が多いです。

 

なぜ、こんなことになるのでしょう?

 

それは、病院での検査が器質的変化を重視しているからです。

 

簡単に言うと、関節や筋肉などの形が変わっているかどうか、を診て判断します。

 

形が変わってなければ異常なしとの判断になります。

 

それは痛みがあってもです。

 

原因はわからないけれど痛みがあるので、湿布と痛み止めを処方することになります。

 

ただ、痛みが出る原因はもう一つあります。

 

機能的変化があるかどうかです。

 

こちらも簡単に言うと、患部がちゃんと動くかどうかを診ます。

 

関節や筋肉の形が変わってなくても、動きが悪いことはよくあります。

 

そして、この動きの悪い部位は、ものすごく緊張していて縮こまっています(伸びきっていることもあります)

 

緊張した部位は痛みを発します。(緊張している部位と違うところが痛みを出すこともあります)

 

動きの悪さを治して、緊張をほどいてやることがとても大切.です。

 

これには、当院が専門的にやっているマニュアルメディスンがとてもよく効きます。

 

湿布や痛み止めが、動きの悪さを治すことはありません。

 

緊張は少しほどけますので、まったく痛みに効果がないとは言いませんが限界はあります。

 

動きの悪さはあまりピンと来ないかも知れませんが、比較的簡単な検査と触診でわかりますので交通事故治療で

 

お悩みの方はご相談いただければと思います。

 

tel :042-421-5213

HP: http://shunpudo-sekkotsuin.com/

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之