TEL

肩こり・五十肩

このような方はお悩みはありませんか
        肩こり イラスト に対する画像結果        五十肩 イラスト に対する画像結果
  • デスクワークなどお仕事終わりなどに肩が凝る感じがする方
  • 寝返りする際に肩に痛みが生じ寝つきが悪い方(夜間痛)
  • 朝方に痛みで目が覚める方
  • 肩・腕が上がらず肩を動かすのが困難になっている方
  • 五十肩・四十肩と診断され痛み止めの注射や痛み止めの薬しか処方せず良くならなかった方
  • 肩こり・五十肩から来る頭痛が気になる方
  • 服を着る際に肩に痛みの出る方
  • 五十肩・四十肩で肩の可動域が無くなり仕事に支障が出る方 

  

①肩こり・五十肩の本当の理由とは?

五十肩・四十肩とは名前の由来通りで40~50代に多く診られるもので『洗濯ものを干そうとしたら肩が痛くて上がらない』『衣服の脱ぎ着が肩に痛みが走る』『寝返りの際肩に痛みが生じる』などといった普通の肩こり等とは違い日常生活で支障をきたす症状になります。

レントゲンを撮ると肩関節周囲炎・石灰性腱炎などと言われ肩関節周囲の組織が退行変性により何らかが原因で突発的に起こり五十肩・四十肩のような肩に痛みが出たり肩を動かしたときの運動時痛などがでると言われています。

世間では原因が不明で突発的に40~50歳代の方が多く、その年代に肩に痛みが出ることが多いので五十肩・四十肩と言われています。

実際の五十肩・四十肩の原因としては日常生活動作にて動きすぎ・使い過ぎ(オーバーユース)や動かさなすぎ・使わな過ぎによって筋肉が硬くなり拘縮状態にあります。使い過ぎの場合は家事や仕事などで同じ動きの繰り返しによって筋肉が疲労し緊張した状態になります。その緊張した筋肉に対し柔軟性を出すストレッチなどをしないと筋肉が常に張っている・緊張している状態になってしまい、それが徐々に蓄積され、ふとした動作(洗濯ものを干そうとしたとき)などに突発的な痛みが出ます。一見そのふとした動作が原因だと思う方が多いのですが実は日に日に蓄積されていた筋肉の緊張、拘縮が原因になります。

動かな過ぎ(使わなすぎ)の場合、デスクワークなどの長時間の同じ姿勢を繰り返すお仕事や寝ている時片方に傾けながら寝ている・手をつきながらテレビを見ている・片方の肩によくバックを掛ける。などの日常生活やお仕事の積み重ねにより蓄積され、筋肉が硬くなります。

このような二つの要素により筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなると骨格的な歪み(上部胸椎)の歪みが出てきます。四十肩・五十肩は片側の肩に出ることが多いです。片側の肩に出ると言う事は左右のバランスが崩れており事0骨格的な歪み(上部胸椎)があると言う事になります。

骨格的な歪み(上部胸椎・猫背)があると肩が内側に入り込みそこで筋肉が硬まると可動域に制限が掛けられ、腕を上げようとすると痛みが生じます。痛みが生じると腕を動かさなくなります。そうすると更に筋肉が硬まり更に可動域が無くなり肩こり・五十肩のような肩の痛みへと変わります。

これらの事で四十肩・五十肩・肩関節周囲炎・石灰性腱炎とされ二年・一年・半年間、痛み止めの注射や痛み止めの薬、運動療法などで治療をしたが良くならなかった方が多く来院されています。

◎肩こりはなぜ起こるのか?

肩こりはなぜ起こるのか患者様から質問されることがよくあります。

その原因というのが、日常生活動作での些細な動作が原因になり、例えば片側の肩にバックを掛けたり・座った時必ず足を組むなどのこのような悪い姿勢の繰り返しやお仕事中(デスクワークなどの座り仕事や立ち仕事)等の同じ姿勢の繰り返しにより骨格の歪み(上部胸椎)がでてきます。そうなると筋肉が硬くなりやすくなり、その中にある神経や血管が圧迫され肩こりのような肩の痛みや重症度として高くなるとしびれなどが出てきます。

肩こりの治療を接骨院などで行い良くなるがまた繰り返してしまうという方も多くいます。

なぜ繰り返してしまうのかというと根本的な原因を治していないからです。

又、肩こり・五十肩・四十肩を繰り返し起こしてしまう方は肩こり・五十肩になりやすいベース(元々の身体の状態)があるため繰り返し起こしてしまいます。

肩こり・五十肩・四十肩を繰り返し起こしてしまうと言う事はこの二つの要素(上部胸椎(猫背)の歪みや筋肉の硬さ)が根本的に治っていない為に繰り返し起こしてしまいます。

この筋肉の硬さや骨盤の歪みを調整する事によて根本的に改善され肩こりや五十肩になりにくく、今後痛みの出ずらい身体作りなります。

肩こりや五十肩・四十肩の本当の原因・症状の原因をつきとめ、また、同じ様な症状を繰り返し起こさない身体を作る事を行っていきます。

 

②春風堂接骨院の肩こり・五十肩への施術とは? 

当院ではレントゲンを撮り五十肩・肩関節周囲炎・石灰性腱炎等とされ、色々な整骨院・整体院などへ行き、はり灸治療や電気治療・痛み止めの薬などを処方してもらったが、全く良くならなかった方や良くなるがすぐ同じ痛み(肩こり・五十肩)を繰り返してしまうといった方が来院されます。

レントゲンで五十肩・肩関節周囲炎・石灰性腱炎と診断されてもそれはレントゲンの診断であり骨や関節の状態しか見れなく、筋肉がどのようになっているのかや骨格的な歪み(上部胸椎)はどのように歪んでいるのか、などというのはわかりません。

なのでレントゲンで五十肩・肩関節周囲炎・肩関節石灰沈着と診断された。からと言ってもそれだけが原因でありません。

実際の五十肩・肩関節周囲炎・石灰性腱炎の肩の痛みの原因は上記でも述べていますが、日常生活やお仕事など自分では悪くないと思っている些細な姿勢(片側にバックを掛ける・横向きで寝ている)や動作を繰り返すことにより知らず知らず蓄積され筋肉が硬くなることにより骨格的(上部胸椎・猫背)な歪みが出てきます。筋肉が硬くなり骨格的(猫背・上部胸椎)の歪みが出てくるとその中にある神経・血管が圧迫され肩の痛み・ツッパリ感や重症度として高い方だとしびれなどが出てきます。

又、なぜ片側の筋肉が硬まってしまうのかというと骨格的な歪みがあるからです。骨格の歪みがあると左右での力の掛け方負荷の掛け方が変わり、片側の筋肉が硬くなり、右だけに痛みがでたり・左だけに痛みが出てしまうようになります。

なので、筋肉的な治療だけだとかはり治療やマッサージなどをやったとしても一時的に状態はよくなります。しかし、また少し時間が空くと同じような症状(五十肩)が出てきてしまうのでその繰り返しになってしまいます。

肩こりも同じで骨格的な歪みがあると筋肉は硬くなりやすく肩こりのような肩の痛みや重症度として高くなるとしびれなどが出てきます。

肩こり・五十肩でお悩みの患者様に対して西東京市初の痛みの出ない・バキバキしないSPAT矯正法で骨格(胸椎)の歪みを矯正し元々ある良い姿勢を取り戻す治療に加え、硬くなった筋肉に対して柔軟性を出す治療の二つからアプローチをしていき、一人一人症状が違ってくるので1人1人にあった治療を行い、元々ある患者様自身の自然治癒力を最大限に高めることにより今ある痛みだけでなく、今後痛みの出にくく疲れづらい身体作りをしていきます。

 

※病院・整骨院・整体院で鍼灸治療・電気治療・運動療法や痛み止めの薬痛み止めの注射などをしたが良くならなかった方、肩こり・五十肩の症状が良くなって悪くなってを繰り返してしまう方、五十肩の症状は一回や二回の治療では治らないです。

本気で根本的に変えて痛みの出にくく疲れづらい身体作りを一緒に頑張ってくれる方当院へ御相談下さい。

 

 

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

お問い合わせはこちら

代表施術者:柔道整復師 大熊貴之

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院保谷院

店名春風堂接骨院・整骨院保谷院
所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
代表施術者柔道整復師 大熊 貴之