TEL

五十肩にはそれぞれ一人一人に合った施術が必要になってきます!

2017.08.30 | Category: 未分類

 

 

こんにちは!!

西東京市 ひばりヶ丘 田無 保谷 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の石川です。

梅雨の様な嫌な天気も終わり晴れ晴れした夏らしい天気に回復してきましたね。

患者さまの中にはこの温度差からか風邪をひいてしまう方が増えてきました。

暑いからと言い冷房をつけすぎてしまうのも身体に不調が出る原因となるので気を付けましょう!!

身体に不調が出た場合、当院にご連絡下さい!!

 

今回は二年前から五十肩になりいろいろなところで施術をしていたがますます悪くなり肩を少しでも動かすと痛みが出てしまうほどになってしまい当院へ来院された方のお話です。

この方はデスクワークの仕事をしていて久しぶりに運動をしようとジムに行き筋トレをしている際に肩を痛めました。

寝るときににも痛みがでるようになりそろそろしっかり治さないといけないと思い当院へ来院されました。

仕事上同じ姿勢になる事が多く同じ姿勢を繰り返していると筋肉が硬まりやすくなります。筋肉が固まると胸椎の歪みが出てきて猫背になり肩を動かすことが不便になり痛みが生じやすくなってしまいます。

痛みを伴うとどうしても動かさなくなります。痛いからと言い動かさなくなるとさらに筋肉が固まり可動域もさらに悪くなっていきます。放っておくと可動域が完全になくなり歩くことすら痛みを感じるようになってしまうことが多々あります。

もし同じように五十肩の症状をお持ちの方は早めの来院をおすすめします。

当院での施術では胸椎(猫背)の矯正と硬くなった筋肉を柔らかくする施術の二つからアプローチを行い、今の痛みを取り除くだけでなく今後痛みの出にくい身体や疲れの出にくい身体をつくっていきます!!

TEL042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 石川 皓太(いしかわ こうた)が監修しています。

腰痛は誰にでも起こりうる可能性があるんです!

2017.08.23 | Category: 腰痛,骨盤矯正

こんにちは!!

西東京市 田無 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の石川です。

夏というより今梅雨がやってきた感じがします。

曇りや雨たまに晴れれば夕立が来るという感じで夏らしさが感じないですね。

今週はお盆休みで出かける方多いと思います。

この時期は渋滞もし交通事故が起こります。交通事故はせっかくの楽しい思いが一瞬にして苦い思い出になってしまいます。

なので、お盆休みの運転は十分にきをつけてください!!

 

今回は何年も前からぎっくり腰をしていて慢性化された腰痛がある方です。

この方は20年ほど前からぎっくり腰を繰り返し慢性的な腰痛がありました。毎日起きるとき・毎日車での乗り降りなど恐る恐るしていていろいろな接骨院・カイロなど言ったが良くなることはよくなるが二日すれば元に戻ってしまいぎっくり腰を繰り返していたそうです。 慢性的な腰痛やぎっくり腰治らないからと言い痛み止めや痛みを取る薬などを処方され常に使ってしまう方がいます。

しかし痛み止め自体痛みの感覚を麻痺させているだけであり筋肉や骨格は悪化しています。

今の現状を把握することが難しくなるので痛みがあり耐えられないくらいの時くらいしか飲むことをお勧めしません。

この方の仕事はずっと座っているか車を運転するかという仕事でずっと同じ姿勢でいることが多いです。同じ姿勢を繰り返していると筋肉はどんどん硬くなってきます。筋肉が硬くなると骨を引き寄せてしまい骨盤の歪みが出てきます。骨盤が歪んでくると筋肉も硬くなりやすくなり身体が疲れやすくなり、痛みへと変わっていきます。筋肉が硬くなることによってもその中にある神経・血管が圧迫され痛みへとかわっていきます。

当院では骨盤の歪みを調整し、固まった筋肉に柔軟性を出す施術の二つからアプローチしていき今の痛みをとり今後痛みがでない痛みの出にくい身体・疲れにくい身体作りをしていきます。

何かわからないことがありましたら当院へご連絡下さい!!

慢性化された腰痛

TEL042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 石川 皓太(いしかわ こうた)が監修しています。

筋肉量減少により起こる体重の減少は危険信号です。

2017.08.23 | Category: 未分類,神経

こんにちは!!

西東京市 大泉学園 田無・保谷駅徒歩五分春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の石川です。

台風が過ぎ晴れ晴れとした天気になり夏らしくなってきましたね。

BBQ・海・花火などいろいろ楽しいことあると思いますが、疲れて居眠り運転をし

交通事故を起こしてしまうというケースが増えてきています。

この時期交通事故が増えているので十分に睡眠をとり飲酒運転などはやめましょう。

今回はストレスなどにより体重が減少してしまいそこからシビレの症状が出てきた方をご紹介したいと思います。

 

この方は過度なストレスにより8キロも体重が減少してしまい筋力も同じように落ちてしまいました。筋力が落ちてしまう事により少しの運動少しの疲労で筋肉が固まりやすくなってしまいます。筋肉が硬くなることによりその中にある神経・血管が圧迫され痛みやシビレが出てきます。筋肉が硬くなり収縮し短縮することにより骨盤の歪みが出てきます。骨盤の歪みからも骨と骨の間に神経や血管が通っているのでシビレや痛みが出ることがあります。極度の筋力低下は自力で元の筋力に戻すことは大変難しいです。そこで当院では筋力を元に戻すだけでなく疲れにくく痛みの出にくい身体・スポーツパフォーマンスを上げるコアレ(EMS)機器をご用意してます。コアレ(EMS)では筋力アップさせるだけでなく、硬くなった筋肉を柔らかくし質の良い筋肉にしてくれるので痛みやシビレなどにも効き目があります。何かわからない事や興味がありました当院へご連絡下さい!!

 

TEL042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 石川 皓太(いしかわ こうた)が監修しています。

夜に肩に痛みが出る人は五十肩かもしれません!

2017.08.08 | Category: 首、肩の痛み,骨格骨盤矯正

こんにちは!!

西東京 田無 春風堂接骨院・整骨院(整骨院) スタッフ 榎戸です。

最近は強い雨が降ったり日差しが強かったりと天候の変化が激しく

身体にとっては負担がかかる天気が続いていますね。

こういう日が続いてしまうと痛みや神経痛がひどくなってしまったり

急な痛みを感じたりしますので服装などには注意してください。

お盆休み前だと思いますので体調管理はしっかりして下さい。

 

当院ではお盆休みはなく

通常通り8月も診療していますので体調がすぐれない方はご来院下さい。

 

 

今回の体験談は五十肩でお悩みの方のお話です。

 

この方は介護の仕事をしていて体位変換や身の回りのことをすることを行っております。

その為、身体を使うことが多く、中腰の姿勢で患者さんを起こしたり

腕の力だけで体の向きを変えるといった仕事をこなしています。

こういった状態が続くと猫背になってきて肩甲骨が外側に開いていき

肩の位置が前に出てきてしまいます。

これにより肩甲骨の動きが制限され腕の可動域(動かせる範囲)が制限されてしまいます。

そして動きが悪くなってきてしまったから動かさないようにしてしまうと

どんどん動かせる範囲は狭まってしまい痛みが強く出てくることがあります。

この方の場合は状態が悪くなってしまい夜、寝ているときでも痛みがでてきてしまっていたのです。

 

そして骨盤の歪みもあり、腰の痛みや変形性膝関節といった状態が起こる可能性も高くなります。

骨盤は土台になりますのでその土台がしっかりしていないと

上半身の歪み、首、背中の痛み、猫背、肩の動き、膝の痛み、足首の痛み、神経症状

といった形でいろいろなところに悪影響を及ぼしかねません。

 

そのため当院では胸椎と言われる場所の矯正だけではなく

骨盤の歪み、頚椎の歪みの3つが整って治療で痛みのない状態を目指し

日常生活で痛みがなく疲れにくい状態を目指していただきたいと思います。

 

肩など身体の状態が良くない方

整形外科や他の接骨院に行ったけど状態があまり改善されなかったという方は

ぜひ当院にお越しください。

 

50肩・40肩について

TEL042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 榎戸 一馬(えのきど かずま)が監修しています。

脊柱管狭窄と腰痛でお悩みの方は参考にしてください。

2017.08.02 | Category: 腰痛,骨格骨盤矯正,骨盤矯正

こんにちは!!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の石川です。

皆さんはBBQや海・川などで夏らしい遊びはしましたか?

最近は梅雨明けのはずなのに雨の日が多くどんよりした天気が続いていてあまりパッとしなく

やっと海へ行ける!と思うと雨が降ったりしますよね。夏らしい天気が来るのが待ち遠しいですね。

雨が降ると身体に不調が出てきたりするので身体には気を使いましょう!!

 

今回は脊柱管狭窄と言われた方をご紹介したいと思います。

この方は腰痛を15年以上持っていて色々な場所へ行かれ、整形外科にて脊柱管狭窄と言われ痛み止めの薬・ブロック注射をやっていたが効かず、整体からカイロプラクティックなどいろいろな場所へ行っていました。しかしよくならず当院へ来院されました。       

仕事柄デスクワークをしているので座っていることが多く常に腰が痛いと言っていました。ずっと同じ姿勢で座っているとお尻の筋肉が固まってきます。筋肉が硬くなるとその中にある神経・血管が圧迫され痛みへと変わっていきます。筋肉が硬くなると骨盤の歪みも出てきます。骨格の歪みからも神経症状が出てきます。

この方は目で見てわかるほど足の長さが違いました。足の長さが変わってくると日常生活動作にて負荷のかかり方が変わってきます。この方の場合右側の腰に痛みがあると言っていたので右側に負荷がかかっていたことがわかります。なので筋肉的な施術だけではなく骨格的な歪みを矯正してあげることが必要となります。

これに神経症状により効果のある高周波の電気をポイントにあてて頂くとより早く神経症状が取れてきます。

当院の施術では硬くなった筋肉を柔らかくする治療と骨盤の歪みを矯正する施術を行います。何かわからない事がありましたら当院までご連絡下さい。

TEL042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 石川 皓太(いしかわ こうた)が監修しています。

 

痛み止めに頼らない施術を行っております!

2017.08.02 | Category: 未分類

こんにちは!!

西東京市 下保谷 保谷駅 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の石川です。

今週の西東京市保谷駅は雷やヒョウなども降り変な天気が続きましたね。

しかし気温的には暑い日が多く身体が重だるい感じがする方多かったと思います。

どこへ行っても冷房が利いていて寒くなり身体に不調が出てくる方もいます。

身体が冷えてくると筋肉が硬くなります。そして痛みへと変わっていきます。

暑いからと言い冷房をガンガンにつけないよう気を付けましょう!

ニュースなどを見ていると熱中症の方が増えてきています。適度の休憩と多めの水分補給を心がけましょう!!

 

今回は足のシビレ・腰の痛みがある患者様をご紹介したいと思います。

この方は5年程前からシビレや膝痛・腰痛などに悩まされ色々な接骨院などに通っていました。しかし処方されるのはいつも痛み止めでその痛み止めが切れてしまうとまた痛みがでてまた飲んでまた痛みがでての繰り返しでとうとう痛み止めもきかないくらいになったため、当院へ来院されました。痛み止め自体は悪いものではないですがただ痛みの感覚を麻痺させているだけであり骨格的な部分や筋肉的な要素はどんどん悪化していってしまいます。痛み止めは寝れないほどの痛み・痛みがあり仕事ができない。などといった場合以外に使う事はあまりお勧めしていません。

この方は自宅にて座っている仕事が多く同じ姿勢で仕事をしていることが多いそうです。同じ姿勢を繰り返していることにより筋肉は硬くなり、骨格的な歪みが出てきます。筋肉が硬くなるとその中にある神経・血管が圧迫され痛みやシビレがでてきます。

当院の施術の歪みを矯正する施術と、硬くなった筋肉を柔らかくする施術を行い今ある痛みを取り除くだけでなく、今後痛みがでにくく疲れにくい身体作りをしていきます。

なにか当てはまる症状やそうでなくどこでも治らなかった症状一度当院で診させていただきます。何かわからないことがありましたら当院へご連絡下さい!!

TEL042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 石川 皓太(いしかわ こうた)が監修しています。

帝王切開でも骨盤矯正はやるべきなのか?

2017.07.28 | Category: 産後の骨盤矯正

こんにちは!

練馬区 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院 スタッフ 向です。

暑くなってきましたね!

いよいよ七月後半に入り、セミも鳴いて夏本番になってきましたね。

子供たちは夏休みに入り、家族や友達と遊びに出かける人達がいると思います。

夏になると水場での事故や車での交通事故が増えてくると思います。

当院では交通事故後での自賠責施術を受けることができます。

また提携している弁護士もいるので何か心配なことがあれば遠慮なくご相談ください!

では、今回紹介したいのは産後骨盤矯正で来院された方のお話しです。

 

この方は二人出産されてから二ヶ月経ってから来院されました。

当院では産後の骨盤矯正の適正な時期は一ヶ月半~一年としています。

この方は二回出産されてからの二ヶ月なので適正の時期に入っています。

また、帝王切開での出産をされています。

帝王切開での出産でも人間の骨盤は歪みます。

まず妊娠中、お腹の中にいるお子さんの重さや帝王切開に入るまでにお母さんの身体は出産に入ろうとするためにホルモンの影響で骨盤は開くように歪んでしまいます。

骨盤が歪んでしまうと身体に様々な影響が出てきてしまいます。

産後で一番有名なのは「太りやすく瘦せにくい体質」になってしまう事です。

骨盤が歪んでくると太りやすく瘦せにくい体質になってしまうかというと、骨盤が歪んでくると内臓の位置が変わり通常の消化吸収が出来なくなり代謝が悪くなることでこのような影響が出てしまいます。

また、ホルモンバランスも悪くなるので生理不順などもなりやすくなります。

これらのように産後では様々な影響を身体には及ぼしてしまいます。

当院ではこういった体質の改善のためにも産後骨盤矯正をお勧めしています。

何か心配なこと、わからないことがあれば遠慮なくご相談ください。

産後骨盤矯正に関することはこちら

 

☎:042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 向 勇人(むかい ゆうと)が監修しています。

頚椎ヘルニアに影響を及ぼす骨格の歪みとは?

2017.07.25 | Category: 首、肩の痛み,骨格骨盤矯正

こんにちは!!

西東京 保谷 田無 春風堂接骨院・整骨院 スタッフ 榎戸です。

先日は午後に雷雨になり交通機関が一部止まってしまったりと天候が変わりやすい季節になってきましたね。

東京では久々に雨が降り涼しくなっていくかなと思いましたが雨降っている時間が数十分だったためか

雨が上がった直後は涼しくてよかったのですが、時間が経つにつれて蒸し暑くなってしまいましたね。

こういった天候の変化、気温の変化など身体に負担がかかってきます。

そのためお風呂にゆっくり浸かるなどといった体調管理をしっかりしてください。

 

今回の体験談は頚椎ヘルニアと言われた患者様の話です。

 

頚椎ヘルニアと言われていますが実は頚椎と呼ばれる首の骨の中の

頭に一番近い第一頚椎と言われるところの歪みと首の筋肉の硬さによって

手の痛みや首・肩のコリが出てきていました。

この首の歪みや筋肉の硬さは手の痛みだけではなく痺れにも関係してきます。

歪みでもって神経の出所が圧迫されたり、筋肉の硬さで神経自体が圧迫を受けてしまうので

痺れや違和感に繋がっていきます。

こういったものは骨格の矯正と筋肉の施術で緩和されていきます。

痛み止めや湿布で潜り抜けようと思ってもこの状態ではよくなっていきません。

 

なので当院では

骨格の歪み、筋肉の硬さに着目してそういった状態をしっかり取る本来あるべき状態に戻していく施術を行っていきます。

 

首の痛み、肩こり、手のしびれで悩んでいて

痛み止めなど処方されただけで良くならない方、あるいは周りにそういった人がいましたら

当院にお越しください。

 

 

頭痛について

肩こりについて

TEL042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 榎戸 一馬(えのきど かずま)が監修しています。

寝違えになり易い要因とは?

2017.07.13 | Category: 未分類

こんにちは!!

西東京市 下保谷 春風堂接骨院・整骨院 スタッフ 榎戸です。

東京は梅雨入り宣言されてからかなり時間が経っていますけど

雨があまり降らずに日の光が強い暑い日が続いていますね。

しかし、九州の方では東京とは対照的に大雨が降り土砂崩れや家屋が壊されてしまったりと

凄い被害に遭われてしまっています。

学校の体育館での生活や車の中での生活を余儀なくされている方もいらっしゃると思います。

1日も早く普段通りの生活ができることをお祈り申し上げます。

 

さて今回は寝違えによる首の痛みです。

 

家事や仕事をしているとどうしても猫背になってきて背中の筋肉が硬くなります。

背中の筋肉が硬くなってしまうと肩甲骨周りの筋肉や首の筋肉が硬くなっていき

ちょっとしたことで寝違えや首の痛み、肩こりにつながっていきます。

そしてこういう風に筋肉が硬くなってくると骨格の歪みも出てきます。

骨格の歪みで分かりやすいのは猫背だと思います。

猫背の他にもどっちかの肩が上がっている状態や

どっちかに身体がひねられている状態になります。

これは胸の部分の歪みの話をしましたが、骨盤・首も同様に歪んできます。

背骨や骨盤は一度歪んでしまったら日常生活を送っている間は戻りません。

もし整えられたとしても一時的なもので筋肉の硬さで

またすぐに元に戻ってしまいます。

 

ですから筋肉的施術だけでも良くならず、骨格の歪みもしっかり矯正しないと

同じ痛みを繰り返してしまいます。

もし読んでいる方自身や友達の方で身体の違和感をどこか感じているのでしたらすぐに

当院に来て施術を受けてください。

早めに施術すれば痛みがでている期間が短くて済みます。

骨格・骨盤の歪みをしっかり整えて痛みの出にくい身体を作りましょう。

 

 

頭痛について

肩こりについて

TEL042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 榎戸 一馬(えのきど かずま)が監修しています。

出産後には骨盤は歪み、調整が必要になってきます!

2017.07.12 | Category: 産後の骨盤矯正

こんにちは!

西東京市 下保谷 春風堂接骨院・整骨院(整体院) 向です。

暑くなってきましたね!

梅雨はまだあけてはいないはずなのですが、暑さが先行してきました。

暑い中、冷たいものを取りすぎてしまうと内臓が冷えて食欲が減り夏バテにつながってくるので取りすぎはご注意下さい!

 

今回紹介したいのは産後骨盤矯正で来院された患者さまの体験談を紹介していきたいと思います。

この方は去年の9月に出産されてから身体に不調がでてきたとのことです。

出産した後はどうしても骨盤の開きなどの歪みが強く出やすいのと、筋肉が過大に使用した後なので疲労が溜まり硬くなってしまいます。

なぜ骨盤の歪みが強く出るのかというと出産の際に恥骨結合という場所がホルモンの影響で通常開かない場所が開いてくれます。

恥骨結合部が開いてくれることでお子さんが誕生します。

この後に恥骨結合部が元の位置に戻ってくれたらいいのですが、なかなかそうはいきません。

なぜなら出産時に過大に使用した筋肉が邪魔をしているのです。

筋肉は基本骨から骨へ付いており筋肉が引っ張る形で骨を動かし身体を動かしてくれます。

ただ、この筋肉が過大に使ったりずっと使いすぎていると疲労が溜まっていくと硬く短縮してしまいます。

短縮することにより骨が引っ張られることで骨格の歪みに繋がってくるのです。

この硬さが動きにくい、痛みがでることに影響を出しているのです。

また、骨盤の歪みが出るとどうして身体に不調が出てしまうのかというと、まず身体のバランスが崩れてしまうのが一番の要因です。

骨盤というのは人間では土台に値するところです。

土台となる歪みが出てしまうと左右等のバランスが崩れどっちかに負担がかかりやすい状態になってしまいます。

出産後には骨盤の歪みは出やすいのです。

この方は右腰から太腿にかけて痛みがでているのは骨盤の歪みのなかの左右のバランスが崩れているために右腰に負担をかける動作が多くあるためです。

土台自体が歪んでくると腰だけではなく股関節、膝や上半身での肩や首などに影響を出してしまいます。

出産後には骨盤の歪みだけではなく筋肉の硬さこの両面から取らないといけないのです。

何か心配なこと、わからないことがあれば遠慮なくご相談ください。

産後骨盤矯正に関することはこちら

 

☎:042-421-5213

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 向 勇人(むかい ゆうと)が監修しています。

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

代表施術者:柔道整復師 大熊貴之

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院保谷院

店名春風堂接骨院・整骨院保谷院
所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
代表施術者柔道整復師 大熊 貴之