TEL

胸郭出口症候群

このような方はお悩みはありませんか

「腕の痺れ イラスト」の画像検索結果        「腕の痺れ イラスト」の画像検索結果

 □普通に生活しているだけでも腕が重い、痺れる

 □腕を上げた時に手や腕に痺れが出る

 □何をしてなくても手が冷える

 □手や腕に鈍い痛みが常にある

 □スポーツなどで肩を痛めてから痛みがずっととれない

①胸郭出口症候群の症状になる原因とは?

「胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)」とは、首と胸の境目にある「胸郭出口」と言われる部位で血管、神経が圧迫されたり締め付けられる事で血流障害が発生してしまい上肢(手や腕)に痛み、しびれ、重ダルさが出てきてしまい、悪化すると筋力低下や手の麻痺などが出てくるものです。

 

通常20歳前後の女性がやや多い病気になります。

また、なで肩や猫背体型の方に多く、男性では野球など肩をよく使うスポーツなどで肩を傷めた方にもよく起こる事もあります。

胸郭出口症候群は胸郭と言われる部位が狭まる事で発症してしまいますが、狭まる原因は実は3つあります。

 

・斜角筋症候群

首前方の方から第一肋骨に伸びる、前斜角筋と中斜角筋という2つの筋肉があります。

この前斜角筋と中斜角筋の間には斜めに走行するのでそのすき間には斜角筋隙(しゃかくきんげき)というのがあり、この斜角筋隙には腕に向かう神経・血管が通っています。

この前斜角筋と中斜角筋の緊張が強く硬くなることによって、斜角筋隙が狭くなり神経・血管を絞めつけてしまいます。

・肋鎖症候群

斜角筋隙を通った神経・血管は、次に第一肋骨と鎖骨の間を通っていきます。この間を(肋鎖間隙)と言われる部位になります。

なで肩や猫背のように、姿勢が悪くなっていくと鎖骨と肩甲骨が下に移動した状態(下制)になってしまい、肋鎖間隙自体が狭くなってしまうために神経・血管が圧迫されてしまいます。

・過外転症候群

肋鎖間隙を通った神経・血管は、次に胸の筋肉の1つである小胸筋の下の隙間である小胸筋下間隙という部位を通過します。

小胸筋が強く緊張し固まってしまった状態では腕を横に挙げる(外転)と、神経・血管に絞めつける力と引き延ばされてしまう力が加わってしまい症状が発症してしまいます。

よく電車などでつり革を握る動作や高い所の物を取ろうとして腕を上げた時の動作や重たいものを持ちあげる動作、野球などの投球動作時などに症状が出やすくなってきます。

 

②春風堂接骨院(整体院・整骨院)の胸郭出口症候群への施術方法とは?

当院の胸郭出口症候群の施術は、歪んでしまった胸椎などの骨格の歪みをとっていき硬くなった筋肉の施術をしていきます。

猫背 イラスト に対する画像結果胸椎や骨盤が歪んでしまうと猫背になってしまい、背中が丸くなる事で鎖骨の位置も変動してしまいます。

鎖骨が正常の位置にあると、真正面から見れば軽いV字状の位置にあるのが正常なのです。

 

これが猫背になってしまうと、V字ではなくなり平坦(フラット)状態になってしまう事により鎖骨周りの筋肉引っ張られる形で緊張が出やすくなることで硬くなってしまいます。
ソース画像を表示

また、平坦(フラット)になる事で筋肉だけじゃなく鎖骨自体が神経・血管を圧迫してしまうことで胸郭出口症候群を発症していまいます。

この平坦になった状態を正常に戻すために骨格の歪みを取るために骨格矯正をしていきます。

猫背になっている原因で背骨の歪みがよく言われる所ですが、背骨の歪みは骨盤の歪みからきていることが多いので骨盤の歪みを整えた方が良い場合が多いです。

骨盤は人間で言えば土台になります。

背骨は骨盤の上に乗っている状態で、土台が歪んでしまうと上半身にも悪影響が出てしまうので、胸郭出口症候群の方にはまず背骨(胸椎)の歪みを取った上で、再発を防ぐために後には骨盤をと整えて頂きます。

当院では骨格・骨盤を整える時にSPAT矯正法を導入しています。

SPAT矯正法とは鹿島田先生が操体法をベースに開発した矯正法です。

 

SPAT矯正法では「バキバキ」「ボキボキ」せずに受けられる矯正法です。

また、胸郭出口症候群で首・胸だけではなく背中の筋肉が硬く緊張しているで骨格の矯正すると同時に筋肉の施術を行っていきます。

また、骨格の歪みにも筋肉の硬さは関係してきます。

筋肉は基本骨と骨の間に張っているので、筋肉が硬くなってしまうと短縮してしまって骨を引っ張る形で歪みにも関係してきます。

当院では筋肉的施術(マニュアルメディスン)筋膜リリース等を併用して施術していきます。

骨格の歪みを取った上で筋肉の施術を行っていく事により、痛みを取った上で動きやすく痛みの出にくい疲れづらい身体作りを目指します。

また、猫背など歪んだ姿勢になってしまった原因の一つには筋力の衰えが関係してきます。

一番大事なのは体幹の筋肉(インナーマッスル)です。寝るだけトレーニング「コアレ」

インナーマッスルは骨や内臓についている深部の筋肉で、インナーマッスルが衰えてしまうと骨を支える力が弱くなり歪みに繋がってきてしまいます。

当院では、インナーマッスルを鍛えてくれるコアレというEMSを導入しております。

コアレは寝たままの状態でインナーマッスルを鍛えてくれるもので、痛みがある方でも受けられます。

当院では再び痛みが出ないために、骨盤・骨格を整えて筋肉の硬さ・柔軟性を出した上でコアレを受けてもらう事で胸郭出口症候群が出にくい身体作りを目指します。

また、その後には生活を変えて頂くために足首の骨格を矯正してくれるインソールを履いてもらう事で通常の生活で歪みを出にくくしてもらい、より良い生活を送れるようにしてもらっています。

 

ただ、人により歪みや原因はそれぞれ違うので患者様一人一人に合わせた治療を春風堂接骨院(整体院・整骨院)では施術させて頂きます。

今の痛みで首・肩等の身体の痛み・不調が気になる、どこいっても治らない方は一度当院、春風堂接骨院(整体院・整骨院)にご相談下さい!


骨盤・骨格矯正(歪の調整)= SPAT、治療(筋肉の柔軟性)= マニュアルメディスン、筋力トレーニング = コアレ

効果的で医師免許を持つ医師が開発した特別な施術方法です

「コアレ」が大幹を鍛えられる理由

@

 

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

お問い合わせはこちら

代表施術者:柔道整復師 大熊貴之

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院保谷院

店名春風堂接骨院・整骨院保谷院
所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
代表施術者柔道整復師 大熊 貴之