TEL

寝違いを起こしてしまうのは筋肉の硬さが原因

2018.07.23 | Category: 未分類

こんにちは!!

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の古薗です。

 

最近は雨が降る日数も減ってきていますが、ムシムシした暑い日が多くなってきましたね。そろそろ熱中症や脱水症状などの対策が必要な季節になってきたので皆さんも水分補給はしっかり行ってくださいね。

それと気をつけて頂きたいのがクーラーになります。

夜、暑くて寝づらい時ってついついクーラーや扇風機をつけっぱなしで寝てしまいませんか?

つけっぱなしで寝てしまうと肩こり、寝違いの原因になってしまうんです。

 

今回は寝違いで来院された方を紹介します。

 

 

この方は元々首の痛み、肩の痛みを持っていたのですが、いくつもの原因が重なり重度の寝違いになってしまいました。原因としてまず寝るときにつけっぱなしにしていたクーラーです。クーラーや扇風機をつけっぱなしにしていると体が冷えて血流が悪くなります。そうすると肩や首の筋肉に十分な血液が流れなくなり肩や首の筋肉が硬くなってきます。人は寝ているときに体をリラックスさせる神経が優位に働くので血流もゆっくり流れることになります。そうすることで筋肉に十分な血液が流れず、動かないので普通より断然硬くなりやすく、寝違いや肩コリを起こしてしまいます。

さらに仕事で主にパソコン作業をしていているので首のこりも日頃からひどかったと訴えていました。パソコン作業のデスクワークでは同じ姿勢を何時間もしているので筋肉を常に使っている状態になります。そうすると筋肉の性質上どんどん硬く、短縮していきます。それに加えて血流も悪くなります。そうなってしまうと寝ている時にもっと硬くなってしまいこの方のように重症度の高い寝違いを引き起こしてしまいます。

当院の施術としては日頃の仕事で固まってしまった筋肉に柔軟性を持たせてあげる施術とその硬くなった筋肉によって歪んでしまった背骨・骨盤を調整してあげます。そして当院では寝違いや首の痛みといった症状を出にくくし疲れづらい体作りを目指します。

何かわからない事や気になったことがあれば一度当院にお越しください。

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師  古薗 泰樹(ふるぞの たいじゅ)が監修しています。

 

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院) 042-421-5213

アクセスhttps://www.google.com/maps?ll=35.750811,139.567185&z=18&t=m&hl=ja&gl=JP&mapclient=embed&cid=10538534153168036059

 

なぜこの梅雨時期に腰の痛みが出てきてしまうのか

2018.06.30 | Category: 未分類

こんにちは!

西東京市 田無 保谷 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の古薗です。

この梅雨時期皆様どうお過ごしでしょうか。雨が降ると気温や気圧が下がります。

そうするとめまいや頭痛、腰痛といった体の不調に繋がってきます。

何故、気圧が下がると体の不調につながるのかということを説明しますと

気圧が下がると体の中の血管が拡張して自律神経が乱れます。天候により自律神経が乱れると、血管が広がったり縮んだりして自律神経が乱されます。さらに自律神経は血液の流れに深く関係しているのでさらに血流が悪くなり体の不調が現れます。

そうならないためには日頃のケアであったり痛みの出にくい体作りが必要になってきます。そういった痛みの出にくい体作りを当院では行っていきます。

 

今回はそういった気圧の変化などにより体の不調を訴えて来院された方を紹介します。

 

この方は事務作業の仕事をしていて、デスクワークでは常に同じ姿勢を保っています。そうすると筋肉は短縮し、常に使われている状態になります。この状態であると筋肉の性質上硬くなります。そうすると筋肉の中に通る神経や血管が圧迫され、それが神経だと痛みやしびれ、血管であればむくみや末端冷え症等が出てきてしまうことが多いです。

さらに筋肉が短縮すると筋肉は骨についているので頸椎、胸椎、骨盤の歪みに繋がってきます。この状態で雨が降り自律神経の乱れが生じると血流がさらに悪くなり筋肉に流れる血液の量が減り硬くなりやすかったり痛みを出してしまう成分がうまく排泄できなくなったりといったような体に悪い影響が出やすくなるのです。

そこで当院の施術としては筋肉に柔軟性を持たせてあげる施術と背骨や骨盤の歪みに対しての調整をしてあげる矯正法「SPAT」、さらにはインナーマッスルといって体幹の筋肉を鍛えてあげる「コアレ」をご提案しています。そして今後痛みの出にくくて疲れにくいい体作りをを目指します。

何かわからないことや気になる事があれば当院にぜひお越しください。

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 古薗 泰樹(ふるぞの たいじゅ)が監修しています

TEL 042-421-5213

https://goo.gl/maps/2Jnk94gA3Zx

フォームソティックス

2018.05.26 | Category: フォームソティックス

こんにちは!

春風堂接骨院(整骨院・整体院)の香下(こうした)です。

まだ早い気がしますが暑い日が続いています。今から続くと考えると少し怖いですよね。

皆さん対策はお早めに!!

 

さて今回お伝えするのは、5月から導入しました、インソールについてご紹介したいと思います!!

スポーツをされている方はご存知かと思いますが、中敷きとは別にインソールを使われている方が身近にいらしていると思います。

僕の周りにも学生時代に特注で使っている子がいました。

そんな中、遂に当院でもインソールをご案内してます。

その名も「フォームソティックス」

このフォームソティックスは市販で売られているものとは違い、足の専門家が開発したものなんです。

 

 

インソールも様々な種類がありますが、当院で扱っているフォームソティックスの特徴として、

1.ものすごく軽い  2.熱形成  ⒊フィット感が特徴的なんです!!

まず、オーダーメイドの物ですと意外と想像より重かったりするので、疲れやすい。

ですが、フォームソティックスは重量感を感じず、どんな靴でも対応します。勿論運動用でもOK!!

次に、作っていく過程なのですが、凄く簡単でインソールが温まっている状態で履くだけ!!

凄く簡単ですよね?注文してから数日間出来上がるのに時間がかかってしまう事が多く、その日に使えないのが大半ですが、このフォームソティックスはすぐにお使いいただけます!!

当院ではヒーティングマシン(靴専用のドライヤー)がございますので、履いて帰って頂くことが可能です。

最後にフィット感。熱を与えるだけでその他に手は加えません。なのでご自身本来の足の形でカスタマイズします。

痛くなったり、違和感を感じる方もいらっしゃいますが、それだけ足が悪いとの事なんです。

 

スタッフ一同使用し、実感するのに時間はさほどかかりませんでした。

むしろ、履いてすぐに感覚が変わっているのを共感しています。

 

慢性的な腰、首の痛みがある方はそこだけの原因ではない可能性があります。

体を支えているのは足だと思いませんか?不思議と足は関係ないと思っていませんか?

足の何が原因なのか、自分じゃ分からない事は沢山…。

 

一般的に約9割の方が過回内(足の裏が内側に体重がかかっている状態)と言われています。

そうなる事によって膝が内側に向き(ニーイン)、前傾姿勢になるんです。

皆さん想像してみてください。姿勢が悪いと言われている方は前傾姿勢だと思いませんか?

そういった方々は腰や首、肩、膝などが痛いと悩んでいる事が大半なんです。

ここまでの説明で足の重要性が理解して頂けたと思いますがいかがでしょう。全部つながっているんですね。

足が原因で負荷がかかっている状態でいますと、捻挫やシンスプリント、オスグッドなどスポーツ外傷になりやすかったり、

女性では、モートン病や外反母趾になりやすくなるんです…。

さらには地面に接している足関節が歪んでいると骨盤も歪んでいきます。

既に上記の症状に悩まされている方も、遅くはありません!!

これらの痛みを諦めてしまうのではなく、一度そのお悩み当院でご相談して、一本踏み出しましょう!!

 

まずは、春風堂接骨院(整骨院・整体院)にお越しください。

このフォームソティックスは認定院にのみ取り扱い販売可能なので、しっかりと検査をさせて頂き販売させて頂きます。

 

 

春風堂接骨院(整骨院)は痛みの無い矯正、専門的な検査、診断を致しますので、お困りの際は当院までご連絡下さい。

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 香下 誠道(こうした まさのり)が監修しています。

春風堂接骨院(整骨院)TEL042-421-5213

 

 

 

成長期のスポーツでの膝の痛みにお悩みの方(スポーツ外傷)

2018.05.18 | Category: 膝の痛み

こんにちは!

初めまして!

春風堂接骨院(整骨院・整体院)の香下(こうした)です。

5月から入社致しました。専門学生時代は石川先生と同期で当時はお互い切磋琢磨して参りました。

覚えにくい名前ではございますが、どうぞ宜しくお願い致します。

近頃の天気は不安定で体調を崩されてしまった方や身体の不調が出ている方が多いかと思います。

去年来なかった梅雨は今年は嘘かのような雨で外出するのも一苦労ですね。

私もですが、こういった天気は気分も乗らず、重ダルさを感じたり、痛みを感じる方、様々な症状で悩まされてる方々は是非、春風堂接骨院(整骨院・整体院)にお越し下さい。

 

さて、今回は小学生4年生のサッカーをしていて膝の痛みで春風堂接骨院(整骨院・整体院)に来院されました。

練習中に激しい接触プレーもなく、急に膝が痛み始めた為に整形外科にかかられ、

「シンディング・ラーセン・ヨハンセン病」と言われたとの事です。

膝のスポーツ外傷の一つで、膝のお皿の下の部分に痛みを感じる症状です。

この膝の痛みの似た症状が、皆さんもご存知かと思いますが、

「オスグッド・シュラッター病」 通称オスグッド病と言われているものです。

他にもいくつか膝の痛みはあり、特にこの二つの症状がとてもよく似ているのですが、

唯一異なるのが痛めている場所です。

 

シンディング・ラーセン・ヨハンセン病は膝のお皿の下の部分に対して、

オスグッドはその下の脛の上の部分が痛みが出ます。

それ以外の症状はほとんど同じ!!

膝の痛みの原因としては、太腿の前にある大きい筋肉、「大腿四頭筋」の硬さによってくるもので、

何故筋肉が硬くなると膝の痛みが出てきてしまうかというと、硬さによって、筋肉の柔軟性が失われ、付着部にストレスを与えてしまい、炎症を起こしてしまうからなんです!!

炎症を起こしてしまうとその部分が熱くなり、ひどい場合は何もしてなくてもズキズキと痛みを感じるんです。

この症状が出ている際は、まずはアイシングが大切。

基本的にはRICE処置が肝心!!

安静(Rest)アイス(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)

皆さんこれを機に覚えましょう。

膝の痛みが出やすいスポーツとして挙げられるのが、

サッカー バスケットボール 陸上競技と共通しているものが、膝をよく使うということで、凄く単純ですよね。

何を伝えたいかといいますと、筋肉も内臓も全てが消耗品なんです。

例えば、車で考えていきます。数年に一度車検に出されますよね?

細かなところは専門家にしか分からない事が沢山。自分では気付かなくても、体は悲鳴を上げているんです。

なので、定期的に春風堂接骨院(整骨院・整体院)に来て下さい。

今回の膝の痛みで当院に来院された患者さんは実は悲鳴を上げていたんですね。

膝の痛みが原因となる大腿四頭筋の緊張をほぐす為、春風堂接骨院(整骨院・整体院)では痛みや炎症を抑える特殊な電療とマッサージを施します。

ですが、根本的に治すには膝だけではなく体全体を整える必要がありますので、骨格矯正が必要となります。

 

春風堂接骨院(整骨院・整体院)では膝の痛みで悩まされている方、一度症状が落ち着いたが再度痛みが出てきてお困りの方は是非ご連絡下さい。

痛みの無い骨格矯正によって骨格を整えて痛みの出にくい身体作りを目指しましょう!!

何か分からない症状がございましたら春風堂接骨院(整骨院・整体院)までご連絡下さい。

 

膝の痛みについて

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 香下 誠道(こうした まさのり)が監修しています。

春風堂接骨院(整骨院・整体院)TEL042-421-5213

 

 

手をよく使う仕事、女性によくみられる腱鞘炎(手首の痛み)

2018.05.16 | Category: 手首の痛み

こんにちは!!

はじめまして!

春風堂接骨院(整骨院・整体院)の古薗(ふるぞの)です。

四月から入社いたしました。九州から上京して患者様に満足してもらえるような施術を提供できるよう日々頑張っていきます。

 

この時期雨が降ることが多くなってくると春風堂接骨院(整骨院・整体院)では腰の痛み、首の痛みといった慢性的な痛みで来られる方が多く見られます。

ここ最近は雨が降り、気温や気圧が低下して上記のような症状が出てくることが良く見られます。寒さ対策や日頃のケアが必要になってきます。

当院ではそういった慢性的な痛み(腰の痛み)(首の痛み)に対しての施術を行っております。

 

 

今回は手首の痛みで来られた患者様の紹介をしたいと思います。

 

この方は主婦の方で日常の家事による手首の使い過ぎであったり赤ちゃんを抱っこしている時に手首にかかる負担、そして物を持った時の持ち方も悪く、手首に炎症が見られ腱鞘炎を起こしていました。

そもそも腱鞘炎というのは、腱の周りにある腱鞘と呼ばれる腱を覆う鞘が炎症を起こしてしまい痛みが出てきます。腱鞘炎は一般的に多くの方に見られますが、その中でも女性の方(特に出産後、更年期)や手をよく使う職業の方によく見られます。

 

要するに使い過ぎが原因です。

 

腱鞘炎に似たようなもので、ばね指の患者さんも当院に来られることが多くあり、これも簡単に言ってしまえば腱鞘炎が指に起きてそれがひどくなってしまったということなんです。

 

腱鞘炎の初期に出て来るものとして

・手首や腕の不快感

・急な痛みが出た後いつの間にかなくなってしまう

・手首が痛いが具体的にどこが痛いか分からない

 

腱鞘炎はまず炎症期(1・2週間)は安静にしてもらいます。その後筋肉に柔軟性を出すために手技療法を行っていきます。残りやすい痛みとして手首への捻じれ運動です。この捻じれ運動での痛みがでなくなることを目標に施術を行っていきます。

 

そして腱鞘炎を悪化させないようにするにはまず持ち方から変えるようにしましょう。。腱鞘炎を起こす人の特徴として、物を持つ際に手首が小指側に曲がっている場合がとても多いです。その持ち方を変えて日頃から意識して手首の痛みを悪化させないようにすることが重要になります。それと血液循環を良くするために自分でも軽くマッサージやストレッチなどを行うと悪化しずらくなります。

 

腱鞘炎になる原因としては使い過ぎが多いですが、他にも骨盤の歪みや筋肉的な柔軟性のなさなどが関係してくることもあります。そういった手首の痛みや使いずらさ、腰の痛み、首の痛みを感じたら当院にお電話ください!!

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 古薗 泰樹(ふるぞの たいじゅ)が監修しています。

 

 

脊柱管狭窄の痛み痺れには骨盤から見直していきましょう

2018.04.02 | Category: 腰痛,骨盤矯正

こんにちは!!

春風堂接骨院(整骨院・整体院)の石川です。

先週は天気が悪くどんよりとした空気で少し寒さが感じるほどでしたね。

先週末からいい天気になりだし桜が一気に咲きだし、もう春だなというのを感じました。

この季節の変わり目は坐骨神経痛や脊柱管狭窄のように腰から足にかけてのしびれを訴える方が当院へ多く来院されます。

季節の変わり目は寒暖差や気圧の変化が出ます。こういった変化は体の悪いところに出てきます。

坐骨神経痛や脊柱管狭窄のような神経痛は腰から足にかけてのしびれが出てきます。

 

今回は脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)と整形外科にて言われた患者様をご紹介したいと思います。

 

 

この方は整形外科にて脊柱管狭窄(坐骨神経痛)と言われストレッチや可動域運動により四年ほど通い状態は良くなったのですがここ最近になりまた前回と同じ脊柱管狭窄(坐骨神経痛)の症状が出てきてしまい、どんどんとひどくなり前回よりもひどくなり当院へ来院されました。

この方の職業は車を運転することが多い仕事をしています。車を運転しているときの骨盤は常に前傾しています。そして同じ姿勢の繰り返しにより筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなると骨盤の歪みが出てきます。この筋肉の硬さや骨盤の歪みにより脊柱管狭窄(坐骨神経痛)のような痛みやしびれなどが出てきます。整形外科にて脊柱管狭窄(坐骨神経痛)と言われた方もそれだけが原因ではなく骨盤の歪みや筋肉の硬さからこのような痛みが出ます。なので脊柱管狭窄(坐骨神経痛)と診断された方も脊柱管狭窄(坐骨神経痛)の施術をしていなく、骨盤の歪みや筋肉の硬さに対して柔軟性をだすことで痛みやしびれは軽減します。

 

当院の施術は骨盤の歪みを矯正し、筋肉の硬さに対して柔軟性を出す施術をしていき、今ある痛みを取り除くだけでなく今後痛みの出にくく疲れづらい身体作りをしていきます。なにか分からないことがありましたら、春風堂接骨院(整骨院)にご連絡下さい!!

坐骨神経痛について

脊柱管狭窄症について

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 石川 皓太(いしかわ こうた)が監修しています。

春風堂接骨院(整骨院)TEL042-421-5213

出産後から酷い便秘や身体が重いなどの不調の原因は骨盤の歪みから

2018.03.26 | Category: 産後の骨盤矯正

こんにちは!

春風堂接骨院(整骨院・整体院)向です。

今週は雨が続いて寒い日が多くなりそうですね。

こういう時に頭痛や肩こり、ぎっくり腰になりやすくなります。

これは雨が降る事で身体が知らないうちに冷えてしまっているためです。

身体が冷えると、筋肉が硬くなりやすく血流も悪くなってしまいます。

疲労がたまっているときに冷えてしまうと、余計硬くなり、そんな時に重たいものをいきなりもったりするとぎっくり腰になりやすくあります。

なので、身体を冷やさないようにしっかり防寒対策をして今週を乗り切りましょう!

 

 

では、今回紹介したいのは産後4カ月 2回出産され当院に来院された患者さまの体験談を紹介したいと思います。

 

この患者さまは、二人出産されて四か月経ってから当院に来院されました。

出産されてからは便秘がひどく、身体が重い感じがし歩きにくいなどの身体の不調をきたすようになったとの事です。

これらの症状の根本的な原因は骨盤の歪みからきています。

骨盤の中には小腸や大腸などの消化吸収を司る内臓が入っています。

骨盤が歪んでくると内臓の位置や負荷がかかりやすくなってきます。

通常の生活でもこういった循環機能への異常は出ることがあります。

ただ、出産後にはより一層出やすくなってしまいます。

これは、出産する時に骨盤が「開く」ことが原因になってきます。

人は出産する際に、骨盤内にある恥骨結合という部位が通常開く事はないのですがホルモンの影響で開くようになります。

この恥骨結合が開くことにより、お子さんが通り誕生します。

この恥骨結合が開いたままの状態にあるのが、出産後よく言われる「骨盤の開き」なのです。

この骨盤の開きがあると消化器官の位置が降りる形で位置が変わることで循環機能への異常が起き、代謝が落ちてしまいます。

これらにより、便秘が通常の人より出やすくなります。

代謝が落ちることにより、これもよく出産後に言われる「太りやすく瘦せにくい」といった体質になってしまいます。

これらは骨盤の開きという歪みが特に原因となってくるので、開きを整えていくことによってこの患者さまのように便秘の解消され、太りやすいなどの体質の改善に繋がってきます。

また、出産された際に全身の筋肉を過度に使用することにより筋肉が硬くなってしまいます。

全身の筋肉が硬くなってしまうと、歩きにくさや動きが重い、疲れやすいといった症状がでてしまいます。

なので、出産後の産後骨盤矯正は骨格の矯正のみならず筋肉の硬さをしっかり取る必要ながあります。

当院では産後骨盤矯正は骨盤の歪みと筋肉の両面からアプローチしていきます。

出産されてから身体の状態が悪い、疲れやすいや痛いなどの不調をきたしやすくなってきてしまったというお母さんは多いと思います。

そんな時には春風堂接骨院(整骨院・整体院)に遠慮なくご相談ください。

産後骨盤矯正に関することはこちら

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 向 勇人(むかい ゆうと)が監修しています。

頚椎の歪みは偏頭痛やメニエール病を引き起こします。

2018.03.20 | Category: 首、肩の痛み,骨格骨盤矯正

こんにちは!!

春風堂接骨院(整骨院・整体院)の石川です。

梅が咲き始めさくらの開花宣言がありましたね。

先週は暖かかったですが今週に入り雨が増え寒い日が続きましたね。

この寒暖差により身体のだるさや身体の不調(肩こり・首のこりからくる頭痛・メニエール病)などがでてきます。

この寒暖差だけが原因ではなく日常生活やお仕事などで蓄積され慢性化されたものが寒暖差などにさらに筋肉が硬くなり

体の不調(肩こり・首のこりからくる頭痛・メニエール病)などが出てきますので、身体は冷やさないようにしましょう!!

患者様の中でも症状が良くなっていてもこの寒暖差や気圧の変化により身体の不調(肩こり・首のこりからくる頭痛)

などがひどくなる方が多くいます。

何か気になる症状がありました春風堂接骨院(整骨院・整体院)にご連絡下さい!!

 

今回は肩こり・首のこりからの頭痛・偏頭痛がある患者様をご紹介したいと思います。

 

 

この方の仕事は介護の仕事をしています。デスクワークと前かがみで立っている姿勢が多いそうです。

デスクワークでは同じ姿勢を繰り返します。同じ姿勢の繰り返しは思っている以上に筋肉を使っていて筋肉は硬くなります。

皆さんに仕事の最中・仕事終わりは身体を伸ばしたい感じやたたきたくなる感じがあると思います。

これは筋肉が硬くなってきている証拠です。そして筋肉がかたまりその中にある神経や血管が圧迫され身体の痛み(肩こり・首のこりからくる頭痛・メニエール病)へと変わっていきます。

筋肉が硬くなる原因(肩こり・首のこりからくる頭痛・メニエール病)は骨格の歪み(頚椎の歪み)が原因になります。

骨格的に歪みがあると筋肉は固まりやすくなり痛みの出やすい身体になってしまいます。逆に骨格的な歪みが無く正しい姿勢が保てていたら筋肉は柔軟性が保て肩こりや首のこりからくる頭痛などの出にくい身体が作れます。

又頚椎が歪んでいると、その中を通っている脊髄も圧迫されますし、脳を栄養している椎骨動脈も圧迫され、脳血流量が減少して

偏頭痛やうつなど、認知症、メニエール病なども引き起こします。

頸椎の歪みを矯正することでこのような悩みも解消されやすくなります。

当院の施術では、硬くなった筋肉に対して柔軟性を出してあげるだけでなく、骨格的な歪みの矯正し今ある痛みだけでなく今後痛みの出にくく疲れづらい身体を作っていきます。

当院にはどこの整骨院・整体院に行っても治らなかった方や手術しか治療がないと言われたという方・様々な症状の患者様が来院されます。このような方、今お悩みがある方はお気軽に春風堂接骨院(整骨院・整体院)へご連絡下さい!!

肩こり・首のこりについて

頭痛について

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 石川 皓太(いしかわ こうた)が監修しています。

西東京市 下保谷 田無 ひばりが丘 春風堂接骨院(整骨院・整体院)TEL042-421-5213

 

出産後に腰から股関節の痛みが気になるお母さん

2018.03.17 | Category: 産後の骨盤矯正

こんにちは!

春風堂接骨院(整体院・整骨院) 向です。

いよいよ春らしくなってきましたね、暖かい日が増えてきました。

ただ、朝夜が冷えるなどの気温差があると身体に不調が出やすくなってきます、これはしらないうちに身体が冷えてしまっているためです。

気温が一定になるまで気を緩めずにしっかり体調管理をしてください。

では、今回春風堂接骨院(整体院・整骨院)に来院された出産後三カ月のお母さんの体験談を紹介したいと思います。

 

この患者さまは出産されて3ヶ月春風堂接骨院(整体院・整骨院)に来られて、右腰~股関節、足のつけ根に強い痛みを感じ来院されました。また、肩こりや頭痛もきついとの事でした。

これらの原因は、出産後による骨盤の歪みが原因になってきます。

骨盤とは人間では土台なのです。

土台となる骨盤が歪んでくると、下半身では腰や股関節、膝に痛みや上半身では肩コリが出やすく身体の不調が出やすくなってしまいます。

この方も出産により少なからず歪んでいた骨盤がさらに出産することにより、骨盤が歪んでしまったために腰や股関節に負担がかかる姿勢になってしまっているのです。

なぜ出産により骨盤が歪んでしまうのかというと、出産する際骨盤内にある恥骨結合という部位が出産する時にでるホルモンの影響で開く事でお子さんが恥骨結合部を通り誕生するのが出産の流れなのです。

この恥骨結合という部位が開いたままでいるのが、出産後によく言われる「骨盤の開き」という歪みになってしまうのです。

また、出産する時に全身の筋肉を過度に使用することにより筋肉が硬くなってしまい短縮してしまいます。

筋肉は基本骨と骨の間に張っており、過度に使用することで筋肉が硬く短縮する事で骨を引っ張っる事により骨盤の歪みに繋がってしまいます。

人は通常の生活でも骨盤は歪んでしまいます。

出産されたお母さん達は元々の歪みがある上に、出産する事により更に骨盤の歪みが強くなってしまいます。

骨盤が歪んでしまった上に、筋肉が全身的に硬くなっているので身体の不調はよりいっそう出やすくなってしまいます。

この患者さまは右腰から股関節に痛みが出てるのは、やはり骨盤が歪んでいるからです。

骨盤の左右の高さが変わってきてしまって、足の長さが変わってきているためです。

左右の足の長さが違うと、まず左右のバランスが崩れてしまい痛みがこの方のように偏りやすくなり右の方に負担をかかりやすい姿勢になってしまうのです。

足の長さが違うと、歩きが悪くなり余計に体力を使うことにより知らないうち疲れやすくなっていきます。

当院では骨盤の歪みを整えて筋肉の施術をしていくと、最終的に痛みが無くなるのと痛みが出にくく動きやすい身体を作ることができます。

何か心配なこと、疑問に思う事があれば春風堂接骨院(整体院・整骨院)に遠慮なくご相談ください。

より良い子育てには先にお母さん自体が健康である必要があります。

産後骨盤矯正に関することはこちら

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 向 勇人(むかい ゆうと)が監修しています。

春風堂接骨院・整骨院(整体院・整骨院)

☎:042-421-5213

股関節が変形して痛みが出ている方も骨盤が歪んでいる可能性があります

2018.02.28 | Category: 股関節の痛み

こんにちは!!

春風堂接骨院(整骨院)の石川です。

今週は夜と朝は肌寒く昼は暖かい陽気になる事が多いですね。

私事ですが日曜日にフットサルをやってきました。

フットサルをした後にストレッチをするのを怠ったため次の日は筋肉痛がひどくでました。

友人に筋肉痛すごいよね。と話したところ友人はその日の夜に入念にストレッチをしていたから大丈夫だった!

と聞き改めてストレッチの大切さを知りました。

寒くなると余計筋肉が固まりやすくなります。なのでスポーツする前した後は必ずストレッチをするように心がけましょう。

 

今回は股関節の痛み(変形性股関節)がでて一週間ほど放っておいたら夜寝れないほどの痛み出てきてしまった方をご紹介します。

 

この方は雪が多く振った次の日に雪道をすべり股関節を痛めました。これが主な原因だと皆さんは思うと思います。しかし、これだけで原因ではありません。これも何度もブログでお話させて頂いていますが日常生活やお仕事での蓄積で痛みは出てきます。この方は足を組む癖があり座れば足を組んでいるそうで足を組む姿勢は筋肉を硬くしねじれの歪みが出てきてしまいます。これが徐々に蓄積され軽い動作で股関節の痛み(変形性股関節)が出てきます。当院の施術では筋肉の硬さに柔軟性を出す施術だけでなく骨盤の歪みの矯正も行います。この方のように足を組む癖のある方は骨盤の歪みを矯正することで脚を組むのが違和感に感じ足を組むことが無くなります。西東京 当院の施術はただ、今の股関節の痛み(変形性股関節)を取るだけでなく今後痛みの出にくく疲れづらい身体を作りを目指します。

なにかわからないことや聞きたいことがありました春風堂接骨院(整骨院)へご連絡下さい!!

股関節の痛み(変形性股関節)について

本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 石川 皓太(いしかわ こうた)が監修しています。

春風堂接骨院(整骨院)TEL042-421-5213

 

 

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

代表施術者:柔道整復師 大熊貴之

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院保谷院

店名春風堂接骨院・整骨院保谷院
所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
代表施術者柔道整復師 大熊 貴之