Blog記事一覧 > 腰痛 > 腰痛治療体験談:埼玉県和光市在住Hさん『日常の動きがスムーズになってきました』

腰痛治療体験談:埼玉県和光市在住Hさん『日常の動きがスムーズになってきました』

2016.03.04 | Category: 腰痛

こんにちは、西東京市下保谷にある春風堂接骨院の砂守です。

師走というのは本当に早いものであっという間に2月も終わり3月に入りました。

昨日今日と暖かな過ごしやすい日が続いていますが来週はまた寒さが戻ってくるようです。

3月は気温差が大きく体調も崩しやすい時期ですので皆さん十分お気を付け下さい。

 

さて、今回も前回に引き続き患者様の声をご紹介したいと思います。

埼玉県和光市にお住まいのHさんからの声です。

IMG_4420

『私が春風堂先生にお世話になるきっかけは、娘が通ってとても経過が良く・・・

 私は腰が痛くてあちらこちらの病院に通っておりました。

 左腰、左お尻全体から脹脛(ふくらはぎ)が痛みと痺れがきてしまい

 左足で踏ん張ることも辛い状態でしたので春風堂先生にお世話になることになりました。

 先生の「必ず治りますよ!」との一言に勇気づけられ、1ヶ月~2ヶ月が過ぎた頃には

 だんだんと痺れも痛みも軽くなり、日常の動きがスムーズになってきました。

 外出も楽しくなり、ウォーキングシューズを店に見に行く楽しみも出来ました。

 完全に回復するまで、指圧と立体動態波の治療は続けたいと思います。』

Hさんは、昨年11月から当院に通うようになりました。

最初の頃は神経症状の痺れがふくらはぎまで出ており、治療中もベッドにしがみつきながら耐える毎日でしたが、

今年に入ってからは状態もすごくよく今は痺れといった神経症状は全く出ていません。

治療に対してとても前向きで、今も週4回の通院ペースで完治に向けて頑張っています。

Hさんと同じような症状でお困りの方いらっしゃいませんか?

Hさんが抱えていた痺れ・痛みというのは、いわゆる『坐骨神経痛』で、これは病名ではありません。

痛みや痺れを抱え病院へ行くと、ご高齢の方では脊柱管狭窄症・変形性腰痛症からくるものです』と言われたり、

また若年者では、椎間板ヘルニアすべり症といった診断を受ける機会も少なくないと思います。

病院では、このような診断が下ると安静・湿布・薬・ブロック注射といった治療がほとんどかと思います。

このような対処療法ではなかなか治癒せず、根本的な解決に至らないことがほとんどです。

当院にも、

『病院に通っているがなかなか治らない・・・』

『手術をしたけど痛み・痺れがとれない・・・』など

悩みを持った患者さんが多く来院されます。

もし同じような境遇でお悩みの方がいらっしゃいましたら一度春風堂接骨院へご相談下さい。

病院で、ヘルニア・脊柱管狭窄症と診断を受けて手術しかないと言われた方でも

当院で治療を頑張って今では元気に日常を送っていらっしゃる方もたくさんいます。

根本的な解決を目指したい方は是非春風堂接骨院まで!

骨盤・骨格矯正のことは任せてください。

西東京市 下保谷 春風堂接骨院

☎:042-421-5213

 

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之