TEL

Blog記事一覧 > 膝の痛み > 骨盤の歪みを取り除く大切さ。

骨盤の歪みを取り除く大切さ。

2018.01.11 | Category: 膝の痛み

大泉学園にお住いの皆様へ

こんにちは!!

西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の石川です。

あけましておめでとうございます。2018年スタートを切りましたね。

今年もよろしくお願い致します。二十歳の方は成人おめでとうございます。

さてこの時期になると西東京 田無 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)ではぎっくり腰(腰痛)や肩こり・首のこりからくる頭痛・膝の痛みにお悩みの患者様が多く診られます。

ここ数日は暖かかったですが。ここから寒くなると思いますそうすると上記に書いたような症状などが出てきます。

寒さ対策日頃のケアが大切になってきます。

なにか分からないことがありましたら西東京 田無 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)へご連絡下さい!!

今回はこの時期に多く診られる歩けないほどの膝の痛みがある患者様をご紹介したいと思います。

起きあがろうとしたら膝がグギっとなりそこから歩行困難になり春風堂接骨院・整骨院さんへ駆け込みました。

回くらい通ったところ、歩けないほどの膝の痛みだったのが消えました。

まだまだ完治までは行ってませんが普通に歩けるようになりましたし自転車も乗れるように

階段を上ったり下りたりするのも痛みが無く出来るようになりました。あの膝の痛みは何だったのだろうと思うほどに早く治していただき良かったです。

現在は以前交通事故でのむち打ちによりできてしまった頚椎ヘルニアの治療をしています。、今の痛みのあるところが悪いわけではなく触られて痛みがあるところは悪い所と言っていたのですがその意味が良く分かります。腰の痛みもあるので全体的に治して頂こうと思っています。

この方は普段小説などを書いていてデスクワークで座っていることが多い仕事をしています。

同じ姿勢の繰り返しにより筋肉は固くなってきます。筋肉が硬くなると骨盤の歪み(骨格的な歪み)がでてきます。

この方の場合骨盤の歪み(骨格的な歪み)が強く足の長さが2センチほど違いました。このように骨盤の歪みがあると

日常生活で歩いたりする際に左右で負荷の掛け方が変わり片方に負荷がかかりすぎ片方の筋肉が固まりその中にある神経・血管が圧迫され膝の痛みへと変わっていきます。

骨盤の歪み(骨格的な歪み)があると膝の痛みだけでなく股関節・腰・足首・上半身の痛みへと様々な症状が出てきます。

逆に言うと骨盤は身体の土台ですので骨盤の歪みを矯正し骨盤の不安定性を取り除いてあげることにより様々な症状が改善していきます。

西東京 田無 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の治療では筋肉的な硬さに柔軟性を出す治療だけでなく骨盤の歪み(骨格的な歪み)の矯正の二つからアプローチしていき、今の痛みを取るだけでなく今後痛みの出にくく疲れづらい身体を作っていきます。

なにかわからないことがありましたら西東京 田無 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)へご連絡下さい!!

膝の痛みについて

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 石川 皓太(いしかわ こうた)が監修しています。

西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)TEL042-421-5213

 

 

 

 

 

 

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

お問い合わせはこちら

代表施術者:柔道整復師 大熊貴之

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療、産後骨盤矯正、交通事故治療 お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
代表施術者柔道整復師 大熊 貴之