Blog記事一覧 > 勉強会 > 勉強会 特別篇 腰の痛みは危ない?

勉強会 特別篇 腰の痛みは危ない?

2014.10.10 | Category: 勉強会

 

毎週投稿することを決めて始めたこの勉強会

 

第二回目にしてすでに一週間過ぎてから投稿という失態...

すいません...

 

私の体験なんですけど

10/3の金曜日 柔道の授業でのこと

自分の体重より30キロ重い人を背負い投げしようとしたところ腰から下の力が入らなくなり

その場でしゃがみこんでしまい相手に引き上げられたので、その時は痛みを重要視してませんでした。

しかし、そのあとに試合を2回やってしまい、2試合目は右足の感覚が少ししかない状態でやっていました。

自分の意思では、すぐに投げられようとしていたんですが、体は意思とは裏腹に避けてしまいました。

避けてしまったので真剣に試合をしたところ、足の感覚がなくなり踏ん張れなくなったところ投げられて立ち上がれなくなってしまいました。

すぐに柔道の先生(柔道整復師の免許有)に抱えられながら移動し、状態を見てもらったところ、

右ひざの膝蓋腱反射が左足より過剰に反応してしまいました。

そして治療してもらい、友達に支えられながら整形外科に行き、骨に異常ないか調べ、

歩けなかったため家の近くの接骨院に行き、シップを張り、テーピングとさらしでおしりから肋骨が少し隠れるくらいまで固定し

6日(月)まで安静にしていました。

 

 

この体験から腰の痛みを軽視しているとだんだん悪化していき、次第に歩くことがつらくなるという事を思い知りました。

みなさん、何らかの原因で腰を痛めた場合には、整形外科に行きレントゲンを撮って

骨に異常ないか見てもらい、早めに接骨院へ行き治療し直した方が

治療する期間も短くなり、遊ぶ時間も多くなりますので痛めて違和感がある場合には早期治療を!!

 

余談ですが私は無理してやっていたので1週間たっても痛みは取れませんし

腰も前かがみの状態で後ろに反らすことができません。

 

さて来週は本題に戻って骨による造血をやっていきたいと思います。

 

 

 

春風堂接骨院 スタッフ

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之