Blog記事一覧 > 産後の骨盤矯正,股関節の痛み > 出産後の腰や股関節の痛みに産後骨盤矯正

出産後の腰や股関節の痛みに産後骨盤矯正

2017.11.21 | Category: 産後の骨盤矯正,股関節の痛み

こんにちは!

西東京市 田無 春風堂接骨院(整体院・整骨院)の向です。

風も大分涼しくなり、むしろ冷たい風が流れるようになってきましたね。

秋よりの冬に近い日が増えてきましたね、冬が近づくと乾燥しだしますね。

乾燥はインフルエンザや風邪の原因の菌が増えやすくなってしまうので、しっかり加湿はしてもらい湿度はしっかり適度な状態にし予防をしときましょう。

今回、西東京 田無からの来院が多い春風堂接骨院(整骨院・整体院)に来院された産後の患者さまの体験談を紹介させていただきます。

 

初出産から5ヶ月近く経った頃に、抱っこしている時に腰の痛みや座って脚を閉じると股関節が痛むことや歩く時に痛みが気になり、西東京市にある春風堂接骨院(整体院・整骨院)に通うことにしました。いま接骨院(整体院・整骨院)はどこにでもありますが、赤ちゃんを預かってくれながら産後骨盤矯正でを受ける所はそうそうありませんから、本当に助かっています。
産後骨盤矯正の料金のこと、通う回数の目安など、気になることはすべて最初に先生が説明してくれました。もちろん説明と違う!と言ったことはありませんでした。
予定通りの回数で腰の痛みや座って脚を閉じた時に出て他股関節の痛み、歩く時の痛みはみごとに無くなり体も楽になりました。

西東京市にある春風堂接骨院(整体院・整骨院)さんは出産後に産後骨盤矯をするのはオススメです。

 

この患者さまは出産後5ヶ月から腰や座って足を閉じる、歩く時に股関節に痛みを訴えられて西東京市にある春風堂接骨院(整体院・整骨院)に来院されました。

この痛みの原因は出産による骨盤の歪みからきています。

骨盤というのは日常生活でも歪んでしまいやすいのですが、出産することにより余計に歪みが強くなってしまいます。

なぜ出産することにより骨盤が歪んでしまうのかというと、出産時に骨盤の恥骨結合という場所が開くことでお子さんが誕生します。

この骨盤が開くことと出産により元々の骨盤の歪みも強く出やすくなってしまいます。

また、出産の際には全身の筋肉をフルに使うので筋肉も疲労が溜まり硬くなってしまいます。

骨盤の歪みの原因は出産だけでなくこの筋肉の硬さも関係してきます。

筋肉は基本的に骨と骨の間に張っています。

この筋肉が硬くなってしまうと骨を引っ張る形で骨格を歪ませてしまいます。

なので出産後に骨盤の歪みだけを整えるだけでは意味がないのです。

西東京市下保谷にある春風堂接骨院(整体院・整骨院)では骨盤の歪みを整えるだけではなく筋肉の硬さを取る治療を両面をやっています。

また、骨盤の歪みは人によりそれぞれ違います。

この方は骨盤の左右の高さが違う為、脚の長さが変わってきてしまい歩く時に姿勢が悪くなってしまいます。

歩き方が悪くなってくると股関節や腰に余計に負担がかかってしまい、この患者さまのように痛みに繋がってきてしまいます。

これは骨盤は人により様々な歪みがでてしまい、身体の不調の原因になってしまいます。

西東京市 田無から多く患者さまが来院している春風堂接骨院(整体院・整骨院)では患者さまそれぞれに合わせた骨盤の歪みをとる治療を行っていきます。

産後の患者さまは特に出産後、身体に不調は出やすいのでわからない事、気になる事がありましたら遠慮なくご相談ください。

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 田無 春風堂接骨院(整体院・整骨院)

☎:042-421-5213

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之