TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > この梅雨時期に多く見られる腰の痛み(腰痛)

この梅雨時期に多く見られる腰の痛み(腰痛)

2018.06.30 | Category: 未分類

こんにちは!

西東京市 田無 保谷 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の古薗です。

この梅雨時期皆様どうお過ごしでしょうか。雨が降ると気温や気圧が下がります。

そうするとめまいや頭痛、腰の痛み(腰痛)といった体の不調に繋がってきます。

何故気圧が下がると体の不調につながるかというと気圧が下がると体の中の血管が拡張して自律神経が乱れます。天候により自律神経が乱れると、血管が広がったり縮んだりして痛みの原因となります。さらに自律神経は血液の流れに深く関係しているので血流が悪くなりめまいや頭痛、腰の痛み(腰痛)といった体の不調が現れます。

そうならないためには日頃のケアであったり痛みの出にくい体作りが必要になってきます。そういった痛みの出にくい体作りを西東京市 田無 保谷 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では行っていきます。

 

今回はそういった気圧の変化などによりめまいや頭痛、腰の痛みといった体の不調を訴えて来院された方を紹介します。

 

私は腰痛を何十年も持っており、雨の日などは特に痛みがひどかったのですが去年の梅雨時期に比べ痛みがひどく、今年はなぜか痛みがここ2ヶ月くらいずっと続いていました。
いままでは、整形外科に通ったりいろいろなところを試した結果、麻酔科での硬膜外ブロック注射で痛みを抑えていました。しかしそれだけではやっぱり長くは続かず
効果が薄れてきて困っていたところインターネットで検索して西東京市 田無 保谷 春風堂接骨院(整骨院・整体院)を見つけました。先生は症状から原因からしっかりと話を聞いてくれて治療の方では腰痛は根本的な治療が必要らしく、さらには作れにくい体作りもしていく提案もしてもらいこれを機に頑張ってみようかなと思いました。

まだ2回の治療なのですが明らかに痛みが和らいでくることが実感できています

他にもめまいや頭痛、肩こりなどがひどいので、相談してみようと思います。そして早く治してアクティブに体を動かすことができればと期待しています。

 

この方は事務作業の仕事をしていて、デスクワークでは常に同じ姿勢を保っています。そうすると筋肉は短縮し、常に使われている状態になります。この状態であると筋肉の性質上硬くなります。そうすると筋肉の中に通る神経や血管硬くなった筋肉により人は痛みであったりひどくなると痺れを感じてしまうんです。筋肉が短縮すると筋肉は骨についているので頸椎、胸椎、骨盤の歪みに繋がってきます。この状態で雨が降り自律神経の乱れが生じると血流がさらに悪くなり筋肉に流れる血液の量が減り硬くなりやすかったり痛みを出してしまう成分がうまく排泄せなくなったりしてしまいます。

そこで西東京市 田無 保谷 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療としては筋肉に柔軟性を持たせてあげる治療と背骨や骨盤の歪みに対しての調整をしてあげる矯正法「SPAT」、さらにはインナーマッスルといって体幹の筋肉を鍛えてあげる「コアレ」をご提案しています。そして今後痛みの出にくくて疲れにくいい体作りをを目指します。

何かわからないことや気になる事があれば西東京市 田無 保谷 春風堂接骨院(整骨院・整体院)にぜひお越しください。

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 古薗 泰樹(ふるぞの たいじゅ)が監修しています。

西東京市 田無 保谷 春風堂接骨院(整骨院・整体院) 042-421-5213

https://goo.gl/maps/2Jnk94gA3Zx

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

お問い合わせはこちら

代表施術者:柔道整復師 大熊貴之

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療、産後骨盤矯正、交通事故治療 お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
代表施術者柔道整復師 大熊 貴之