Blog記事一覧 > 産後の骨盤矯正,腰痛 > 産後骨盤矯正 瘦せにくく太りやすい体質改善 春風堂接骨院(整骨院)

産後骨盤矯正 瘦せにくく太りやすい体質改善 春風堂接骨院(整骨院)

2017.04.18 | Category: 産後の骨盤矯正,腰痛

こんにちは!

今回は産後骨盤で来院された患者さまの紹介をさせていただきます。

今回の患者さまは今年の1月に出産され、今まで計3回出産を経験された方です。

患者さまの主訴は腰の痛み・肩こり・姿勢・骨盤の開きが気になるとの事でした。

これらの痛みは出産による骨盤の歪みからきているのです。

なぜ骨盤なのかというと、骨盤は人間の身体では土台なのです。

家などの建物は、土台が歪んでくるといろんなところにひずみが生じてしまいます。

これは人間も一緒のことで土台となる骨盤が歪んでくると、この患者さまと一緒で腰や肩、悪い方は膝や股関節などに痛みが出やすく身体が不調になりやすくなってしまいます。

なぜ骨格が歪んできてしまうのかというと、原因は筋肉にあるのです。

筋肉というのは必ず骨と骨についており、関節をまたいで張るようになっています。

筋肉は使い過ぎたり、同じ姿勢でいたりすると筋肉は硬くなり骨を引っ張る形で骨格を歪ませてしまいます。

産後の場合は出産時に過大に筋肉を使い疲労してしまう為硬くなりやすく、出産の際に骨格が強く歪めてしまうのです。

出産後は身体を過大に使用してしまっているのと、ホルモンのバランスが崩れてしまっているため身体を安定させるために1ヶ月半ぐらい安静が必要なのです。

このように通常の身体の状態とは違い、産後というのは特別なのです。

また、出産というのもやはり特別なことです。

出産時には骨盤の恥骨結合という場所がホルモンや筋肉の影響で通常開くことがない場所が開いてくれてお子さんが出産され誕生するのです。

この時に骨盤が開いたままの状態がもとの位置に戻らずに固定されてしまう事があります。

これが産後で代表的な歪み「骨盤の開き」なのです。

骨盤の開きが残ったままだとどういった影響が身体に出るのかというと、こちらも代表的な「瘦せにくく太りやすい」といった体質になってきます。

なぜ「瘦せにくく太りやすい」といった体質になるのかというと、内臓が関係してきます。

骨盤の中には小腸や大腸などの消化吸収に関係してくる内臓が多く入っています。

出産する際に骨盤の開いて残っていってしまうと、この消化吸収に関与する内臓の位置落ちる形で変わってしまうのが問題なのです。

内臓の位置が変わってしまうと、内臓へのストレスがかかってしまい通常より消化吸収がうまくいかず代謝機能が落ちてきてしまいます。

代謝機能が落ちるため先ほど出てきた「瘦せにくく太りやすい」体質に繋がってきてしまいます。

この代謝が落ちる原因は骨盤の開きにあるので、この開きを整えると内臓の位置も元の位置に戻ってくれるので瘦せにくいといった体質の改善にもなります。

実際に来院され治療して骨盤は整った方で体重が減少された方もいらっしゃいます。

また、産後で来られている患者さまはお子さんの抱っこが多いのも腰の痛みに繋がってきています。

なぜ抱っこだけでも痛みに繋がってくるかというと原因の一つに筋力不足が関わってきます。

妊娠してからあんまり動けないのと運動もできなくなってしまうので筋肉は落ちていってしまいます。

そのため筋肉がない分頑張ってしまい、筋肉が疲労してしまい硬くなり痛みがでてしまいます。

痛みがでているときにも運動はある程度しないといけません。

痛みがあるから動けないといった人のために当院ではコアレというインナーマッスルを鍛えてくれる電気を用意させて頂いています。

お腹にある天然のコルセットと言われるインナーマッスルを電気で刺激し鍛えることで筋力不足で痛みが出てるのもとれ、さらに動きやすい身体を作ることができます。

実際に患者さまの中ではベットから起き上がりやすくなった、歩く距離が伸びたといった結果を出している患者さまもいらっしゃいます。

当院では患者さまそれぞれに合わせた治療を提供させていただきます。

なにか疑問になったことや不安に思う事がありましたら遠慮なくご相談下さい。

腰痛に関することはこちら

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之