TEL

 

このような方は当院へ

坐骨神経痛

  • 長時間同じ姿勢を繰り返すと痛みや痺れが出てくる。
  • 歩く際足を引きずりながら歩いている方。
  • 短い距離でも休憩をはさまないと歩くことが出来無い方。
  • レントゲンにて坐骨神経痛と診断され施術方法が手術しかない言われた方。
  • 整骨院や病院などいろいろな医院で治療を受けたが良くならなかった方。
  • また同じような症状(坐骨神経痛)を繰り返したくない方。

 

 

➀坐骨神経痛の本当の原因とは?

坐骨神経痛というのは腰部から足の先にかけて繋がっている坐骨神経が腰椎椎間板ヘルニア(坐骨神経痛)などにより血管・坐骨神経が圧迫された際に腰から足にかけての痺れが出ることが多いと言われています。

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などでこのようなしびれや腰の痛みが出ると言われることが多いが実際の坐骨神経痛の原因は患者様によって異なり、お仕事での疲労の蓄積や日常生活での悪い姿勢の反復動作などにより蓄積され痛みやしびれが出てくるケースが多いです。脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア(坐骨神経痛)と診断されたとしてもそれだけが原因ではなく、日常生活での悪い姿勢の繰り返し・お仕事での疲労の蓄積により筋肉は硬くなり骨盤の歪みがでてきます。骨盤の歪みが出てくると常に筋肉が硬い状態になります。筋肉が硬くなるとその中にある血管や神経が圧迫され足先から腰にかけて痺れの感じや腰の痛みがでてきます。
坐骨神経痛に限らず神経症状MRIやレントゲンで診断されます。

しかし、骨や椎間板・関節の状態・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症だけが痛みや痺れの原因ではありません。
また、神経症状が出ている箇所だけが悪いというわけではなく神経症状を誘発してる坐骨神経自体がが圧迫される箇所を特定しその箇所を施術し、坐骨神経の圧迫を取り除くことが根本的に神経症状を改善するたった一つの方法です。

た実際に腰椎椎間板ヘルニア(坐骨神経痛)や脊柱管狭窄症が本当の原因であっても、元々が腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になってしまう骨盤の歪み筋肉の硬さの要素がありその部分が通常よりも腰椎椎間板ヘルニア(坐骨神経痛)などの神経症状になりやすいベースがあるために腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になってしまいます。

何度も繰り返し起こしてしまう方はここが治っていないが為に何度も神経症状を繰り返し起こしてしまいます。
この部分を治す事により根本的に改善し、坐骨神経痛のような神経症状の出にくいなりにくい身体になります。
この坐骨神経痛の神経症状の原因を根本的に治し神経症状の出ない・出にくい身体を作る施術が西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療になります。

春風堂接骨院の坐骨神経痛の施術方法とは?

西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)には整形外科などでレントゲンを撮り坐骨神経痛と診断され、いろいろな整骨院・接骨院に通い電気治療や痛み止めなどを処方してもらったが良くならないもしくは良くなるがまた同じ症状を繰り返してしまうなどと言った方が多く来院されます。

レントゲンなどで腰椎椎間板ヘルニア(坐骨神経痛)や脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)だけが坐骨神経痛の本当の原因ではありません。坐骨神経痛の本当の原因は日常生活動作での悪い姿勢や同じ姿勢の繰り返し・お仕事での疲労の蓄積や反復動作にて骨盤の歪みが出てきます。 

骨盤に歪みが生じると血流が悪くなり筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなると骨盤の歪みは徐々にひどくなり自然治癒力では元々の正しい骨盤の状態に戻すことが出来なくなります。

この骨盤の歪みに対して西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では医師が開発したバキバキしない矯正法『SPAT矯正法』を行い元々ある正しい骨盤の状態に戻していきます。さらに、筋肉が硬くなるとその中にある血管・神経が圧迫されることにより坐骨神経痛の症状が出てきます。この硬くなった筋肉に対し当院独自の筋肉的アプローチ・マニュアルメディスン乗っ取った筋肉的な治療の二つからアプローチしていきます。

今ある坐骨神経痛の痛みを取るだけでなく今後痛みの出にくく疲れづらい
西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では今ある坐骨神経痛の痛みやしびれを取り今あるお悩みを解決するだけでなく今後痛みが出にくく疲れの出づらい身体作りを目標に患者様と一緒に治していきます。。

骨盤矯正と聞くと怖いイメージがある』『バキバキされるのは嫌だと、おっしゃる患者様が多く来院されます。西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)での骨盤矯正は医師が開発した西東京市で初の安心安全な『PAT矯正法』により患者様自身の自然治癒力を最大限に高めより早く坐骨神経痛の症状を取り除きます。

※いろいろな接骨院・整形外科などで様々なアプローチをし、坐骨神経痛の神経症状が変わらなかった方、神経症状自体一時的に痛み・痺れが無くなるがまた同じように神経症状(坐骨神経痛)を繰り返してしまう方坐骨神経痛は1・2回の治療では治りません。なので時間がかかっても本気で坐骨神経痛を根本的に治そうと一緒に治療してくれる方一度西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へご連絡下さい。

③患者さまの声

30代女性 腰の痛み・足のしびれ(坐骨神経痛)

一週間ほど前から腰の痛み・足先のしびれがあり歩くたびに足先のしびれが気になり前脛部に張り感が強くでて歩くのもままならなくなり、西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)に来院されました。
来院当初は当院に来るのもご主人に支えられながら、足を引きずりながら来院されました。この症状に対し西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療は骨盤の歪みに対して医師が開発した『SPAT矯正法』を行い、当院独自の筋肉的なアプローチをしていきます。
この方の骨盤の歪みは右に傾き・左に捻じれ・前の傾きがありました。
お仕事柄同じ姿勢で立っていることが多く、立っている際常に右側に体重を掛けているそうでそのような些細な動作の繰り返しにより筋肉は硬くなり骨盤の歪みが出てきます。この方の場合、症状が出てから早く来院してくれたので五回が過ぎた頃には自分の足で当院へ来院できるほどになりました。

今ではほとんど痛みは出ませんが季節の変わり目や雨の日など少しのしびれが出るので一か月に一回メンテナンスとして来院しています。

50代男性 治療法は手術しかないと言われた方(坐骨神経痛

三年ほど前から腰から足先にかけて痺れやツッパリ感・痛みなどがあり、どこへ行けばいいのか分からず整形外科へ行き坐骨神経痛と診断されました。整形外科では痛み止めの薬痛み止めの注射などで治療してもらいました。

最初の頃は痛み止めが効いていたが効かなくなるにつれて痛みが増し普通に歩くこともままならない状態になりました。
そして、最終的には手術をしないと治らないと言われたがこの方は手術以外の方法で探し西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)に来院されました。

痛み止めは神経症状には効き目がありません。もし、楽になってきたな・歩くのが楽になってきたなと思っていても、痛み止めは痛みの感覚を麻痺させているだけなので筋肉的な状態や骨盤の歪みで言うと悪くなっている一方です。なので、痛み止めを飲み続ける事はお勧めしません。

来院当初は歩くことがままならなく、1人で来るのがやっとで当院についたころには凄く疲れた様子でした。歩くことも自転車や車に乗るのにも一苦労で足を引きながら来院されました。二週間後にゴルフの予定があるといい二週間後には歩ける状態になりたいという事でした。神経症状が出てくるもう一つの原因としては筋力の低下があげられます。筋力が落ちるといつもならどうってこともないような少しの疲労などで筋肉は硬くなります。筋肉が硬くなるとその中にある神経・血管が圧迫され痛みや痺れへと変わっていきます。

又、神経症状を長く患うことによっても筋力の低下がみられます。

この症状に対して西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療は骨盤の歪みを取り除くだけでなく硬くなった筋肉に対し当院独自の治療法を行う二つからアプローチしていきます。そして当院には寝ているだけでインナーマッスルを鍛える機械を導入しています。

骨盤は右へ傾き・骨盤の前の傾きがひどく出ていました。

この方の仕事はデスクワークで常に座っているそうです。常に同じ姿勢を繰り返していると筋肉は硬くなり骨盤の歪みへと変わっていきます。

先ほども言いましたが二週間後のゴルフに間に合わせたいという事でその日まで毎日来ていただき、ストレッチ方法を指導し常にやって頂きました。そしてインナーマッスルを鍛える機械(コアレ)を試していただき、歩くのが楽になり痛みが出る前の身体よりよくなった!という声もいただきました。

その結果ゴルフに行けることができました。
このように何か目標を持つことによりより自然治癒力が上がり、やりたいことが出来るようになってきます。

現在は坐骨神経痛の症状は出ていないがゴルフの終わった後には必ずメンテナンスで来て頂いています。

 

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

お問い合わせはこちら

代表施術者:柔道整復師 大熊貴之

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療、産後骨盤矯正、交通事故治療 お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
代表施術者柔道整復師 大熊 貴之