TEL

こんなお悩みの方いらっしゃいませんか

治療方法が手術しかないと言われた方

・ブロック注射を打っても痛み止めを飲んでも改善されない方

・腰椎椎間板ヘルニアで痛みや痺れがあり休憩しないと歩けない方

・腰椎椎間板ヘルニアの神経症状が出ると仕事に支障が出てしまう方

・手術をしても良くならなかった方

 

  ①腰椎椎間板ヘルニアの本当の理由とは?

 

腰椎椎間板ヘルニアとは腰部にある脊椎の椎骨と椎骨の間にクッションの役割をする椎間板軟骨が変性し、椎間板組織の一部が椎間孔に飛び出し神経や血管が圧迫されることにより腰の痛み、腰から足にかけての痺れ(坐骨神経痛)がでる事を指します。

椎間板には座っている、立っている等の日常生活動作でも負荷はすごくかかっています。年を重ねる事に骨を支える筋力は落ちていくので姿勢を保つ事ができず、椎間板に負荷がかかってしまう事で腰椎椎間板ヘルニアを発症してしまいます。

ですが、骨や関節の状態・椎間板の状態だけが腰の痛みの原因では限りません。

なぜならドクターがよく診断するレントゲンでは骨や関節の状態・椎間板の状態しか見ることができません、骨盤の歪みの状態や筋肉の状態は見る事が出来ませんそのため、骨や関節の状態・椎間板の状態だけが腰椎椎間板ヘルニアによる痛みやしびれの原因とは限らないのです。

椎椎間板ヘルニアと診断受け、西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整骨院・整体院)に来院される方は多くいらっしゃいます。

本当の腰椎椎間板ヘルニアの腰痛・足先から腰にかけてしびれの原因は日常生活動作での悪い姿勢の繰り返しやお仕事(デスクワークなど)での長時間同じ姿勢の繰り返し、荷物をいつも片側で持つなどのバランスの悪い姿勢などによりの骨盤の歪みがでてきます。それに伴い筋肉が硬くなり筋肉の中にある神経や血管が圧迫されることにより腰椎椎間板ヘルニアの症状の神経症状が出てきます。そしてさらに筋肉が硬くなると骨盤の歪みが出てきます。骨盤が歪んでくると筋肉自体柔軟性の取れた筋肉を保つことが出来ず、腰の痛みや腰から足先へのしびれなどが常に出てきてしまいます。

なので、骨・関節の状態・椎間板の状態だけを重視するのではなく骨格的な歪みの状態や筋肉的な状態を良くしてく根本的な治療が必要になります。

また、実際に腰椎椎間板ヘルニアが原因であったとしても、腰椎椎間板ヘルニアになってしまう筋肉的な硬さや骨盤の歪みの要素が元々あり、通常の人より腰椎椎間板ヘルニアになりやすいベースあるため、腰椎椎間板ヘルニアになってしまいます。

一回腰椎椎間板ヘルニアが治ったと思ったらまた繰り返してしまうというのはこの二つが治っていないが為に繰り返し起こしてしまいます。

この二つ(筋肉的な硬さ・骨盤の歪み)を治すことにより根本的に改善されることにより、腰椎椎間板ヘルニアになりづらい身体・疲れづらい身体づくりになります。

この椎間板ヘルニアの症状の原因をつきとめ、また同じような症状が出にくい身体をつくる治療を西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では行っていきます。

②春風堂接骨院の腰椎椎間板ヘルニアの施術とは?

 

西東京市 春風堂接骨院(整体院・整骨院)には、病院でレントゲン・MRIをとり腰椎椎間板ヘルニアと診断され、いろいろな治療院へ行きいろいろな治療・痛み止めの薬・痛み止めの注射などをしたが良くならないといった方が西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ来院される方が多くいらっしゃいます。

整形外科などでレントゲンを撮り腰椎椎間板ヘルニアと診断を受けたとしても、レントゲンでは関節や骨の状態・椎間板の状態しか見ることが出来なく、筋肉の状態・骨盤の歪みの状態というのは見ることが出来ません。

レントゲンやMRIなどで腰椎椎間板ヘルニアと診断を受けたからと言い、それだけが腰から足にかけてのしびれや腰の痛みなどに直接関係すると言う事ではありません。

もし、レントゲンなどで腰椎椎間板ヘルニアがあったとしてもそれだけが腰の痛み・足先のしびれの原因とは限りません。

実際の腰椎椎間板ヘルニアの腰の痛み・神経症状の原因は日常生活動作でのいつも同じ足で脚を組んでしまう・ソファーで昼寝をしてしまう・座り仕事・立ち仕事などによる同じ姿勢の繰り返しなどにより筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなる事によって、その中にある血管や神経が圧迫され腰椎椎間板ヘルニアの症状と同じ腰の痛み・腰から足さきにかけての痺れがでてきます。

そして、筋肉がなぜ硬くなってしまうかというと骨盤の歪みが関係してきます。骨盤の歪みがあると身体の左右で負荷のかかり方が変わり、片方の筋肉が硬くなることにより、左のほうが痛みが強く出る・左だけ痺れが出るなどというようになってきます。

ただ、マッサージのような筋肉的な治療や電気治療などで治療をしたとしても、対症療法で一時期は痛みが無くなるが、また少し時間が経つと同じような症状を繰り返してしまいます。

西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)での腰椎椎間板ヘルニアに対しての治療法は医師が開発したバキバキしないSPAT矯正法にて骨盤の歪みを矯正します。その治療に加え、硬くなってしまった筋肉に対して当院独自の筋肉的な治療を行い、現在抱えている症状を取り除くだけでなく今後痛みの出にくく疲れづらい身体作りをしていきます。

※病院にて腰椎椎間板ヘルニアと診断を受け治療法が手術しかないと言われた方、整体院などで鍼灸治療やマッサージブロック注射などの治療をしたが良くならなかった方、腰椎椎間板ヘルニアの症状を何度も繰り返し起こしてしまう方、                                              腰椎椎間板ヘルニアの症状は一度や二度の治療では症状は落ち着きますが治りません。なので本気で治したい!!思う方は西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ御相談下さい。

③患者様の声

40代男性 腰から足にかけてのしびれ 腰の痛み 

 

半年ほど前から足先にしびれが感じ整形外科へ行きレントゲンを撮り腰椎椎間板ヘルニアと診断を受けました。整形外科での治療はブロック注射や痛み止めの薬などの治療法をしていただいていました。それだけではよくならずしびれの出る頻度やしびれの出る範囲が足先だけだったのが腰から足にかけてしびれがでるようになり、日に日に症状が悪くなり西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ来院されました。

ブロック注射などで腰椎椎間板ヘルニアの症状が一時的に落ち着く感じはあると思いますが筋肉的な要素や骨盤の歪みがブロック注射で治っているわけではありません。なので、痛み止めが切れるとまた再び痛みが出てきます。

 

この症状に対し西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療は、当院独自の筋肉的な治療に加え、骨盤の歪みの二つからアプローチしていき1人1人症状は違うので1人1人にあった治療法をしていきます。

 

この方の骨盤の歪みは左に傾き・左に捻じれ・前傾の歪みがありました。

デスクワークの仕事をしていて前と左側にパソコンがあるそうで左を向く事が多くこういった日常(お仕事)での小さな蓄積がこういった骨盤の歪みを引き出します。

この方はお仕事時間が長く毎日腰が張る・肩が張るということでお仕事中でもできるストレッチ方法を指導しました。

そして、当院ではプロのスポーツ選手などが使用している立体動態波を導入しており、骨盤矯正・筋肉的な治療に加え立体動態波を使用していただいています。腰椎椎間板ヘルニアのような腰の痛み・腰から足にかけてのしびれによく効き、立体動態波を使用しているか、いないかで治る速さが変わってきます。

しびれを取り除くには腰痛などに比べると時間はかかるのですがこの方は仕事場や自宅で常にストレッチをしていただいて、立体動態波も使っていただいていたので他の患者様に比べ症状の落ち着くスピードが速く三ヶ月ほどでしびれや腰の痛みは無くなり、雨の日などの気圧の問題などでも出ることが無くなりました。

 

・50代女性 痛み止めでは効かない腰から足先にかけての痺れ

 

ちょうど1年前に腰に痛みがあり少し時間が経てば落ち着いてくると思い放っておくと腰から足先にかけ痺れが出てきてしまい整形外科でレントゲンを撮ると腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。治療法としては痛み止めの薬やブロック注射のみでした。最初の頃は痛み止めが効いていたが症状が悪化するにつれ痛み止めは効かなくなり、歩くのに足を引きずるようになり西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ来院されました。

 

この症状に対し、西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療は医師が開発したSPAT矯正法を行い、当院独自の筋肉的治療の二つからアプローチをし、今ある痛みを取るだけでなく今後痛みの出にくく疲れづらい身体作りをしていきます。

 

骨盤の歪みは左に傾き・右へ捻じれ・前傾の歪みがありました。

この方は立ち仕事をしていて立っている際片方に体重をかけ立つ癖があると言っていました。片方に体重をかけてしまうと片方の筋肉だけが硬くなりそれが蓄積されると骨盤の歪みが出てきてしまい、痛みに左右差が出てきます。

このほかにも足を組む癖などもあり、そのような些細な日常生活での動作の積み重ねにより筋肉がかたまり骨盤の歪みが生じ痛みや痺れへと変わっていきます。

この方には自宅や仕事場でもできるストレッチ法を指導し、日常生活動作の指導なども行いました。

又、当院には椎間板の変性に良いと言われているサプリメントがあり、そちらを飲んでいただいています。このサプリメントを飲むことにより椎間板の状態だけでなく身体全体の調子が良くなり風邪を引くことが無くなったとおっしゃっていました。

この方は約半年程で症状は落ち着き今では症状が無いのですが月に二度趣味であるゴルフをした後に通っていただいています。

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

お問い合わせはこちら

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療、産後骨盤矯正、交通事故治療 お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
院長大熊 貴之