TEL

肉離れの原因として骨盤の歪みが関係することもある?

2017.07.12 | Category: 未分類

こんにちは!!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の石川です。

梅雨明け宣言は出ていませんが日差しが強くもう夏!!という感じになってきましたね。

海・BBQ・花火大会と夏は行事がいっぱいあり楽しみですね。

夏休み近くになると道路が渋滞し疲労からか居眠り運転などでの交通事故が増えてきます。

当院では交通事故施術もやっています。交通事故についてそれ以外での身体の不調がありましたら

当院までご連絡下さい!!

 

今回は一年ほど前からふくらはぎの痛みがとれないという方をご紹介したいと思います。

この方は週に3回ほどスポーツジムのスタジオでレッスンをやっていてふくらはぎの肉離れをやっての繰り返しでした。

繰り返し肉離れを起こしていたのでこの癖を治したいと当院へ来院されました。

こういう方の場合ふくらはぎ自体の痛みを取り除くために患部を触って患部の施術をしたとしても以前施術していた時と同じで繰り返し痛みがで続けてしまい変わらなくなります。なのでまず最初に骨盤の状態を確認しました。

骨盤の状態を確認したところ足の長さが患部の方が1センチほど長くなっていました。足の長さに左右差がでてくると日常生活歩いている際左右で負荷のかかり方が変わってきます。そして患部の方に負荷がかかりすぎてしまい筋肉が固まりその中にある神経・血管が圧迫され痛みへとつながっていきます。これはふくらはぎだけでなく膝の痛み・股関節の痛みと同様に起こります。当院の施術では歪みのある骨盤を整えます。そして硬くなった筋肉を柔らかくする施術を行い痛みの出にくい身体や疲れにくい身体をつくっていきます。

骨盤矯正について

TEL042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 石川 皓太(いしかわ こうた)が監修しています。

慢性的な痛みに対して痛い場所だけが原因ではないかもしれません!

2017.07.12 | Category: 未分類

こんにちは!!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の石川です。

雨が降る中でも気温はムシムシする暑さで嫌な天気が続いていますね。

このムシムシする気温から熱中症などにもなるので十分に水分を取り熱中症には気を付けましょう!!

この時期は何度も言っていますが身体に不調を訴える方が多くいます。

痛みがでてからではなく少しでも身体に不調がありましたら当院へ来院ください!!

 

今回は一年前から膝の痛みがあり、初めてぎっくり腰になってしまった方をご紹介したいと思います。

 

この方は椅子から立ち上がる際にピキッと腰がなりそこから歩くことも立つこともできなくなったと言っていました。大体の方はこの程度の動作でなぜこんなにもなるのか?と思う方が多いです。しかし、ただこの動作だけでぎっくり腰になったわけではなく、蓄積から来ることがほとんどだと言われています。

仕事は立ち仕事の接客をしていて10時間ほど立っているときもあるそうです。このように同じ姿勢を繰り返していることにより筋肉は固まっていきます。この動作の繰り返しで筋肉がどんどん蓄積され痛みの閾値を超えると軽い動作いつもならどうも思わない動作などでぎっくり腰などが起こります。なのでぎっくり腰は軽い動作では起きるがそれが原因ではなく日常生活での蓄積が原因の可能性があることもあるんです。

そして一年ほど前から膝の痛みがあるということで、膝だけが原因ではなくこの方の場合は骨盤にも原因がありました。その中でも足の長さが左右で全然違っていて、足の長さが変わってくると左右での負荷のかかり方が変わっていきます。負荷の掛け方が変わってくると膝や股関節・足首に痛みがでることがありこの方の場合はこの骨盤の歪みがげんいんで骨盤矯正をし足の長さやバランスをを正しい位置に戻すことによって本来あるべき状態0を目指していただきます。

このように痛みがでているところだけが原因ではなく骨盤が原因だったり骨格的な歪みが原因だったりしてきます。どこへ行っても治らなかった症状痛み止めや注射が効かなくなってしまった症状の方少し時間はかかってしまうと思いますが一緒に頑張りましょう

ぎっくり腰について

TEL042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 石川 皓太(いしかわ こうた)が監修しています。

寝違えによる急な首の痛み頭痛について

2017.07.06 | Category: 未分類

こんにちは!!

西東京 保谷 田無 春風堂接骨院・整骨院 スタッフ 榎戸です。

先週は天候が悪く気温や気圧が安定していなかったため

身体の痛みやだるさ、気持ち悪くなってしまった方が多くいましたが

みなさんはどうでしたか?

こういった気温や気圧などの天候の影響で体調が崩しやすくなります。

体調管理はしっかりと行ってくださいね。

 

今回は頭痛、首の痛みを持っている方の話です。

 

この方はデスクワークをしていて仕事中はずっとパソコンを見ている為

背中が丸くなって猫背になっていきます。

猫背になっていくと首が前に出てきて画面と顔の位置が近くなります。

こういう状態が続いてしまうと首にかかる負担が増えて筋肉が硬くなっていき首や肩が張ってきます。

そして症状が悪くなっていくと寝違えや頭痛に発展してしまいます。

最近は季節的に気温や気圧の変化が激しく

湿度も高いので体が冷えてこういった天候でも筋肉が硬くなっていきます。

 

だからこの方はデスクワークでの日々の疲労と天候の影響で寝違えを起こして

頭痛が出てきて夜は痛み止めを飲まないといけない状態になってしまいました。

 

初回の施術で身体の状態を検査させていただいた時

デスクワークの影響で猫背がひどく背骨がかなり歪んでいました。

筋肉の状態も触るとガチガチで悪くなっていたため施術は痛みが強く汗だらだらになってしまうほどでした。

 

しかし骨格の歪みを取る矯正をして施術で筋肉の硬さを取って数回が経つと

夜中に寝れなくなるほどの痛みは消え、痛み止めを飲まなくてもいい状態に回復していきました。

骨格の歪みと筋肉の硬さを取っていくと姿勢が変わっていくので

身体のバランスが変わっていき負担のかかり方が左右均等になっていきます。

左右均等になっていけば筋肉にかかる負担が軽減し疲れにくく

痛みの出にくい身体になっていきます。

この方はまだ施術を始めたばかりなので頭痛などまだ多少出ていますが

施術するごとによくなっていきますので身体に不調を感じたら

早めに施術をしに来てください。

違和感を感じ始めてから長引かせてしまうと施術期間も長くなりますし

痛みが強く出てきてしまう為、無理はせずに施術しに来てください。

 

骨格的な歪みを無くし筋肉の硬さをしっかり取って

良い姿勢、疲れにくい身体を手に入れてください。

 

頭痛について

肩こりについて

TEL042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 榎戸 一馬(えのきど かずま)が監修しています。

 

バイク事故による首・腰の不調にはご注意を。

2017.07.01 | Category: 未分類

こんにちは!!

春風堂接骨院・整骨院(整体院) スタッフ 榎戸です。

今週は天気がさえなく、雨が続きそうな予報ですね。

こういう風に暑い日があって急に温度が下がり気圧も変化してくると

身体がだるくなったり疲れやすくなったり痛み・違和感が出てきてしまう

といった状態になってきます。

そうならないためにも日頃から運動や食事・服装などを気を付けて

体調管理をしっかりして下さい。

 

本日も交通事故の話です。

 

この方は上記にあるようにバイクで走行中、車線変更してきた軽トラックと衝突し

バイクが全損する事故に遭われました。

この事故で首がムチ打ちになり、右肩・腰を痛め、右足を打撲していました。

事故の度合いが大きいだけに状態が悪く、ムチ打ちの影響で

頭痛や首の痛みがあり、かなり筋肉が硬くなっていました。

事故の程度によってムチ打ちの度合いは異なりますが

事故の損傷が軽いものでも首にかかる負担は大きく

数日以内に首の痛みや肩の張り、頭痛、めまいなどの症状が出てくる場合があります。

この方の場合も事故の程度として決して軽いものではないですが

頭痛、肩の痛み、首の痛みが後から出てきました。

痛みが後から出てきてしまう理由としては交通事故の影響によって

筋肉が衝突の衝撃で硬くなってしまい自律神経が興奮状態にいることになります。

興奮している間はなにも痛みを感じないのですが、興奮状態が落ち着いてくると

身体の異変に気付くようになり痛みやシビレなどが出てきます。

 

ムチ打ち、腰痛は治療せずに放っておいてしまうと

状態が悪化していき慢性的に痛みやシビレが出てきてしまい

骨盤や背骨の歪みも出てきてしまうので

もし交通事故に遭われてしまった場合はまず、当院に来て下さい。

その時に提携している整形外科の先生への紹介や保険会社との対応など

教えますので交通事故に遭われてどうすればいいかわからなかったら

まずは当院来て診察を受けてください。

 

むち打ちについて

交通事故について

 

TEL042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 榎戸 一馬(えのきど かずま)が監修しています。

慢性的な腰の痛みでのぎっくり腰は今までの疲労の蓄積にも要因がある?

2017.07.01 | Category: 未分類

こんにちは!!

春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の石川です。

先週は晴れ晴れとしスッキリした天気が続いていましたが今週に入り

どんよりとした天気で心も身体もスッキリしませんね。

このようにどんよりした天気の時は身体がいつも違う感じがすると思います。

何か身体に異変や違和感・腰の痛み肩の痛みなどありましたら間をあけずすぐ来院ください!

この季節はこういったことが多いと思いますが一緒に頑張って良くしていきましょう!!

 

今回はぎっくり腰についてのお話しです。

ギックリを起こした方のお仕事はお風呂場のタイルの修理や詰め替えなどを行っていてしゃがんだ作業や前のめりの姿勢で仕事をしています。前のめりの姿勢やしゃがんだ姿勢での仕事を繰り返し行うことにより疲労が溜まり筋肉が硬くなってきり痛みへと変わっていきます。

この方は仕事柄の事もあり腰痛は昔からありこの痛みとは一生向き合わないとだめなのかもしれない。と言っていました。そういった方が多く見られます。

しかし、そんなことは無く本来あるべき状態に戻すための施術を行っていただくことで良くなったと言われる方が多くいらっしゃいます。日常生活では疲労が蓄積され筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなるとその中にある神経・血管が圧迫され痛みへと変わっていきます。筋肉が硬くなることにより骨格の歪みがでてきます。当院の施術では硬くなった筋肉に柔軟性を与え筋肉が硬くなることによる骨格的歪みを矯正していきます。

最初にも話しましたがこの時期は天候の変化による気圧・気温の違いにより腰の痛み・肩の痛みやシビレがでてきます。少しでも気になる症状やどこへ行っても治らなかった痛みなどある方、何事にも早めの対象が必要です。一度当院へご連絡下さい。

腰の痛みについて

TEL042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 石川 皓太(いしかわ こうた)が監修しています。

産後の腰痛は全てのママに起こり得る?

2017.06.28 | Category: 産後の骨盤矯正,腰痛

こんにちは!

春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の向です。

ついに梅雨の感じが出てきましたね。

雨も降ってジメジメしており空気が重く、嫌な感じが強くなってきました。

雨が降り続くと気持ちも落ち込みがちになりますが負けずに行きましょう!

 

では、今回は産後に起こる腰の痛みについてのお話しです。

この方は出産されてから一ヶ月半たってから来院されました。

産後骨盤矯正の適正の時期は一か月半~一年と言われてます。

最初の一か月半の間は安静が大事です。

これば出産する際に全身の筋肉を過度に使用する事で疲労がたまるのと骨盤の周りの筋肉が深く傷ついてしまうために一か月半は安静にして身体の状態を整えるために必要な期間です。

ただ、この方は一ヶ月半後に身体の痛みが強くでてしまっています。

安静にしている際には身体の痛みはさほど強くは出すぎるものではありません。

ですが、安静後に人によってはこのように強く痛みがでる人がよくいらっしゃいます。

産後の腰痛などの痛みの原因は出産後に開いた骨盤の歪みと筋肉の硬さによるものです。

出産では骨盤が開くなど特徴的な歪みも出やすく、先程出た出産時の筋肉の疲労が影響しています。

また、筋肉の疲労だけではなく筋力の問題もここでは関わってきます。

女性は妊娠が発覚してからは運動を控えて入院し、出産後一か月半安静にしている時期があります。

この間に筋肉を使わない時間が増えていってしまうと、どんどん筋肉は減っていってしまいます。

また、妊娠中は複式呼吸ができず胸式呼吸になってしまいます。

そうなると横隔膜なども使えにくくなりインナーマッスルも減っていきます。

これらのように筋肉が減っていった後に動きだしてから徐々に戻っていくのですが、この際に無理に動いてしまうと筋力がない分頑張ってしまい余計に硬くなってしまい痛みが出てしまいます。

この方の場合はこの出産後の疲労と無理に動いた分が重なってひどく痛みが出てしまったのです。

一度硬くなった筋肉は自分の治癒力では戻ることはなかなか戻らないことが多いです。

硬くなった筋肉はさらに骨格を歪める原因にもなっていきます。

その為に産後の骨盤矯正は必要なのです。

骨格と筋肉の硬さをしっかり取っていくだけで痛みは取れ、疲れにくく痛みが出ない身体を作っていけます。

産後骨盤矯正に関することはこちら

 

☎:042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 向 勇人(むかい ゆうと)が監修しています。

交通事故による身体の不調には早めの対処を心がけましょう。

2017.06.21 | Category: 未分類

こんにちは!!

西東京市 下保谷 春風堂接骨院・整骨院 スタッフ 榎戸です。

梅雨に入ってから数日が経ちましたが東京は梅雨の雨らしいものはまだ降っていませんね。

ただこの時期は気温や気圧、湿度もかなり変化してきて体の不調や違和感が出てきやすくなっています。

寒さ対策などしっかりして体調管理はしっかりしてくださいね。

 

 

さて今回も交通事故によるケガです。

この梅雨時期、交通事故が増えていきます。

それは夕方、明るい時間帯が長くなってきているのでライトをつけるか付けないかの時間帯が

交通事故に遭ってしまう危険が一番高いです。

このうす暗い時間帯は視界が悪くなり、雨も重なるとワイパーを使用することで

より視界が遮られてしまいます。

そして雨が車や地面を打ち付ける音でほかの車やバイクのエンジン音が聞こえにくくなるので

後方や側方から来る車両に気づかず衝突してしまう事が多いです。

車両や人の飛び出しに気づいても路面が濡れているために

ブレーキをかけてもスピードが落ちなくて危ない思いをしてしまいます。

 

交通事故で損傷しやすい部位が首・腰・背中と言われています。

交通事故での首の損傷はむちうち(頸部捻挫)多く、

むちうちとは首に大きな力が加わってS字に曲がってしまって鞭をうたれたような形に

一瞬なるためむちうちと言われています。

このむちうちは事故直後、首に痛みが無くても次第に症状が出て痛みというのが出てきます。

そして痛みを我慢して施術など何もしないと頭痛・めまい・吐き気・耳鳴りなどに発展する可能性が高いです。

そのためむちうちは軽度のものであっても状態が悪化して治りにくいものになってしまうかもしれません。

 

そして腰も交通事故で痛めやすい部位になります。

腰は衝突で座席のシートに打ち付けてしまうか

シートベルトで腰を押さえつけられて損傷してしまうかになります。

腰は損傷してしまうと日常生活に大きく支障が出てきます。

立っているとき階段の上り下り、座っているときなどいずれも腰が関係してきます。

交通事故に関係なく腰の痛みは慢性化して骨盤が歪んでいき

動きが悪くなり痛みが強くなっていってしまいます。

 

交通事故でこのようにむちうちや腰痛が出ていなく何ともないと思っても

1ヶ月ぐらいは色々な影響が出始めます。

この間にしっかり施術をしていれば出てくる症状は最小限にとどめることが出来ます。

それに早期に施術を開始すると治りも早くなり、

症状が落ち着くまでの期間がかなり変わっていきます。

もし交通事故に遭われてしまったらすぐ当院に来てください。

 

これからの季節、お車を運転される際は気をつけて運転してください。

 

むち打ちについて

交通事故について

TEL042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 榎戸 一馬(えのきど かずま)が監修しています。

膝の痛み・腰の痛みは骨盤の歪みにより左右で負担のかかり方が違うから?

2017.06.21 | Category: 未分類

こんにちは!!

春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の石川です。

梅雨に入ったにもかかわらず晴れ晴れとしたいい天気が続いていますね。

しかし、今は暑いですが雨が降るとぐんと冷え体の不調(頭痛・肩こり・腰痛)など色々な症状がでてきます。

腰が痛い!肩がいつもよりこっている!などといった自覚症状がある場合ひどく痛む前の

危険サインのようなものです。ひどい痛みが出てからしか皆さんは接骨院などに行かないと思います

がこのブログを見た方は危険サインがでたらすぐに接骨院などへ行きましょう。

痛みが出てから治療を始めるのでは施術期間が長くなってしまいます。もちろんお金もかかってきます。なので何か少しでも痛み・違和感などがありました当院までご連絡ください!!

 

今回は膝の痛み腰の痛みのお話しです。

運送業の仕事をしている方でマンションの階段を上ったり時間に追われてしまうので走りながら配達をしているそうです。この方の訴えとしては腰の痛みがでてきてから膝の痛みがでだしたと言っていました。

腰が痛い膝が痛いなどと思うとその痛み場所が悪いんではないか?と思うかたが多いと思いますがそこだけが原因とは限りません。この方の場合足の長さが左右で3CMくらい違いました。

この長さの違いなどは骨盤の歪みから来るものです。足の長さが変わってくると普段歩くときなどで負荷のかかり方が左右で変わってきます。

そうすると片方の足の筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなるとその中にある神経・血管が圧迫され膝に痛みがでたり腰に痛みが出ている可能性が高くなります。

骨盤の歪みを正しい位置に戻すことにより左右で負荷のかかり方が同じになり筋肉が硬くなることがなくなるので膝の痛み・腰の痛みが無くなってくる方が多くいらっしゃいます。

当院の施術では歪んだ姿勢を正しい姿勢に戻す骨盤矯正と硬くなった筋肉を柔らかくする施術を行い、今の痛みを取り除くだけでなく今後痛みがでにくく疲れにくい身体作りをしていきます。

腰痛について

膝の痛みについて

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)TEL042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 石川 皓太(いしかわ こうた)が監修しています。

骨に異常がない腰の痛みは筋肉に要因があるかもしれません。

2017.06.14 | Category: 未分類

こんにちは!!

春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の石川です。

夏の晴れ晴れした暑さから梅雨に入寒々しい日が増えてきましたね。

この温暖差から身体に不調が出てきて坐骨神経痛(しびれ)がでてきたり慢性的な腰痛からいきなりぎっくり腰のような

痛みに変わったり、頭痛がしてきたりと言った患者様が増えてきました。

お風呂に入った後に冷水で顔を洗うと肌が引き締まると言いますがそれは冷やすことにより筋肉を収縮させ肌が引き締まってきます。

これと同様に気温が下がると身体が冷えます。身体が冷えてくると筋肉が収縮し硬くなりその中にある神経・血管が圧迫され

痛みや坐骨神経痛(しびれ)・頭痛などにつながってきます。なので寒い日などはゆっくりお風呂に浸かったり

ホッカイロを貼ることをおすすめしています。

今回は腰の痛みのお話しです。

この方はお仕事柄長時間座っていることが多く昔から慢性的な腰痛や肩こりがありました。一か月前にいつもの腰の痛みとは違う鋭い痛みが出てきました。痛みが減らず整形外科に行きレントゲンを撮ったが何も異常はなく薬や注射をしたが痛みは消えていくが注射などずっとうっていていいものなのか?と疑問に思い当院へ来院されました。まず最初にこの方の足の長さを見ましたが左右で全然違いました。これは骨盤の歪みが関係してくるのですが、この方の仕事はデスクワークで同じ姿勢を繰り返していることが多いです。同じ姿勢を繰り返していると筋肉が固まってきます。筋肉が硬くなるとその中にある神経・血管が圧迫され痛みへと変わっていきます。そして筋肉が固まると骨盤の歪み・先ほど言った足の長さの違いなどにつながってきます。足の長さが変わってくると日常生活歩いたりする際に左右で負荷のかけ方が変わってきます。そうすると片方の膝に痛みが出たりこの方のように腰に痛みが出てきます。

当院の施術では骨格の歪みを矯正し硬くなった筋肉を柔らかくする治療を行い今の痛みを取るだけでなく今後痛みの出にくい身体作りをしていきます。同じような何も異常がなかった方などをみさせていただきます。当院までご連絡下さい!!

骨盤矯正について

TEL042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 石川 皓太(いしかわ こうた)が監修しています。

産後ケアがしっかりしていればその後の不調も出にくい?

2017.06.14 | Category: 未分類,産後の骨盤矯正

こんにちは!

春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の向です。

いよいよ梅雨にはいってしまいましたね、雨の影響で朝は涼しく昼間は蒸し暑い日が続いていますね。

こういった日には気温差があるため、痛みや痺れが出やすくなってきます。

また、体調も崩れやすいので風邪をひかないようにお気をつけ下さい!!

今回は「産後ケア」について書いていきたいと思います。

★産後ケア出産後直後は骨盤を休めましょう

出産後、すぐにでも骨盤矯正によって一日でも早くスリムな体型を取り戻したいと、すぐに骨盤矯正グッズなどで骨盤を矯正する方いらっしゃるかと思います。

しかし、出産後から約1ヶ月半は出産のために頑張った骨盤を休ませる時期・骨盤の休息時期という見解を示す見方が大方の意見になります。

 

出産後の骨盤矯正は正しい方法での骨盤矯正での骨盤矯正を行わないと、逆に骨盤に負担をかけてしまうことになり、それこそ骨盤が歪んでしまう状態を作る恐れのある時期といわれています。

 

当院では無痛の整体をベースに身体を調整していくのでほとんど痛みはありません。

むしろ、この時期がチャンスだと思います。

緩んでいるからこそきちんと正しく矯正しながら骨盤に治していきやすいのです。

もしかして、妊娠前よりきれいな骨盤になっていくはずです。

そして、徐々に機能的な正しい姿勢づくりをご指導いたします。

妊娠中の姿勢がそのまま残ってしまうことも多く、それが原因で様々なつらい症状をひきおこして、体型の戻りを遅らせてしまいます。

 

産後の姿勢が今後の体型を決定づけるので、単に矯正を受けるのではなく、ご自身にも日々の生活の中で良い姿勢の習慣化に取り組んでいただきたいと考え、ひとつひとつきちんとご指導していきたいと思っております。

 

充実した更年期のためにも産後ケアは大切!

☆産後ケアしているときに更年期のことを考えるなんて、まだ早いと思うでしょうか?

女性の身体は産後から更年期まで一直線で続いています。

今からあれこれ心配する必要は必要はありませんが、産後の身体が更年期へと結びつくという理解だけははしていおきましょう。

更年期には女性ホルモンが低下し、子宮や卵巣が小さくなっていきます。

それまで生理周期で開閉を繰り返していた骨盤はゆるやかに開いていき、完全に開ききると閉経を迎えます。

このときの骨盤の動きがなめらかであれば、更年期も順調。

産後の骨盤ケアには、更年期障害を防ぐ役目もあるのです。

 

また精神的な部分でも、閉経に対してネガティブなイメージが強いと、脳が身体の変化にブレーキをかけてしまうことに。

肉体的にも精神的にも成熟した女性ほど、充実した更年期を迎えられます。

 

更年期は、けっして悪いことばかりではありません。

産後と同様、身体の変化が大きく、骨格調整にも適した時期。

あまりネガティブにとらえず、「女性としてのステージが次へと移るんだ」と前向きに受けいられる態勢をつくっておきましょう。

産後骨盤矯正に関することはこちら

☎:042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 向 勇人(むかい ゆうと)が監修しています。

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

お問い合わせはこちら

代表施術者:柔道整復師 大熊貴之

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院保谷院

店名春風堂接骨院・整骨院保谷院
所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
代表施術者柔道整復師 大熊 貴之