TEL

このような方はお悩みはありませんか

 

  • 頸椎椎間板ヘルニアと診断され手術しか治療法がないと言われた方
  • 腕から手にかけて痺れがある方
  • 握力の低下でモノを持つことが困難になっている方
  • 肩・首の痛み・だるさがある方
  • また頸椎椎間板ヘルニアのような症状を繰り返したくない方

 

①頸椎椎間板ヘルニアの本当の原因とは?

 

頸椎というのは7個の骨で構成されています。第1頸椎は環椎と呼ばれ、第2頸椎は軸椎と呼ばれます。              

環椎と軸椎は第3頸椎以下の椎骨とは形が異なり、椎間板があるのは環椎や軸椎を除いた第2頸椎以下の頸椎に存在します。

まず、椎間板というのは頚椎と頸椎の間にあり、上下の頸椎を支え吸収しクッションの役割をしているものです。          

頸椎の椎間板は老化と共に圧迫されやすく、椎間板が変性することによりその中にある髄核が突出し神経や血管が圧迫さることにより頸

椎椎間板ヘルニアの症状である手の先がしびれる・首の痛みがあるといった症状になります。

しかし、骨・関節や椎間板の変性・頚椎椎間板ヘルニアだけが首の痛みやしびれなどの原因ではありません。

なぜかと言いますと病院などでレントゲンMRIを撮った際、頸椎椎間板の状態や骨・関節の状態などは見ることが出来るが本当の痛み・痺れの原因である骨格の歪筋肉的な硬さをレントゲンやMRIで写すことはできません。

頚椎椎間板ヘルニアと診断を受けどこの治療院へ行っても治らなかった方が西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ多く来

院されます。

 

実際の頚椎椎間板ヘルニア(肩・首の痛み・腕から手先にかけてのしびれ)の原因は日常生活動作が関係してきます。

スマホを下を向きながら触っている姿勢・デスクワークでの前かがみの姿勢・長時間の同じ姿勢の繰り返しなどにより筋肉は硬くなりま

す。なぜなら、姿勢を保つためにまず筋肉を使っていて同じ姿勢を繰り返すことにより筋肉は常に硬い状態になります。筋肉は硬くなる

とその中に通っている血管や神経が圧迫される事により肩・首の痛み・腕から手先にかけてのしびれへと変わっていきます。

整形外科や病院などでMRIやレントゲンを撮り頚椎椎間板ヘルニアと診断を受けた方もそれだけが原因ではなく、骨盤の歪みや筋肉的な硬さも原因になります。なので、整形外科などで頚椎椎間板ヘルニアの治療をし治る傾向にない・良くなるがまた同じ症状を繰り返してしまうなどという方はこの二つの要素(骨格の歪み・筋肉的な硬さ)が取れていないがために頚椎椎間板ヘルニアの症状が消えない・治癒しないというようになってきます。

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)には頚椎椎間板の治療で痛み止めの薬・

注射・電気治療などをしたが良くならなかった患者様が多く来院されこの二つの要素を治療する事により良くなる患者様が多く来院されます。

また、西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では今ある痛みを取り除くだけでなく、今後疲れづらく痛みの出にくい身体作りを患者様と一緒に行っていきます。

 

 

②春風堂接骨院の頚椎椎間板ヘルニアの施術とは?

 

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)には、MRIやレントゲンを撮り頚椎椎間板ヘルニアと診断され、様々な病医院や整体院・整骨院などで施術をし良くならなかった方もしくは、良くなったがまた同じような症状を繰り返すという方が西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)には多く来院されます。

病院などでMRIまたはレントゲンを撮り頚椎椎間板ヘルニアと診断を受けていたとしても、レントゲンやMRIでは椎間板の変性・頚椎椎間板ヘルニア・骨や関節の状態などしか見ることが出来なく、骨格の歪みや筋肉的な硬さは診ることが出来ません。

なので、レントゲンの診断だけでは肩・首の痛み・腕から手先にかけてのしびれなどに直接関係するとは診断ができません。

又、レントゲンなどでの診断で頚椎椎間板ヘルニアと診断されてもそれだけが痛みや痺れの原因とは限りません。

頚椎椎間板ヘルニアの肩・首の痛みや腕から手先にかけての痺れ(神経症状)の実際の原因は、日常生活動作に隠れています。

例えば、同じ肩にバックを掛けることが多い・携帯を下を向きながら見ていることが多い・デスクワークで前傾姿勢になる事が多い・同じ姿勢を繰り返すことが多いなどと言ったこのような何気ない動作の繰り返しにより疲労が蓄積され筋肉は硬くなります。

筋肉が硬くなるとその中にある神経や血管が圧迫され肩・首の痛みや腕から手先にかけてのしびれに繋がっていきます。

さらに筋肉が硬くなると骨格的な歪み(第一頸椎)が生じます。骨格的な歪みがあると筋肉は常に硬い状態になり、ただ筋肉に柔軟性を出す治療をしても骨格的な歪みがあることにより、筋肉はすぐに硬くなります。それがまた同じ部分に負担が多くかかるようになります。これが何回も頸椎椎間板ヘルニアの症状を繰り返し起こしてしまう本当の原因になります。

そして、筋肉だけでなく骨格的な歪み(第一頸椎)によって第一頸椎の中に椎骨動脈という脳に栄養を与えている血管や神経が通っていて第一頸椎が歪み事によりこの神経や血管が圧迫され腕から手先にかけてのしびれや肩・首の痛みやだるさにも生じます。

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)での頸椎椎間板ヘルニアの治療は、西東京市で初めて医師が開発したバキバキしないSPAT矯正法で骨格、骨盤の歪みを取り、本来の正しい姿勢に整え当院独自の筋肉的なアプローチすることにより患者様自身が持っている自然治癒力を最大限に生かし今ある痛みを取り除くだけでなく今後痛みの出にくく疲れづらい身体作りをしますそして頚椎椎間板ヘルニアになりやすいベースを取り除くことが出来るので同じ症状を繰り返すことが少なくなり痛みの出にくく疲れづらい身体を西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では、患者様と一緒に作る事ができます。

※レントゲンを撮り頚椎椎間板ヘルニアと診断を受け、手術をしたが痛みやしびれが良くならなかった方・いろいろな整体院・整骨院などで鍼灸治療・電気治療などを受けたが良くならなかった方・頚椎椎間板ヘルニアの症状は一度や二度で治るものではありません。なので本気で根本的に痛みの出にくく疲れづらい身体・頚椎椎間板ヘルニアの症状が出づらい身体作りを目指したい!!という方は西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へご来院ください!!

患者様の声

 

40代女性 肩・首の痛み 手先のしびれ

 

二年ほど前から首の痛みがあり、放っておけば治るだろうと思い2ヶ月ほど治療はせずに過ごしていると更に症状が悪化し腕から手先にかけてしびれが出るようになりこれはまずいと思い整形外科へ行きました。

整形外科にてレントゲンを撮り頚椎椎間板ヘルニアと診断を受けました。

整形外科では電気治療・痛み止めの注射・痛み止めの薬などといった治療法で薬が効いている時は痛みが感じなくなっていましたが薬が切れると再び痛みが出だすという日常生活に痛み止めの薬が手放せない状態でした。

これはまずいと患者様が思い西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ来院されました。

この方の第一頚椎の歪みは左に傾き・左に捻じれ・ストレートネックの歪みがありました。

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療法は、医師が開発した「バキバキしない」骨格の歪みの矯正に加え、当院独自の筋肉的な治療を行い今ある症状を取るだけでなく、今後、頚椎椎間板ヘルニアになりづらい痛み・しびれの出づらい身体を作ります。

最初の頃はご飯を食べる際、しびれがひどく箸を持つことが困難で、睡眠を取る際にも首に痛みがあり熟睡はすることが出来ませんでした。重症度として高かったので半年ほどかかりましたが、今では月に一度通っていただきメンテナンスをしていただいています。

 

80代男性 手のしびれ 握力低下 首・背中の痛み

 

30年ほど前から手の痺れや首の痛みがあり、そのころには矯正などが主流でなく整形外科にて痛み止めの薬をもらい、肩や首まわりのマッサージや電気治療をして貰っていました。

しかし、ここ半年ほどで手の痺れや背中の痛みがひどくなり寝返りも打てなく重い荷物を持つ際に腕や手に入らず落とすことが多々ありました。これはまずいと西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ来院されました。

この方の骨格の歪み(第一頸椎)は右への傾きがひどくストレートネックの歪みがありました。

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の施術方法は、西東京市初の医師考案の「バキバキしない」骨格的な歪みの矯正にプラスして当院独自の筋肉的な治療を行い、今ある痛みを取り除くだけでなく、今後頚椎椎間板ヘルニアの症状の出づらい身体づくりをします。

最初の頃は仰向けになるだけ痛みが生じ寝返りもうてなく、重い荷物を持つ際手に握力がでなく、荷物を落とすこともありました。今では背中や首の痛みは出ることはなく、握力も上がり重い荷物も持てるようになりました。しかし、少しのしびれがまだあり週に一度通っていただいていてしびれも徐々に感じなくなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

お問い合わせはこちら

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療、産後骨盤矯正、交通事故治療 お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
院長大熊 貴之