Blog記事一覧 > 神経,腰痛,骨盤矯正 > 腰痛・坐骨神経痛 西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)

腰痛・坐骨神経痛 西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)

2017.02.09 | Category: 神経,腰痛,骨盤矯正

こんにちは!!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)の石川です。

最近は寒くなったり暖かくなったりの繰り返しで身体が弱くなり、子供だけではなく大人にもインフルエンザが流行しています。                                           昼間暖かいからと言って薄着で出かけるのではなく、夜は相当冷え込むので暖かい格好で出かけるのを心がけましょう!!

さてここで前回と同じ告知をさせていただきます!!                                    2月6日にコアレというEMS機器を導入しました。                                     どのような機械かと申しますと、ただの筋トレでは歩くだとか重い荷物を持つことなどの動かすためのアウターマッスルしか鍛えることが出来ません。このコアレという機器は筋トレだけでは鍛えられないインナーマッスルを鍛えてくれ骨や関節を支えてくれている筋肉を強くし、姿勢を正し、疲れにくい身体作りをしてくれます。ポッコリお腹が気になっていく方も・瘦せにくかった身体も瘦せやすくなり過度の運動をせずポッコリお腹も解消し痩せやすい身体になってきます。

今回は整形外科にて脊柱管狭窄症と言われた患者様をご紹介させていただきます。                        整形外科に腰が痛くて通っていたが、とうとう外にも出れず歩けない状態になったのでクチコミをみて春風堂さんに行きました。 施術中はすごく痛いですが、終わった後は固まっていた筋肉がほぐれる感じがし普通に歩けるう様になりました。
まだしびれが残っているのでそのしびれがなくなるまでは通おうと思います!!
今までにいろいろな接骨院に行きましたがこんなに早く効果が出るところは初めてでした。

この方は整形外科にて脊柱管狭窄症と言われ右側の腰の痛み・右側の腰から足にかけてのシビレがありました。整形外科では電気治療や痛み止め・注射などをやってもらい一時期は痛みがなく歩くことができるが、痛み止めや注射が切れてくると激痛で動けなくなりなっていて一向によくなる気配がなかったので当院へ来院されました。                             整形外科にて脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアと診断され治すことが難しい・完全に治ることは無理だ!と思っている方は多いと思います。そんなことはありません。年を重ねていく中で狭窄症やヘルニアになる方は増えてきます。私たちの治療では骨(骨格の歪み)だけでなく、筋肉的なアプローチも行います。なので骨の状態だけが痛み・しびれに関係しているわけでなく筋肉の状態も大切です。筋肉が硬くなってくるとその中にある神経や血管が圧迫され痛みやシビレへと変わっていきます。

この方の場合お仕事で重い荷物をもつとき自然と右側に重心をかけながら持っていたそうで、右側の腰・腰から足にかけてのしびれがあります。このように右側だけ痛み・しびれが出る場合骨盤の歪みが関係してきます。骨盤が歪んでくると足の長さなどがの変わり、日常生活送るうえで歩いたりなどした際に左右の荷重の掛け方が変わってきます。荷重の掛け方が変わってくると左右で負担のかかり方が変わりどちらかの筋肉が固まり腰が痛くなり、しびれにも変わってきます。

春風堂接骨院(整骨院)の治療では骨盤(骨格)の歪みを矯正する治療と筋肉の硬さを取る治療を行い、今後疲れにくい身体・ケガのしにくい身体作りのサポートをさせていただきます。どこの病院・接骨院に行っても治らなかった・もう治らなあいと言われたという方当院へ一是非一度来院してください。全力でサポートさせていただきます!!

脊柱管狭窄症について

骨盤矯正について

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)TEL042-421-5213

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之