TEL
このようなお悩みはありませんか
  • 踵の骨に骨棘ができ足を地面に足がつくだけで激痛が走る方
  • 歩くのに足を引きずりながら歩いている方
  • 歩くと足の裏やかかとに痛みが出る方
  • ランニングを始めたが足・ふくらはぎ・かかとに違和感が出る方
  • 朝起きて数歩は痛みがあるがそのうちに楽になってしまう方
  • また同じ症状を繰り返したくない方
  •      

 

①足底筋膜炎・足底腱膜炎の本当の理由とは?

 

足底筋膜炎(足底腱膜炎)とは足の裏にあるかかとから足先に弓のようについてい足底筋膜(足底腱膜)がマラソンや立ち仕事・ジャンプ動作を繰り返す動きによって足の裏にある足底筋膜(足底腱膜)に負荷がかかってしまう事により足底筋膜(足底腱膜)に炎症が起こり足底筋膜炎(足底腱膜炎)になってしまいます。なので、病院へ行くと骨には異常がありません。と病院へ行くと言われたことありませんか?あるいは、骨に骨棘ができていると言われたことありませんか?立ち仕事やマラソンなどの反復動作により足底筋膜にかかとの骨が引き伸ばされ骨棘が出来ることがあります。これを放っておくと、かかとを地面につくことが出来ないほどの激痛が出てきます。

①マラソンのやりすぎ

②スポーツでジャンプする動作が多い

③体重が増えたから

④偏平足だから

⑤靴が悪いから

などと言ったことが原因で起こると言われています。

そういったことの繰り返しによって足底筋膜炎になります。しかし、足底筋膜炎になってしまう要素というのがあるために足底筋膜炎になってしまいます。

その要素というのが骨盤の歪みや歩く際に起こる足首の歪みです。

まず、足底筋膜炎は片方の足に起こります。これは身体の左右バランスが悪く骨盤の歪みがあると言う事です骨盤の歪みがあると足の長さに左右差が出てきます。そうすると日常生活などで歩く時や同じ姿勢で立っている時左右で負荷の掛け方が変わってきます。負荷の掛け方が変わると片方に負荷がかかりやすくなり、それが蓄積され足底筋膜炎になる要素が出来ます。そこに加えてマラソンやジャンプ動作などを繰り返す事により足底筋膜炎になります。

人は歩く際足首が外側に向きバランスを保ちながら歩いています。足首が外側(過度の回内)を向きながら歩いていると内側のアーチが無くなり偏平足になります。指先からかかと(踵骨)に付着している足底筋膜が本来であれば衝撃を吸収する役割をしますが偏平足になりぺたぺた歩きになる事により本来の役割をすることが出来ず、足底筋膜やその周囲にある筋肉の柔軟性が無くなり硬くなることにより足底筋膜に炎症が起こり足底筋膜炎となり、指先や土踏まず・かかと(踵骨)に痛みが出てきてしまいます。

この二つの要素から足底筋膜炎(足底腱膜炎)になってしまいます

足底筋膜炎(足底腱膜炎)で治ったと思ったらまた繰り返し同じ症状が出てきたという患者様が西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)には多く来院されます。

繰り返し起きてしまうと言う事はこの二つの要素が治っていないと言う事になります

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では骨盤の歪みを矯正し、筋肉的な硬さに対して柔軟性を出す治療を行います。

又、足首の歪みに対しては海外で足専門のお医者さんが使っている矯正具であるフォームソティックス(インソール)を導入しています。

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)ではこの二つからアプローチすることにより今の痛みを取り除くだけでなく今後痛みの出にくく疲れづらい身体作りをしていきます。

 

②足底筋膜炎・足底腱膜炎の施術とは?

 

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)には、足(かかと)を地面につけると激痛が走る・かかとや土踏まずが常に痛むなどと言い、色々な治療院へ行き足底筋膜炎と診断され痛み止めの薬や湿布・マッサージなどをしてもらったが良くならず、西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)に多く来院されます。

実際の足底筋膜炎(足底腱膜炎)の原因はマラソンやジャンプ動作の繰り返しや日常生活での姿勢の悪さ(立ち方・座り方)や歩きかたの悪さから骨盤の歪み・足首の歪みが出てきてしまい、足先からかかとについている足底腱膜が徐々に硬くなりそれが蓄積され、かかとや足先・土踏まずに痛みが出てきてしまい足を引きずるように歩くようになり足底筋膜炎(足底腱膜炎)になってきます。最初にお話ししましたが骨盤が歪むと足の長さが変わり負荷の掛け方が変わってきます。骨盤が歪んでしまう要素として足首の歪みが関係してきます。足首が歪む(過回内)と膝関節が内側を向き膝に痛みが出たり大腿骨が内旋し骨盤が前傾します。なので骨盤の歪みだけでなく足首の歪みも矯正する必要があります。

いろいろな接骨院で治療をしてもらい一時的に良くなったが少し時間が経つとまた同じような症状を繰り返すという患者様が多くいます。

それは骨盤の歪み足首の歪みがあることにより根本的に治っていないから一度よくなっても同じように症状を繰り返してしまいます。

西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療では足底筋膜炎(足底腱膜炎)でお悩みの患者様に対して医師が開発した西東京市初のバキバキしないSPAT矯正法で骨盤の歪みを矯正し本来の正しい姿勢を取り戻す治療に加え、硬くなった筋肉に対して柔軟性を出すためマニュアルメディスンに乗っ取った治療二つからアプローチをしていきます。

そして、海外の足病医(足専門のお医者さん)が足底筋膜炎(足底腱膜炎)などの症状への矯正具として使っているFormthotics  Ⅿedical (インソール)を導入しています。このインソールは足の病態にだけ効果があるわけではなく膝や腰の痛み・骨盤の歪みにも効果があります。国際評価基準にのっとった足の評価を行い患者様一人一人に合ったインソールを作ることが出来ます。

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では患者様自身の自然治癒力を最大限に高めることにより今ある痛みを取り除くだけでなく今後痛みの出にくい身体や疲れづらい身体作りを患者様と一緒に治していきます。

 

※足底筋膜炎(足底腱膜炎)と診断されたが痛み止めの薬や湿布など処方されたが良くならなかった方、いろいろな病院や整骨院でマッサージ、電気治療をしてもらったが良くならなかった方方、足底筋膜炎(足底腱膜炎)の症状が一時的に治っても繰り返してしまう方、足底筋膜炎の症状は一回や二回の治療では治りません。なので本気で根本的に治そうと一緒に頑張ってくれる方は西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ御相談下さい。

 

これが海外のお医者さんが矯正具として使っているFormthotics(インソール)になります

③患者様の声

40代女性 右足かかとの痛み 足先の痛み 腰の痛み

 

一ヶ月ほど前から踵に違和感がありどこに行けばいいのか分からずいろいろな治療院へ行き電気治療や痛み止めの薬・マッサージなどをしました。しかし、一向によくなることは無く悪化していき、かかとを地面につけるだけで痛みがでるようになり西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ来院されました。

 

この症状に対しての西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療は、骨盤の歪みを取り除き正しい姿勢を保持させ筋肉の硬さに対しマニュアルメディスンに乗っ取った治療法の二つからアプローチしていき、今の痛みだけでなく今後痛みの出にくく疲れづらい身体作りを1人1人にあった治療をしていきます。

そして、海外の足病医(足専門のお医者さん)が足首の歪みの矯正具として処方しているFormthotics Medical(インソール)を西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では治療の一つとして取り扱っています。

 

この方の骨盤の歪みは右への傾きの歪みがひどくありました。

この方の仕事は保育の仕事をしていて立っていることが多いそうで、立っている時自覚で右に片寄っている感じがしているといっていました。

右への傾きがあると言う事は足の長さに左右差があり右の足が長くなっている状態になります。そうすると、日常生活で歩いているときなど左右で負荷の掛け方が変わってきます。そして、右の方に負荷がかかりすぎてしまいペタペタ歩きになり足底筋膜が圧迫され続けることにより筋肉が収縮し硬くなり踵の骨が引っ張られ炎症が起こり足底筋膜炎(足底腱膜炎)になってしまいます。

まずは、骨盤の歪みを元々あるいい姿勢へと矯正し、偏平足や足首の歪みを矯正してくれる矯正具(Formthotics Medical)を使い、今ある痛みだけでなく今後痛みの出にくく、疲れづらい身体作りを行いました。

この方は仕事中や家での家事などでインソールを使って頂いていたので三週間ほどで痛みの無い生活に戻りました。

今は足底筋膜炎だけでなくふくらはぎの硬さも取れ腰の痛みも無くなったので上半身をやっています。

 

・30代男性 かかとの痛み 診断で骨棘があると言われた

 

一年前、踵に違和感があり放っておいたら治ると思い一ヶ月ほど放っておくと痛みが少しずつ増えてきたのでまずは整形外科へ行きました。整形外科では踵の骨に骨棘があり、足底筋膜炎と診断を受けました。地面に足をつけるだけで激痛が走りまともに歩くことが出来ず足を引きづりながら歩くのがやっとという形で西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ来院されました。

 

この症状に対しての西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療では初めに骨盤矯正を行わず、緊張し硬くなっている足底筋膜に対して柔軟性を出す治療と足首の歪みを矯正し、いい姿勢を保ってくれるFormthotics Medical(インソール)を使用しました。

 

この方の仕事は常に歩くか立っている仕事をしていて、常に地面に踵が触れ立っているだけでも痛みがある状態でした。重症度としては高く踵に骨棘が出来ていました。骨棘が出来ているということは常に痛み、炎症が出やすい状態です。

この方には足底筋膜の硬さに対し、物理療法とマニュアルメディスンで柔軟性を出しFormthotics Medical(インソール)の治療を行いました。

インソールの履き始めは歪みがあればあるほど違和感を感じます。この方も最初は違和感があり痛みと違う箇所の筋肉が張ってくる感じがあるとおっしゃっていましたが2週間が過ぎた頃には痛みが無くなり足を引きづらなく普通に歩けるようになりました。

今では足底筋膜の柔軟性を出す治療だけでなく骨盤の歪みの矯正も行い、今の痛みを取り除くだけでなく今後痛みの出にくく疲れづらい身体作りをしています。

 

・50代女性 繰り返しのかかとの痛み

 

5年程前に一度足底筋膜炎で痛みがでてそこから毎年のように足底筋膜炎になっていました。最初の頃は治療をしなくても治っていましたが、3カ月前になった足底筋膜炎は良くなることは無く日に日に痛みが増し,更に足先に痺れが出てきたため病院を受診され、足底筋膜炎とモートン病ではないかと言われ薬や電気などやられていたそうですが良くならず、このままでは仕事に支障が出てしまうと西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ来院されました。

この方の場合、繰り返し足底筋膜炎になっています。繰り返しなってしまうと言う事はその要素があると言う事になります。その要素というのが骨盤の歪みや足首の歪みになります。

結果足首の歪みがモートン病に繋がっています。

この症状に対しての西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療は骨盤の歪みを取り除き足底筋膜の硬さに対してマニュアルメディスンに乗っ取った治療法の二つからアプローチをしていき、モートン病の原因である足首の歪みに対してFormthotics Medical(インソール)の矯正具をしてもらい神経症状に対して患部に高周波治療器をあててもらいました。

この方は長年の足底筋膜炎があり重症度が高かったため通常の方よりも時間がかかりましたが15回程の治療で歪みと痛みがなくなり、その後足の神経症状もなくなりました。

西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)ではこの2つの要素を取り除き、今ある痛みを取り除くだけでなく今後痛みの出にくい身体作りをすることができます。

足底筋膜炎や腰の痛みなどを繰り返し起こさないためには定期的なメンテナンスが必要になってくるので今は月に1度から2度西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ来院してくれています。

 

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

お問い合わせはこちら

代表施術者:柔道整復師 大熊貴之

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療、産後骨盤矯正、交通事故治療 お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
代表施術者柔道整復師 大熊 貴之