Blog記事一覧 > 腰痛,骨盤矯正 > 腰の痛み=ヘルニアではありません 春風堂接骨院(整骨院)

腰の痛み=ヘルニアではありません 春風堂接骨院(整骨院)

2017.04.05 | Category: 腰痛,骨盤矯正

こんにちは。

西東京市 下保谷 春風堂接骨院 スタッフ 榎戸です。

やっと春らしい陽気になってきて都心では桜が満開になりましたね。

季節の変わり目は朝と日中との寒暖差によって体調を崩しやすいので

体調管理はしっかりしてくださいね。

そして新社会人の方、新しい生活が始まり

いろいろ壁にぶち当たり大変だと思いますが頑張ってください。

 

 

さて今回はヘルニアの患者さんの話です。

2年前くらいにヘルニアになっていたので、今回の腰痛と足の痛みもヘルニアが原因だと思い

評判の良い治療院はないかとスマホで検索して春風堂接骨院を知りました。

実際に来てみると、痛みの原因などの説明もタブレットを使って丁寧で解りやすく

治療をうけてみるとかなり痛いのですが何回も通っていくうちに

最初の時の治療の痛みが徐々に和らいできたのでとても満足しています。

これからも通い治療をうけて行きたいと思います。

自分と同じような痛みがある方は、こちらはオススメです。

 

 

 

この方は電気関係の仕事をしていて、重い物を持つことがかなりあります。

そのため腰にかかる負担が大きくなり、痛みとして出てきていました。

そのため、2年前にまず整形外科に行かれて

診察を受けた結果ヘルニアと診断され、痛み止めと湿布を処方されて

その時は何とかやりくりして痛みが引いていった状態でした。

しかし、痛みが引いたとはいえ根本的に治ったわけではないので

またすぐに同じ痛み、あるいはひどくなってきます。

そのため、今回同じような痛みが出てきてしまったのです。

この痛みはヘルニアがすべて原因ではなく、筋肉の硬さ

骨盤の歪みが関係してきます。

疲労してくると筋肉が固まってきて動きが悪くなります。

動きが悪くなって放置してしまうと筋肉の中でしこりができ硬くなり

伸びなくなってしまい骨を引っ張ってしまいます。

骨が引っ張られ続けてしまうので歪みというものが形成されてきて

悪い状態が強くなっていき、また筋肉が硬くなってくるという

悪循環になります。

こうなってしまうと痛み止めや注射、湿布などは効き目が薄くなります。

だから硬くなった筋肉に対して治療で刺激を与えて柔軟性を出さないといけません。

 

なので当院の治療としては、骨盤の歪みを取る矯正と

筋肉の硬さを取る治療とを併せてやっていきます。

矯正は医師が考えた安心安全でバキバキせず、痛みがない方法で整えていきます。

治療はというと痛いです。

それは硬くなっている筋肉に対して刺激が入っていくので

初めのうちはかなり痛いと思います。

この方も初めの治療はかなり痛がり飛び上がるほどでしたが

回数をこなしていく毎に痛みは和らいでいき

最初とくらべ力を弱めているのではないかと思いはじめます。

しかし、自分たち治療者は力は絶対に抜きません。

力を弱めている感覚になるのは筋肉の柔軟性が出てきている証拠で

状態が良くなってきているからなのです。

初めての治療の際は痛いと思いますが、しっかりと回数と頻度を高く通っていただければ

痛みがなくなり、疲れにくい身体になっていきます。

 

ヘルニアと言われ困っている方、腰が痛い方

疲れにくい身体になりたい方は是非

春風堂接骨院(整体院)へきて治療を受けてみてください。

 

 

ぎっくり腰について

骨盤矯正について

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)

TEL042-421-5213

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之