TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 手首の痛みの記事一覧

手をよく使う仕事、女性によくみられる腱鞘炎(手首の痛み)

2018.05.16 | Category: 手首の痛み

こんにちは!!

はじめまして!

西東京市 田無 ひばりヶ丘 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の古薗(ふるぞの)です。

四月から入社いたしました。九州から上京して患者様に満足してもらえるような治療や接客を提供できるよう日々頑張っていきます。

 

この時期雨が降ることが多くなってくると 西東京市腰 田無 ひばりヶ丘 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では腰の痛み、首の痛みといった慢性的な痛みで来られる方が多く見られます。

ここ最近は雨が降り、気温や気圧が低下して上記のような症状が出てくることが良く見られます。寒さ対策や日頃のケアが必要になってきます。

西東京市 田無 ひばりヶ丘 春風堂接骨院(整骨院・整体院)ではそういった慢性的な痛み(腰の痛み)(首の痛み)に対しての根本的な治療を行っております。

 

 

今回は手首の痛みで来られた患者様の紹介をしたいと思います。

 

前から赤ちゃんを抱っこした時や荷物を持った時、手首に薄々違和感を感じていたんですが、ある時重いものを持った時に手首に強い痛みが走ったので急いで西東京市 田無 ひばりヶ丘 春風堂接骨院(整骨院・整体院)に駆け込みました。

最初の治療では超音波だけを行ってもらいました。二回目からは大分炎症も引いてきたので手技療法を行っていくという事で行ってもらいました。最初の頃はほんとに痛かったですが悪い所ほど痛いという事なので良くなるようにと自分に言い聞かせてました。

完全治癒まであと少しですが重いものも持てるようになりましたし、普段の生活で来る手首の痛みもなくなってとてもよかったです。骨盤矯正にも興味があるので今度話してみようと思います。

 

この方は主婦の方で日常の家事による手首の使い過ぎであったり赤ちゃんを抱っこしている時に手首にかかる負担、そして物を持った時の持ち方も悪く、手首に炎症が見られ腱鞘炎を起こしていました。

そもそも腱鞘炎というのは、腱の周りにある腱鞘と呼ばれる腱を覆う鞘が炎症を起こしてしまい痛みが出てきます。腱鞘炎は一般的に多くの方に見られますが、その中でも女性の方(特に出産後、更年期)や手をよく使う職業の方によく見られます。

 

要するに使い過ぎが原因です。

 

腱鞘炎に似たようなもので、ばね指の患者さんも西東京市 田無 ひばりヶ丘 春風堂接骨院(整骨院・整体院)に来られることが多くあり、これも簡単に言ってしまえば腱鞘炎が指に起きてそれがひどくなってしまったということなんです。

 

腱鞘炎の初期症状として

・手首や腕の不快感

・急な痛みが出た後いつの間にかなくなってしまう

・手首が痛いが具体的にどこが痛いか分からない

 

腱鞘炎の治療法としてはまず炎症期(1・2週間)は安静にしてもらいます。その後筋肉に柔軟性を出すために手技療法を行っていきます。残りやすい痛みとして手首への捻じれ運動です。この捻じれ運動での痛みがでなくなることを目標に治療を行っていきます。

 

そして腱鞘炎を悪化させないようにするにはまず持ち方から変えるようにしましょう。。腱鞘炎を起こす人の特徴として、物を持つ際に手首が小指側に曲がっている場合がとても多いです。その持ち方を変えて日頃から意識して手首の痛みを悪化させないようにすることが重要になります。それと血液循環を良くするために自分でも軽くマッサージやストレッチなどを行うと悪化しずらくなります

 

腱鞘炎になる原因としては使い過ぎが多いですが、他にも骨盤の歪みや筋肉的な柔軟性のなさなどが関係してくることもあります。そういった手首の痛みや使いずらさ、腰の痛み、首の痛みを感じたら西東京市 田無 ひばりヶ丘 春風堂接骨院(整骨院・整体院)にお電話ください!!

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 古薗 泰樹(ふるぞの たいじゅ)が監修しています。

 

 

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

お問い合わせはこちら

代表施術者:柔道整復師 大熊貴之

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療、産後骨盤矯正、交通事故治療 お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
代表施術者柔道整復師 大熊 貴之