Blog記事一覧 > ストレッチ > ストレッチ方法 臀部(お尻)

ストレッチ方法 臀部(お尻)

2015.04.13 | Category: ストレッチ

こんにちは(#^.^#)

4月に入りましたが、まだまだ寒い日が続き、神経痛が出てきやすい気候なので気を付けてください。

 

 

さて今回から色々なストレッチ方法をお教えしていこうかな

とおもいます。

 

まずは教えてもらった方もいると思いますが、

椅子に座ってできるお尻のストレッチをお教えいたします。

 

なぜお尻?と思われる方がいると思いますけど

ぎっくり腰や慢性的な腰の痛みは実はお尻が原因の場合が大半なのです。

左の腰が痛いといってくる患者さんがいますが

実は左の腰は痛くなく左のお尻が痛いという人が多いんです。

 

 

まずは、膝を90度に曲げて頂いて

片方の足首をもう一方の足の膝の上に乗せます。

乗せた足の足首と膝のラインが出来るだけ地面と平行になるようにします。

そして背筋を伸ばしたままゆっくりと前に倒していきます。

前に倒していく際に背中が丸くなってしまうので十分に気を付けてください。

下の画像が見本です。

IMG_1161

 

上からの角度なので膝、足首の状態は分かりにくいですが地面と平行です。

こちらは前に倒している際、背筋が真っ直ぐですよね!

こうするとしっかりとお尻が伸びている実感があると思います。

 

IMG_1162

こちらは悪い例です。

足の形はいいのですがよく見ると背中が丸まっていますよね。

これではいくら前に倒したところでお尻は伸びません。

 

ストレッチとは正しい形で無理なくやることが一番いいのです。

適当にやればいいや、とか

伸ばせばいいんでしょ、と思ってやるストレッチは意味ありません。

それならやらないほうがいい場合があります。

ストレッチをやる際はしっかり伸ばす場所に意識を持ってやりましょう。

 

なにか質問などがあれば聞いて下さい。

西東京市下保谷 春風堂接骨院 スタッフ

 

HP:http://shunpudo-sekkotsuin.com/

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之