TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 2018 6月の記事一覧

なぜこの梅雨時期に腰の痛みが出てきてしまうのか

2018.06.30 | Category: 未分類

こんにちは!

西東京市 田無 保谷 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の古薗です。

この梅雨時期皆様どうお過ごしでしょうか。雨が降ると気温や気圧が下がります。

そうするとめまいや頭痛、腰痛といった体の不調に繋がってきます。

何故、気圧が下がると体の不調につながるのかということを説明しますと

気圧が下がると体の中の血管が拡張して自律神経が乱れます。天候により自律神経が乱れると、血管が広がったり縮んだりして自律神経が乱されます。さらに自律神経は血液の流れに深く関係しているのでさらに血流が悪くなり体の不調が現れます。

そうならないためには日頃のケアであったり痛みの出にくい体作りが必要になってきます。そういった痛みの出にくい体作りを当院では行っていきます。

 

今回はそういった気圧の変化などにより体の不調を訴えて来院された方を紹介します。

 

この方は事務作業の仕事をしていて、デスクワークでは常に同じ姿勢を保っています。そうすると筋肉は短縮し、常に使われている状態になります。この状態であると筋肉の性質上硬くなります。そうすると筋肉の中に通る神経や血管が圧迫され、それが神経だと痛みやしびれ、血管であればむくみや末端冷え症等が出てきてしまうことが多いです。

さらに筋肉が短縮すると筋肉は骨についているので頸椎、胸椎、骨盤の歪みに繋がってきます。この状態で雨が降り自律神経の乱れが生じると血流がさらに悪くなり筋肉に流れる血液の量が減り硬くなりやすかったり痛みを出してしまう成分がうまく排泄できなくなったりといったような体に悪い影響が出やすくなるのです。

そこで当院の施術としては筋肉に柔軟性を持たせてあげる施術と背骨や骨盤の歪みに対しての調整をしてあげる矯正法「SPAT」、さらにはインナーマッスルといって体幹の筋肉を鍛えてあげる「コアレ」をご提案しています。そして今後痛みの出にくくて疲れにくいい体作りをを目指します。

何かわからないことや気になる事があれば当院にぜひお越しください。

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 古薗 泰樹(ふるぞの たいじゅ)が監修しています

TEL 042-421-5213

https://goo.gl/maps/2Jnk94gA3Zx

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

代表施術者:柔道整復師 大熊貴之

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院保谷院

店名春風堂接骨院・整骨院保谷院
所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
代表施術者柔道整復師 大熊 貴之