Blog記事一覧 > 未分類 > 腰痛 ヘルニア 西東京 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)

腰痛 ヘルニア 西東京 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)

2017.01.21 | Category: 未分類

こんにちは。

春風堂接骨院 スタッフ 榎戸です。

1月もすでに半分が過ぎましたね。

雨も少なく乾燥している日々が続いていますね。

乾燥している日々が続いているとインフルエンザなどのウイルスが流行りますので

手洗いうがいそれに喉が乾燥しないように水分補給をしっかりして下さい。

 

 

友人の紹介で行きました。

「腰痛もち」という思い込みもありましたが、

一昨年は起き上がれないほど辛く、整形外科に行ったら

『ヘルニアですね…』と言われ、あーやっぱりと思い諦めていました。

痛みの強い時には痛み止めやブロック注射で凌ぐしかありませんでした。

足先がピキーンとつるような感じで歩けなくなったり

椅子から立ち上がた時にその姿勢のまま痛みで動けなくなったりと

日常の生活にも困るほどでしたが、施術をしてもらったら

とっても軽くなり楽になりました。

施術前の説明もわかりやすく施術中もわかりやすくお話ししてくださいます。

整形では湿布と飲み薬、そして痛みが強ければブロック注射

それでも効かないと神経根注射そんなことをしても

根本的な改善にならない事も分かりました。

今までカイロや鍼など色々と試しましたが

こんなに軽くなって楽になったりは無かったです。

住んでいる所からは少し遠いですが通院するだけの事はあると思い通院しています。

電気(?何という電気治療の名前だったか)をしてもらうととても気持ち良いです。

骨盤矯正と併せてしてもらうと身体がかるーくなり

帰りの駅の階段もまったく苦では無くなるほど♪…♪*゚

腰が良くなったら頚椎や胸椎もやって欲しいと思っています。

 

 

この方は元々腰痛を持っていて整形外科に受診された際

ヘルニアと言われ痛み止め、ブロック注射と対処療法をやっていました。

しかしそれでよくなるはずがなく痛みが増していく一方でした。

整形外科の先生方は状態を聞いてレントゲンを撮り

骨の変化についてしか見ていません。

なので腰が痛くて整形外科に行ったらヘルニアだとか

椎間板が減少しているや脊柱管狭窄症と言われます。

たしかにレントゲン上ヘルニアや脊柱管狭窄症となっていると思います。

ただそれが実際に痛みを放出しているかと言ったらそんなことはありません。

痛みがあるというのは骨ではなく筋肉の柔軟性の無さからなのです。

レントゲンでしか判断をしていないので痛みの原因になっている

筋肉や骨の歪みといったところは診てくれません。

そのためこの方のように痛みと戦いなかなか良くならず

春風堂接骨院に来られる患者さんが多いです。

 

当院では骨盤の歪みをみて筋肉の硬い(柔軟性がない)部分をしっかり見つけ治療していきます。

骨盤の歪みは状態の悪さにつながってきます。

その歪みがある状態で日常生活を送っていたら

腰の痛みからだんだん肩や首の痛みにつながっていきます。

骨盤・骨格の歪みを矯正で正し、いい状態にすることで筋肉にかかる負担が軽減されます。

負担が減ることで疲れにくい身体になっていきますので

腰に違和感や痛みを持っている場合

骨盤の歪みでもって筋肉の硬さもあると思うのでぜひ一度

春風堂接骨院の治療を行ってみてください。

 

腰痛に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之