Blog記事一覧 > 神経,首、肩の痛み,骨格骨盤矯正 > 頚椎症性神経根症と診断された首の痛み 春風堂接骨院(整骨院)

頚椎症性神経根症と診断された首の痛み 春風堂接骨院(整骨院)

2017.03.18 | Category: 神経,首、肩の痛み,骨格骨盤矯正

こんにちは。

西東京 保谷 大泉学園 春風堂接骨院 スタッフの榎戸です。

3月も中旬に入り暖かくなるかと思いきや、いまだに冷え込む日が続いていますね。

これからは気温差がかなり出てくると思いますので

朝と日中の気温差に注意して体調管理をしてください。

 

 

さて今回は首の患者様の体験談です。

私は、61歳のサラリーマンです。

5~6年前から頚椎(首)の病気で首、肩、腰の痛みと闘っています。

整形外科でのCT、MRI、造影剤などの精密検査をして頚椎症性神経根症と診断され

保存療法(手術をしない治療)で牽引療法やマッサージ、ハリ治療も、他の接骨院に3件くらい

通いましたが、あまり変化はなく痛みはなくならず、根本の痛みは治りませんでした。

こうしたことから整形外科の先生から手術しかないと勧められましたが、

手術は嫌だったので大泉学園近郊のマッサージでネット検索して

エキテンの口コミなどを見て評判が良かったので、こちらの接骨院に通院しました。

最初に先生がタブレットを使用しながら丁寧に病状を説明して頂きました。

治療法としては、筋膜を押すことにより痛みが解消するとの説明でした。

最初は胸を押されるとかなりの痛みがきましたが、

だんだん痛みが無くなり楽になりました。

私の症状は、重症で週2回の通院で、かなりの時間がかかるとの説明でした。

今までに無い治療法ですが、徐々に痛みが和らいできています。

このまま、治るまで通院します。

 

この方は当院に初めて来院したときは首の状態がかなり悪く、うまく動かせない状態で

腕にしびれ、痛みが出てきていました。

頚椎症性神経根症とはまず、首にある頚椎という骨が加齢やデスクワークなどにより

変形してきます。

これに伴いそこから出てくる神経の根元(神経根)が圧迫を受け始めます。

この神経が圧迫を受けて重症化してくると腕のしびれや痛み、変形のせいで首の痛みが出てきてしまいます。

このような症状が頚椎症性神経根症の特徴です。

この症状の多くは手術をしない治療(保存療法)を選択して治療していきます。

ですからこの方は初め整形外科で首の牽引、マッサージそれでもよくならないから

鍼灸院でのハリ治療、他の接骨院にての治療と色々されました。

しかし結果は良くならず最終的な手段として手術の選択に迫られてしまいました。

そして上記のように手術はしたくなく、どうにかならないかという感じで来ました。

実際治療すると首周りの筋肉が固まりすぎていて、どこを押してもかなり痛いという状態でした。

またそれに伴い胸椎の歪みと鎖骨の位置、肩甲骨の位置、肩関節の位置も変わっていました。

この状態だと頻度と回数がかなり大切になってきますし、状態がなかなか上向かない日々が続きます。

 

今では胸椎の矯正と筋肉的治療を7回治療をやって状態が良くなり首が回りやすくなったのと

夜痛みで目が覚めるほどの

腕のしびれ感が落ち着いてきています。

それでも治療を受けると痛みがあるので完治までは

まだもう少しかかるかなといった感じで頑張ってきていただいています。

 

もし首が痛く回りにくい、腕がしびれる、頭痛がするといった方は

早めに治療を受けることがいいと思います。

状態が悪くなってから時間が経ってしまうとその分だけ治療にかかる時間もかかりますので

今痛みや違和感を持っている方は是非、春風堂接骨院に来て治療を受けてみてください。

 

頭痛について

肩こり・首のこりについて

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整体院) 

TEL042-421-5213

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之