TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 2018 5月の記事一覧

フォームソティックス

2018.05.26 | Category: フォームソティックス

こんにちは!

西東京市 下保谷 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の香下(こうした)です。

まだ早い気がしますが暑い日が続いています。今から続くと考えると少し怖いですよね。

皆さん対策はお早めに!!

 

さて今回お伝えするのは、5月から導入しました、インソールについてご紹介したいと思います!!

スポーツをされている方はご存知かと思いますが、中敷きとは別にインソールを使われている方が身近にいらしていると思います。

僕の周りにも学生時代に特注で使っている子がいました。

そんな中、遂に西東京市 下保谷 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)でもインソールをご案内してます。

その名も「フォームソティックス」

このフォームソティックスは市販で売られているものとは違い、足病医さんが開発したものなんです。

まだ国内では知られていませんが、足病医とは足専門のお医者さんのことを言います!!

更に資格を取得するには8~10年程かかるとのこと…。

日本の医師免許を取得するより圧倒的に時間がかかるんですね。

現在アメリカやイギリスでは約15000人もの足病医さんがいらっしゃるそうで、海外では本格的な治療が行われていて、様々な現場で活躍しています。

 

インソールも様々な種類がありますが、西東京市 下保谷 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)で扱っているフォームソティックスの特徴として、

1.世界最軽量 2.熱形成 ⒊フィット感が特徴的なんです!!

まず、オーダーメイドの物ですと意外と想像より重かったりするので、疲れやすい。

ですが、フォームソティックスは重量感を感じず、どんな靴でも対応します。勿論運動用でもOK!!

次に、作っていく過程なのですが、凄く簡単でインソールが温まっている状態で履くだけ!!

凄く簡単ですよね?注文してから数日間出来上がるのに時間がかかってしまう事が多く、その日に使えないのが大半ですが、このフォームソティックスはすぐにお使いいただけます!!

西東京市 下保谷 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)ではヒーティングマシン(靴専用のドライヤー)がございますので、履いて帰って頂くことが可能です。

最後にフィット感。熱を与えるだけでその他に手は加えません。なのでご自身本来の足の形でカスタマイズします。

痛くなったり、違和感を感じる方もいらっしゃいますが、それだけ足が悪いとの事なんです。

 

スタッフ一同使用し、実感するのに時間はさほどかかりませんでした。

むしろ、履いてすぐに感覚が変わっているのを共感しています。

 

慢性的な腰、首の痛みがある方はそこだけの原因ではありません!!

体を支えているのは足だと思いませんか?不思議と足は関係ないと思っていませんか?

足の何が原因なのか、自分じゃ分からない事は沢山…。

 

一般的に約9割の方が過回内(足の裏が内側に体重がかかっている状態)と言われています。

そうなる事によって膝が内側に向き(ニーイン)、前傾姿勢になるんです。

皆さん想像してみてください。姿勢が悪いと言われている方は前傾姿勢だと思いませんか?

そういった方々は腰や首、肩、膝などが痛いと悩んでいる事が大半なんです。

ここまでの説明で足の重要性が理解して頂けたと思いますがいかがでしょう。全部つながっているんですね。

足が原因で負荷がかかっている状態でいますと、捻挫やシンスプリント、オスグッドなどスポーツ外傷になりやすかったり、

女性では、モートン病や外反母趾になりやすくなるんです…。

さらには地面に接している足関節が歪んでいると骨盤も歪んでいきます。

既に上記の症状に悩まされている方も、遅くはありません!!

症状改善を諦めてしまうのではなく、一度そのお悩み西東京市 下保谷 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)でご相談して、治療に一本踏み出しましょう!!

 

まずは、西東京市 下保谷 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)にお越しください。

このフォームソティックスは認定院にのみ取り扱い販売可能なので、しっかりと検査、診断し治療致します。

実際に足病医が現場で使われている検査を行いますので予約をお願いしていますのでご了承ください。

 

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院)は痛みの無い矯正治療、専門的な検査、診断を致しますので、お困りの際は西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院)までご連絡下さい。

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 香下 誠道(こうした まさのり)が監修しています。

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院)TEL042-421-5213

 

 

 

膝の痛み(スポーツ外傷)

2018.05.18 | Category: 膝の痛み

こんにちは!

初めまして!

西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の香下(こうした)です。

5月から入社致しました。専門学生時代は石川先生と同期で当時はお互い切磋琢磨して参りました。

覚えにくい名前ではございますが、どうぞ宜しくお願い致します。

近頃の天気は不安定で体調を崩されてしまった方や身体の不調が出ている方が多いかと思います。

去年来なかった梅雨は今年は嘘かのような雨で外出するのも一苦労ですね。

私もですが、こういった天気は気分も乗らず、重ダルさを感じたり、痛みを感じる方、様々な症状で悩まされてる方々は是非、西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院・整体院)にお越し下さい。

 

さて、今回は小学生4年生のサッカーをしていて膝の痛みで西東京市 下保谷 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)に来院されました。

練習中に激しい接触プレーもなく、急に膝が痛み始めた為に整形外科にかかられ、

診断名は、「シンディング・ラーセン・ヨハンセン病」との事です。

膝のスポーツ外傷の一つで、膝のお皿の下の部分に痛みを感じる症状です。

この膝の痛みの似た症状が、皆さんもご存知かと思いますが、

「オスグッド・シュラッター病」 通称オスグッド病と言われているものです。

他にもいくつか膝の痛みはあり、特にこの二つの症状がとてもよく似ているのですが、

唯一異なるのが痛めている場所です。

 

シンディング・ラーセン・ヨハンセン病は膝のお皿の下の部分に対して、

オスグッドはその下の脛の上の部分が痛みが出ます。

それ以外の症状はほとんど同じ!!

膝の痛みの原因としては、太腿の前にある大きい筋肉、「大腿四頭筋」の硬さによってくるもので、

何故筋肉が硬くなると膝の痛みが出てきてしまうかというと、硬さによって、筋肉の柔軟性が失われ、付着部にストレスを与えてしまい、炎症を起こしてしまうからなんです!!

炎症を起こしてしまうとその部分が熱くなり、ひどい場合は何もしてなくてもズキズキと痛みを感じるんです。

この症状が出ている際は、まずはアイシングが大切。

基本的にはRICE処置が肝心!!

安静(Rest)アイス(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)

皆さんこれを機に覚えましょう。

膝の痛みが出やすいスポーツとして挙げられるのが、

サッカー バスケットボール 陸上競技と共通しているものが、膝をよく使うということで、凄く単純ですよね。

何を伝えたいかといいますと、筋肉も内臓も全てが消耗品なんです。

例えば、車で考えていきます。数年に一度車検に出されますよね?

細かなところは専門家にしか分からない事が沢山。自分では気付かなくても、体は悲鳴を上げているんです。

なので、定期的に西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院・整体院)に来て下さい。

今回の膝の痛みで西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院・整体院)来院された患者さんは実は悲鳴を上げていたんですね。

膝の痛みが原因となる大腿四頭筋の緊張をほぐす為、西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では痛みや炎症を軽減する特殊な電気治療とマッサージを施します。

ですが、根本的に治すには膝だけではなく体全体を整える必要がありますので、矯正治療が必要となります。

 

西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では膝の痛みで悩まされている方、一度症状が落ち着いたが再度痛みが出てきてお困りの方は是非ご連絡下さい。

痛みの無い矯正治療による根本治療をし、体を整えて行きましょう!!

何か分からない症状がございましたら西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院・整体院)までご連絡下さい。

 

膝の痛みについて

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 香下 誠道(こうした まさのり)が監修しています。

西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院・整体院)TEL042-421-5213

 

 

手をよく使う仕事、女性によくみられる腱鞘炎(手首の痛み)

2018.05.16 | Category: 手首の痛み

こんにちは!!

はじめまして!

西東京市 田無 ひばりヶ丘 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の古薗(ふるぞの)です。

四月から入社いたしました。九州から上京して患者様に満足してもらえるような治療や接客を提供できるよう日々頑張っていきます。

 

この時期雨が降ることが多くなってくると 西東京市腰 田無 ひばりヶ丘 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では腰の痛み、首の痛みといった慢性的な痛みで来られる方が多く見られます。

ここ最近は雨が降り、気温や気圧が低下して上記のような症状が出てくることが良く見られます。寒さ対策や日頃のケアが必要になってきます。

西東京市 田無 ひばりヶ丘 春風堂接骨院(整骨院・整体院)ではそういった慢性的な痛み(腰の痛み)(首の痛み)に対しての根本的な治療を行っております。

 

 

今回は手首の痛みで来られた患者様の紹介をしたいと思います。

 

前から赤ちゃんを抱っこした時や荷物を持った時、手首に薄々違和感を感じていたんですが、ある時重いものを持った時に手首に強い痛みが走ったので急いで西東京市 田無 ひばりヶ丘 春風堂接骨院(整骨院・整体院)に駆け込みました。

最初の治療では超音波だけを行ってもらいました。二回目からは大分炎症も引いてきたので手技療法を行っていくという事で行ってもらいました。最初の頃はほんとに痛かったですが悪い所ほど痛いという事なので良くなるようにと自分に言い聞かせてました。

完全治癒まであと少しですが重いものも持てるようになりましたし、普段の生活で来る手首の痛みもなくなってとてもよかったです。骨盤矯正にも興味があるので今度話してみようと思います。

 

この方は主婦の方で日常の家事による手首の使い過ぎであったり赤ちゃんを抱っこしている時に手首にかかる負担、そして物を持った時の持ち方も悪く、手首に炎症が見られ腱鞘炎を起こしていました。

そもそも腱鞘炎というのは、腱の周りにある腱鞘と呼ばれる腱を覆う鞘が炎症を起こしてしまい痛みが出てきます。腱鞘炎は一般的に多くの方に見られますが、その中でも女性の方(特に出産後、更年期)や手をよく使う職業の方によく見られます。

 

要するに使い過ぎが原因です。

 

腱鞘炎に似たようなもので、ばね指の患者さんも西東京市 田無 ひばりヶ丘 春風堂接骨院(整骨院・整体院)に来られることが多くあり、これも簡単に言ってしまえば腱鞘炎が指に起きてそれがひどくなってしまったということなんです。

 

腱鞘炎の初期症状として

・手首や腕の不快感

・急な痛みが出た後いつの間にかなくなってしまう

・手首が痛いが具体的にどこが痛いか分からない

 

腱鞘炎の治療法としてはまず炎症期(1・2週間)は安静にしてもらいます。その後筋肉に柔軟性を出すために手技療法を行っていきます。残りやすい痛みとして手首への捻じれ運動です。この捻じれ運動での痛みがでなくなることを目標に治療を行っていきます。

 

そして腱鞘炎を悪化させないようにするにはまず持ち方から変えるようにしましょう。。腱鞘炎を起こす人の特徴として、物を持つ際に手首が小指側に曲がっている場合がとても多いです。その持ち方を変えて日頃から意識して手首の痛みを悪化させないようにすることが重要になります。それと血液循環を良くするために自分でも軽くマッサージやストレッチなどを行うと悪化しずらくなります

 

腱鞘炎になる原因としては使い過ぎが多いですが、他にも骨盤の歪みや筋肉的な柔軟性のなさなどが関係してくることもあります。そういった手首の痛みや使いずらさ、腰の痛み、首の痛みを感じたら西東京市 田無 ひばりヶ丘 春風堂接骨院(整骨院・整体院)にお電話ください!!

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 古薗 泰樹(ふるぞの たいじゅ)が監修しています。

 

 

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

お問い合わせはこちら

代表施術者:柔道整復師 大熊貴之

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療、産後骨盤矯正、交通事故治療 お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
代表施術者柔道整復師 大熊 貴之