TEL

脊柱管狭窄症

このような方はお悩みはありませんか

「無料イラスト ...」の画像検索結果

  • 病院で脊柱管狭窄症の痛みを取る事は手術しかないと言われた方
  • 病院で手術の結果、症状が変わらなかった方
  • 薬・注射を病院で受けても症状が変わらず治らない方
  • 外に出た際、短時間に一度休まないと歩くことが継続できない(間欠性跛行)
  • 整体院・治療院等様々な治療受けてきたが、痺れや痛みが変わらず結果、薬に頼ってしまっている方
  • 腰~お尻~足にかけて痛み・痺れを感じている方

 

①脊柱管狭窄症の症状になる原因とは?

よく整形外科や病院では原因では、背骨の変形・変性によって脊柱管が狭くなり圧迫されている状態の事を言います。また、この背骨の変形・変性は年齢的な要素も大きく関わってきてしまいます。

実際に人は年を重ねるごとに脊椎・背骨の椎間板の軟骨内の水分が減少、さらに年々軟骨がすり減っていってしまう事でにより背骨内の脊髄から神経がでる椎間孔が狭くな狭窄する形で圧迫してしまうことがあります。

ただ、お医者様が脊柱管狭窄症と診断されていてもこれらが原因とは限らない事が多くあります。

患者様がPCやスマホで脊柱管狭窄症と検索してみると、間欠性跛行や下半身の痛み・痺れが主に症状として出てくるのが多いと思われます。

脊柱管狭窄症では、痺れだけではなく、腰~お尻~足にかけて下半身の痛み、もしくは痛み自体が出ない、または感じないといった患者様もいらっしゃいます。

脊柱管狭窄症になると症状が変わらない・改善されない、なにをしても歩く時間が長くは出来ないといった事がよく聞かれますが、西東京市 下保谷にある春風堂整骨院(整体院・接骨院)の治療ではお医者様に脊柱管狭窄症と診断されて手術でしか治らないと言われた方の症状を改善し、長く歩く事が出来るようになります。

実際にこれらの症状を訴えて来院され、改善している患者様はいらっしゃいます。

脊柱管狭窄症といわれる症状の実際の原因の多くでは、背骨自体のS字カーブが正常ではなくなり歪んでしまっている状態での長期間の維持からきてしまっているのです。

脊柱管狭窄症の歪んでしまっている状態とは、骨格の特徴は背骨が反ってしまっている状態にあるのです。

このS字状のカーブが正常にない、歪んだ状態が長引いていると、背骨にある脊柱管の間が狭くなってしまう事で、神経・血管を狭窄する形で圧迫されてしまい痛みや痺れが出てしまいやすい状態ができてしまいます。

この背骨が反ってしまう事により、S字状カーブが正常の状態を保つ事が出来ないでいる原因には骨盤の歪みが原因になってきます。

骨盤とは、人間の身体では土台となる場所です。人間の背骨は骨盤の上に乗っている状にあり、骨盤が歪んでしまうとその上に乗っている背骨自体の歪みも強く出てしまいやすくなり、これにより腰が反ってしまう事でS字カーブが正常の状態を保つ事が出来なくなっていきます。

土台となる骨盤が歪んでしまう事により、余計姿勢が悪くなってしまい、下半身自体の筋肉が硬くなる事で柔軟性が無くなり、それらにより血行が悪くなる事も原因になってきてしまうので骨盤だけでなく筋肉へのアプローチ・治療の施術が必要がなってきます。

②春風堂接骨院の脊柱管狭窄症の施術方法とは?

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院・整骨院)では脊柱管狭窄症の患者様に応じて、腰椎・背骨の正常な動きや構造になるためにはヒトの土台となる骨盤を整える施術を行っています。

また、背骨・脊椎の歪みだけが原因ではないのが多々あるので患者様の一人ひとりに応じて原因を探りながら治療を行います。

患者様、それぞれにあった原因へのアプローチ、骨盤の歪みから腰からの下半身、股関節の筋肉、大腿四頭筋、ハムストリングスなどの筋肉の柔軟性を出すための治療を当院では行っていきます。

その結果、背骨の反りが減少する事によりS字状カーブが正常に維持できるようになっていく事で、神経の圧迫を取り除くことができていく事で痛みが出ないよう改善されていきます。

また、西東京市 下保谷 春風堂接骨院の骨盤(骨格)矯正は「バキバキ」させず安心安全でドクターが開発した「SPAT」という骨盤矯正を導入しております。

これらは、他の整骨院・治療院や整形外科・病院ではできない当院の独自の治療法になります。

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院・整骨院)では、骨格・骨盤から整えていき筋肉の治療を同時にやることによって脊柱管狭窄症による痛みや痺れを取り、最終的には動きやすく痛みが出にくい身体を作っていきます。

薬を頼ることや手術をやりたくない、ちゃんとご自身に合わせた脊柱管狭窄症の治療を受けて本気で身体を治したい一度西東京市 春風堂接骨院(整体院・整骨院)までご相談ください。

 

患者様の症例

痛み止めを飲まなくて良くなりました(50代女性)

この方は二年前に整形外科で脊柱管狭窄症と診断されてから、ずっと歩くだけでも痛く足の痺れも出ており、最初は整形外科の痛み止めのみの治療で全く良くならないと来院されました。

様々な治療を試してみましたが、良くならないとの事でした。

この方は骨盤が前傾しており、前傾していることに事によって下半身の筋肉がハリが出やすくなってしまっていました。

また、前傾になる事で背骨は曲がりが強くなり猫背になってしまっているために神経・血管を圧迫されてしまう事でこのような症状にも繋がってしまいます。

これらの骨盤の歪みや筋肉のハリ・硬さをとっていく事で動きやすくなり、神経の圧迫が減る事で症状の改善に繋がってきます。

この方は二年前から続いているので、どうしても時間はある程度かかってしまいます。

ですが、しっかり治療していく事により今では症状は改善し、痛み止めの薬など必要にならなくなり長時間歩けるようになりました。

脊柱管狭窄症から来るしびれが治った(40代女性)

この方も整形外科で脊柱管狭窄症と診断され来院されました。

この方はお尻から右足にかけて痺れがでてしまっていました。

骨盤の状態は右に傾いており、前傾して右に捻じれが出ている状態にありました。

まず前傾が出ていると下半身(お尻~太腿)にハリが出やすく硬くなりやすい。

右足に痺れがでてしまっているのは骨盤の左右のバランスが崩れてしまっており、右の方に負担がかかる姿勢が多いために、このように左右差が出てしまいます。

負担が片寄る事で余計筋肉が硬くなり、それが神経を圧迫する原因にもなってきます。

この患者様はまず骨格の歪みによって神経を圧迫されている状態を改善し、筋肉の硬さを取る事で中を通っている神経への圧迫を取る事でお尻から足の痺れが改善されていきます。

今では痺れはとれ、通常の生活を送る事が出来るようになりました。

長く歩けるようになった(60代男性)

この方は腰が痛く長い時間の歩行ができなくなっているとの事で来院されました。

この方も整形外科で脊柱管狭窄症と診断され、手術しかないと言われたとの事でした。

ですが、この方は手術はしたくはないとの事で来院されました。

この方も骨盤の歪みが強くでており、歪みにより筋肉の硬さ・ハリが出やすくなってしまいます。

これらにより、腰の痛みが出てしまうのです。

ただ、この方は長年の間患っており、あんまり動く事ができていないためもあり筋肉が少なくなっているのも原因になってきています。

筋肉が少なくなってしまうと、身体を支える事ができなくなり余計に痛みが出やすくなってしまいます。

この患者様には骨盤を整えて、筋肉の硬さを取った上で筋肉強化のためコアレを受けて貰う事で全体的に身体を整えて痛みを取る事ができます。

今では、痛みもなく歩けるようになりました。

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

お問い合わせはこちら

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療、産後骨盤矯正、交通事故治療 お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
院長大熊 貴之