Blog記事一覧 > 未分類,腰痛,骨格骨盤矯正 > 腰痛・椎間板ヘルニア 西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)

腰痛・椎間板ヘルニア 西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)

2016.11.25 | Category: 未分類,腰痛,骨格骨盤矯正

こんにちは!!

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整骨院)の石川です。

ここ最近は雨が多く寒くなる日が多くなりましたね!!

今年の初雪が観測さえましたね。都心での11月で初雪は54年ぶりになるそうで、久しぶりに雪が積もってるのを見ました。

雪が積もると硬結し滑りやすくなるので十分注意し行動してください!!

寒くなると筋肉が収縮します。そうするとその中にある神経・血管が圧迫され、頭痛や腰痛・肩の痛みなどになってくるので

身体を冷やさないよう温めてあげ健康な体づくりをしましょう!!

今回は椎間板ヘルニアと整形外科で診断された患者様を紹介したいと思います。

『腰痛がなかなか治らないので、整形外科に行ったら椎間板ヘルニアと診断されましたが、今の痛みの原因は分からないと言われました。
たまたまこちらのホームページの患者さんの写真に知りあいを見つけ聞いたところ、強く勧められました。その人が歩けなかったのにしっかり歩けるようになったのを見ていたので行く事にしました。
痛みの原因を説明してもらい、始めは痛いですが、ボキボキはないので怖くありません。次第に筋肉がほぐれていくのが気持ち良いです。骨盤の歪みから身体の不調がきていると言われました。しっかりと治していこうと思います。』

この方は整形外科にて椎間板ヘルニアと診断され、寝起きや歩行中・長時間立っているときに痛みが出ると言い、整形外科では電気治療や湿布をしたり治療していたが治らず当院へ来院しました。

椎間板ヘルニアとは背骨の腰椎の間にあるクッションの役割をしている椎間板が骨の変形により圧迫され軟骨が飛び出て      神経・血管が圧迫され痛みやシビレに変わるといわれています。                              しかし椎間板ヘルニアだからと言ってそれだけが痛みの原因ではありません!!

-原因は骨だけではなく筋肉も関係してきます。日常生活の中で長時間立っていたりと同じ姿勢を繰り返していると        お尻の筋肉が固まってきます。筋肉が固まるとその中にある神経・血管が圧迫され痛み・しびれと変わっていきます。      筋肉は骨と骨についているものなので筋肉が収縮し固まると骨を引き寄せる力が強くなり、これが骨格的な歪みへとつながってきます。この骨格的な歪みからも痛みが出ることもあります。                                 春風堂接骨院の治療では骨格的な歪みの矯正+筋肉的アプローチをし、今の痛みを取り今後のより良い身体づくりのサポートをさせていただきます!!

何か気になることがありましたら春風堂接骨院までお問い合せ下さい!!                           

腰痛・ヘルニアについて                                                 

骨盤矯正について

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)TEL042-421-5213

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之