ホーム > Blog記事一覧 > 2016 5月の記事一覧

交通事故の対処法と治療について 西東京市 春風堂接骨院 ⑤

2016.05.31 | Category: 交通事故

こんにちは!

西東京市下保谷 春風堂接骨院 向です。

今日は昨日と違い気持ちのいい天気になりました、すこし暑いぐらいですが(・∀・;

雨が降るとなかなか外にでたくないですね、今日みたいな日が続いてくれるとありがたいです。

では、「交通事故の対処法と治療について」です!

 

前回の注目していく『保険』についての続きをしていきます。

負傷部位に関して

負傷部位の確定は基本的に医科での診断で確定します。

医者であれば内科でも外科でもかまいませんが、できれば整形外科か外科が望ましいでしょう。

その際、診断書上では頚椎捻挫という記述になり、整骨院では頸部捻挫と称しておりますが部位が同一なので特に問題となりません。

背部打撲と背部挫傷なども同じように問題とはなりません。

 

ここで注意なのが患者さまの痛みを訴える部位=負傷部位とは限りませんので注意してください。

もし診断書で2部位(2か所)、例えば頸部捻挫と右肩部捻挫である場合に肘や膝の症状を訴えた場合などは診断書の出ていない部位に関して再度、診断書をとって頂く必要があります。

なくてもこちらで診断することは可能ではありますが、医師の診断が一番強力ですのでもし後からのトラブルがあった時の防止効果にもなります。

ですから診断書はまず事故直後にとるのがまず始めで、必要があればあと付けでも可能です。

あと付けは事故後時間~数ヶ月があくと後から出てくる場合もあるからです。

 ※部位点数に関しては、保険会社ごと、保険会社のエリアごとに請求可能点数が異なるので注意が必要です。

 

後遺障害に関して

何ヶ月か通院したのちに症状固定し後遺症の判定をしますが、基本的に整骨院の後遺症の判定は不可能です。

つまり、後遺障害の判定は専門医(整形外科)での診察が必要になります。これが病院と並行してもらう理由です。

 

♦むちうちの障害認定に関して

交通事故の中でもむちうちが多いため例としてあげていきます。

むち打ちは主に自賠責基準により12級と14級が対象になります。

12級については「障害の存在が医学的に証明できるもの」 

14級は「障害の存在が医学的に説明が可能なもの」あるいは「医学的に証明できなくとも自覚症状が単なる故意の誇張ではないと推定されるもの

とされています。

※一度後遺障害認定を受けると、同じ等級は2回受けることができません。

※運動器疾患の場合、欠損あるいは変形治癒、関節の拘縮などですが、主には拘縮による関節可動域の減少(全可動域の50%以下)がみられると後遺障害の対象となる可能性があります。

 

損害保険

患者様がもらえるもの

     ①治療費(現物支給)     ⇒   相手加入の保険から

     ②車の修理費(現物支給)   ⇒   相手加入の保険から

     ③慰謝料(現物支給)     ⇒   相手加入の保険から

     ④お見舞い金(現物支給)   ⇒   相手加入の保険か

 

 お見舞い金など本人加入の保険会社から相手方の保険の足らずであったりケガの度合いによるお見舞い金が出ることがありますので、患者様はご自身の保険会社に聞いてみてください。

 (この場合は等級は変化はしません。)

 

いかがでしたか?

交通事故で治療したい・治療を受けたい友人がいる って方がいらっしゃいましたら気兼ねなくご相談下さい。

春風堂接骨院へのお問い合せはこちらへ

交通事故治療へのお問い合せはこちらへ

 

 

 

 

交通事故対処法と治療について 西東京市 春風堂接骨院 ④

2016.05.28 | Category: 交通事故

こんにちは

西東京市 下保谷 春風堂接骨院 向 です。

今日は昨日に続いてどんより曇り空になりましたね。朝と夜は涼しい感じがり気温差もあるので体調にはお気をつけてくださいね。

前回に引き続き「交通事故対処法と治療について」です。

 

今回の注目していきたいのは『保険』について です

そもそも交通事故の保険ってどういうものかは知っていますか?

交通事故の治療に使う保険は健康保険とは違い、損害保険といわれるものです。

交通事故の場合は一般的には使えません(例外を除く)

いわゆる『第三者行為』と呼ばれるもので、施術者はそれとして知っていて健康保険を使う場合は保険者への申告が必要とされますがあくまで努力義務です。

 

~自賠責保険(強制保険)と任意保険の違い~

自賠責保険は別名、強制保険ともいわれ車やバイクを所有している限り、責任として掛けなければならないものです。

これは事故を起こした時に相手の身体に対する補償するための最低限の保険と考えて下さい。

 自賠責法による支給の上限額

 傷害事故:120万 死亡事故:3000万円 後遺障害:4000万円

 (1級~14級に応じて4000万~75万)

 

任意保険はいわゆる障害保険で主には相手に対する保険と自分に対する保険に分かれます。

その他オプションで搭乗者保険(乗り合わせた人に対する保険)や車両保険(車の損害に対する)などがあります。

自賠責保険でまかわれない場合に残りをカバーしてくれます。

 

※それでも不足する場合は加害者負担になります。その他自家用総合保険(SAP)や自動車総合保険(PAP)などでは示談交渉を代行してくれます。

※相手を死亡させたケースでは近年、億単位の支払いになることもあります。

※保険会社の担当者による示談代行

 一般の示談交渉は弁護士以外はできませんが、交通事故の場合は特例で損保会社社員が代行することが認められています。

 

自賠責保険(強制保険)と任意保険の違い

交通事故の損害賠償の高額判決

  ♦会社員・男・29歳:後遺障害:3億8281万   

  ♦中学生・男・14歳:後遺障害:3億6243万   

  ♦高校生・女・18歳:後遺障害:3億4791万   

 ※通常男性の方が高額な判決になりやすい

 ※保険を自分自身が掛ける場合は対人保険は必ず無制限をお勧めします。

任意保険

 1、自賠責でまかなわれない部分をカバー   2、示談交渉をしてくれる。

 

治療費と慰謝料について

治療費の他に患者さんには示談成立時に解決金として慰謝料が支払われます。いわゆる迷惑料ですが、慰謝料の支給基準として事故の規模、治療の期間などが加味せれますのでできるだけ積極的に治療される方がいいでしょう。

なぜ事故の治療で一般健保を使えないのかというと

     ①一般的に健康保険を使う場合は加害者側であったり、ひき逃げなどのケース

     ②交通事故に関しては治療期間も長期間することが多い

     ③症状も後から変化する場合が多いので一般健保での治療は難しい

これらのことにより健保を使うより自賠責を使うことをお勧めします。

通院慰謝料

慰謝料とは交通事故によって被害者が受けた精神的な苦痛に対して支払われる賠償金の事で、1日4200円が支払われます。

慰謝料の対象になる日数は、「治療期間」と「実治療日数」によって決定されます。

 治療期間・・・治療開始日から治療終了日までの日数

 実治療日数・・・実際に治療を行った日数

「実治療日数」×2と「治療期間」で少ない方の数字に4200円をかければ慰謝料が算定されます。

(上記、「実治療の日数」×2とありますが、実治療日数の2倍の慰謝料が算定されるのは、整形外科に通院した場合と接骨院・整骨院に通院した場合のみです。鍼灸院や整体院では、実治療日数のみしか算定されません。慰謝料の面から見ても、接骨院・整骨院にかかることをお勧めします。)

いかがでした?

もっと詳しく知りたい方は気軽にお電話で問い合わせ下さい。

 

春風堂接骨院へのお問い合わせはこちらへ

交通事故治療へのお問い合わせはこちらへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交通事故対処法と治療について 西東京市 春風堂接骨院 ③

2016.05.25 | Category: 交通事故

こんにちは!

西東京市下保谷 春風堂接骨院 向 です。

暑い日が続いていますね、今日は曇り空で日差しは強くはないですが湿気が強くジメジメとした感じがします。

少しずつ梅雨が近づいてきてる事を肌に感じますね、今から雨が増えていくと思いますが負けずに行きましょう!(・∀・

 

前回と引き続き交通事故後の対処法と接骨院治療について書いていきたいと思います。

今回の内容は『知って得する保険の知識』を詳しく書いていきます。

 

みなさんは、交通事故後の自賠責保険で一回の通院でいくらおりるか知ってますか?

実は自賠責保険では一日の通院で4200円の慰謝料が発生します。

 ※交通事故の被害者は場合ほぼ全員自賠責保険の対象となりますが、実は加害者も相手方に過失割合が一割でもあれば、自賠責保険の適用になります。当然加害者であってもケガしていれば治療を受けられる権利があります。

交通事故が原因でケガをして発症した症状についても、モチロン自賠責保険の適用範囲になり,わずかな痛みであってもその対象となりえます!お早めの受診をお勧めします

 

慰謝料の対象になる日数は「治療期間」「実治療日数」によって決定されます。

   【治療期間・・・治療開始日から治療終了日までの日数】

    【実治療日数・・・実際に治療を行った日数】

「実治療日数」×2と「治療期間」で少ない方の数字に4200円をかければ慰謝料が算定されます。

(上記、「実治療日数」×2とありますが、実治療日数の2倍の慰謝料が算定されるのは、整形外科に通院した場合と整骨院に通院のみしか算定されません慰謝料の面から見ても、整骨院にかかる事をお勧めします。

 

次に「休業損害費」について

自営業の方たち以外にも交通事故のせいで仕事ができなくなった時はどうすればいいのか分からない!

安心してください、そういった時にでるのが休業損害費です。

休業損害費とは?

自賠責保険基準では原則、休業損害金として1日5700円が支払われています。

日額5700円を超える収入があることを証明できる場合には、19000円を上限に下記計算式による実費が支払えます。

 

・給与所得者には過去3ヶ月間の収入の1日当たりの平均給与額が基礎となり

事故前3ヶ月の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷90日×認定休業日数(会社の総務課が作成、担当者名、代表者印)

 となっています。

 

・パートやアルバイト方↓

日給×事故前3ヶ月間の就労日数÷90日×認定休業日数(アルバイト先等の証明を要します)の休業補償を受けられます。

 

・事業所所得者の方↓

事故前年の所得税確定申告所得を基準に一日当たりの平均収入を算出します。

 

・家事従事者の方(専業主婦の方など)↓

家事ができない場合は収入の減少があったものと見なし、一日あたり5700円を限度として支給されます。

 

交通事故に遭うと労災保険での、第三者行為災害というものに該当します。

簡単に言うと、第三者とは 事業主 や 労災保険を使って治療を受ける人 以外の人のことを指します。

なので、通勤途中 や 仕事中 での交通事故にでは労災保険を使える場合が多いです。

以下の場合が適用対象です。

      ① 通勤途中  ② 業務等で運転中の場合 ③ 仕事中での交通事故。

ただ、仕事中の交通事故の場合はもちろん労災の適用になりますが、自賠責保険を選択することも可能です。

 

いかがでしたか?もし気になることがありましたらお電話でお問合せください。

春風堂接骨院へのお問い合せはこちらへ

交通事故治療へのお問い合せはこちらへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

交通事故対処法と治療について 西東京市 春風堂接骨院  ②

2016.05.18 | Category: 交通事故

こんにちは!

西東京市下保谷 春風堂接骨院スタッフ 向です。

昨日は雨であいにくの天気でしたが、うってかわり今日は天気がよく日差しが強い日になりました。

日差しが強いため熱中症・日射病には気をつけて水分・塩分はしっかりとり予防をしてください。

沖縄・奄美はついに梅雨に入っちゃいましたね、梅雨って聞くだけで憂鬱になりそうです( ̄ー ̄;

では、前回と引き続き『交通事故後の対処法と接骨院治療』について書いていきたいとおもいます。

 

交通事故後の接骨院治療について

交通事故の場合は治療費は事故負担はゼロで治療を受けることができます。

また、病院に通院しながら接骨院での治療は受けることが可能です。

当院では提携しているドクターがおり、接骨院で治療しながら定期的にフォローアップできます。

他の接骨院(整骨院)で治療しているけど当院で治療したい、変えたいといったことは可能です

患者様には自分が一番受けやすい場所、受けたい治療受ける権利があり、保険会社担当者や病院の医師が強制する

ことはできません。

また、転院・併院に許可を得る必要もありません。

何か疑問なことがあれば気軽に電話等で問い合わせしてみてください。

 

整骨院での治療はどんな感じか

交通事故の代表的な症状であるむち打ちは交通事故での衝撃によりそうめんのような柔らかい繊維

が部分的に何本、何十本か断裂した状態で、そこから出血しわずかながら体液も漏れ炎症を起こし

てしまいます。ただし、この繊維の断裂はレントゲンやMRIには細かすぎて見えることができず

異常なしと判断されてしまいます。

しかし、繊維は断裂しているため痛むのは当然で、こうした症状の治療は整骨院で通院し治療する

ことを強くおすすめします。

むち打ちは簡単にいうと首関節のひどい捻挫状態のことをいいます。ほっておいてしまうと

そこから痛い→痛いから動かさない→動かさないので体も固くなり筋肉もおちてしまう

                   

     更に痛い → 更に動かさない → 更に固くなり筋肉も落ちる・・・

といった悪循環に入ってしまいます。

この悪循環をとるために手での治療は受けて根治されることをおすすめします。

 

むち打ちとは・・・

むち打ちは大きな衝撃で頭が強制的に振り動かされ、首に痛みなどの障害が発生することをいいます。

首や肩の筋肉、靭帯、関節の炎症にとどまるものから神経にまで障害が及ぶものまで様々な症状があります。

むしろ事故当日よりも、数日後~1週間後に症状がでてくる場合もあり、早めに接骨院にて治療をす

ることをお勧めします。

 [主な症状]

    ・首、肩の痛み ・コリやハリ ・だるさ ・頭痛 ・吐き気 ・めまい ・

    ・手足のしびれ ・痛みによる運動制限 など

 

 むち打ちの種類

 ・頚椎捻挫型     主に首を固定する筋肉と靭帯の損傷

            ※首に受けた損傷の9割以上がこれに含まれます。

 

 ・バレリュー症候群  交感神経や副交感神経のバランスが崩れ、自律神経失調症と同じ症状が出る

            ものです。

            ※自律神経失調症は自律神経の均衡が乱れて種々の症状を示す病気です。

 

 ・神経根症状型    脊髄から出る神経の根元部分である神経根が損傷

            ※頚椎が過度に動いたり椎間板ヘルニアによって押し付けられたりすること

 

 ・脊髄症状型     脊髄が実質的に損傷

            ※痛みやしびれなどの症状、四肢や体幹の運動障害、膀胱や直腸障害など生

             じます。

 

 ・脳髄液減少型    脳脊髄液が脳脊髄液腔から漏れて減少

            ※長い間に渡って頭痛・頸部痛・めまい・集中力低下などが続き、治療効果

             の出ない病態。

 

 

 

春風堂接骨院へのお問い合せこちら

交通事故治療に関することはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

首の痛み、肩こり、頭痛 大泉在住 看護師の方

2016.05.17 | Category: 骨格骨盤矯正

こんにちは春風堂接骨院の大熊です。

この方は看護師の方でデスクワークもあり、お子さんを抱っこする機会も

多く、ストレートネックと診断され、肩こり、首の痛み、頭痛、耳鳴りで来院されました。

IMG_0703

20代の時に交通事故でムチ打ちをしました。それ以降

首の調子が悪く、疲れが溜まると、肩こり、頭痛がでるようになり

応急手当で整骨院通いをしていました。

今回職場の移動を機に思い切って整骨院を変えようと思い、

春風堂さんを選びました。

職場から近く、子育て中の為通えるかなと気軽に決めたのですが、

初めの印象は、とても丁寧で説明も分かりやすかったです。

先生が「ムチ打ちの首も治ると思いますよ」とあっさりと言われたことに驚き、

半信半疑で通い始めました。

当初は首の治療でしたが、身体「骨盤」のゆがみも以前から気になっていたので、

治療をしていくことにしました。

何度か通っていると、まず、体が疲れにくくなり、朝の目覚めが良くなりました。

「普通の仕事をしているのですが」今日は疲れたなぁ、、、と思う日でも、

翌朝にはちゃんと疲れがとれていることを実感するようになりました。

今まででは、年をとってきたから、疲れるようになったのかなぁなどと思っていましたが、

違いました!本当に体が良くなっていくことが実感できています。

今では首の痛みや頭痛は、もちろんありません。

スタッフの皆さんも丁寧に対応をして下さるので、これからも続けて治して行きたいと

思っています。ありがとうございました。

この方は初めにも書きましたとおり肩こり、首の痛み、頭痛が主訴で姿勢の矯正と治療を

やっていただいて、書かれているとおりそれぞれの痛みは取れたので、その時点で治療

終了を選択していただいても良かったですが、看護師という職業がら長年の姿勢的な

ものがあり、上半身の症状もひどくなっていると考えたので土台である骨盤を治さないと

また痛みを繰り返す可能性が高いので、説明してご本人もしっかり治したいとのこと

で、骨盤の矯正に進んでいただきました。

骨盤を整えることによって、全体の姿勢が良くなり、余計な負担がなくなることによって

痛みはもちろん疲労もたまりにくい体になってきました。

骨盤矯正をして姿勢を正しくすることによって痛みだけでなくいろいろな症状も

改善することができますので是非ご相談下さい。

 

http://shunpudo-sekkotuin.com/

 

出産後の骨盤矯正の為に行きました。保谷在住 主婦の方

2016.05.17 | Category: 産後の骨盤矯正

春風堂接骨院の大熊です。産後の骨盤矯正でお見えになっていて、

昨日10回の産後の骨盤矯正をおえられた主婦の方の声です。

IMG_0702

 

出産後の骨盤矯正の為に行きました。

常に腰や肩が痛く、後々の為にもしっかり治しておこうと

思い伺いました。

初めに身体の歪みや状態などを分かりやすく教えてくれて、

自分自身でもその後通うにつれて良くなっていくのが

た。

最初はとにかく痛かったところが、最後は痛くなくなったので、

「本当にいたくなくなるんだ!!」とうれしかったです。

赤ちゃんをつれて行きましたが、施術中はスタッフの方や、患者さんに

抱っこしてもらったりとゆっくり施術を受けることが出来ました。

また辛くなった時は伺わせていただこうと思っています。

この方ははじめ肩の痛み、寐ている際の腰の痛みが主訴でしたが、

骨盤矯正を行っていくと、身体全体の姿勢が良くなっていくので、

後半の8,9,10回あたりは治療をしてませんでしたが、

肩の痛みは訴えられなくなりました。

バランスが良くなって、余計な力を入れなくてもよくなり筋肉への負担が

悪いときより少ないので、痛み、疲れが出にくくなります。

逆にバランスが悪いとより筋肉への負担が多くなり、疲れやすい、

痛みが出やすい体にになって悪循環になってしまいます。

他にも便秘や肥りやすいなどもろもろの症状が出てきます。

出産後の歪みが気になる方、妊娠前にはなかった症状が

出てきた方、なんでもお気軽にご相談下さい。

 

産後の骨盤矯正

 

 

交通事故対処法と治療について 西東京市 春風堂接骨院 ①

2016.05.12 | Category: 交通事故

こんにちは!

西東京市下保谷 春風堂接骨院 スタッフ向です。

今回初めてブログを書かせてもらいます(; ・`д・´)

至らぬところがあると思いますがどうぞよろしくお願いします。

初めて書くのが『交通事故後の対処法と接骨院(整骨院)治療について』です!!!

何回かにかけて交通事故にあった時の対処の方法を分かりやすく伝えていきたいと思います!

今まで交通事故にあった事がない人やもしあってしまった人に分かりやすくお伝えしていきます。

 

・もし事故に遭ってしまった時は 

まず落ち着いて行動しましょう!人間落ち着くことは特に大事です。そして警察に連絡いれて事故証明証を貰って下さい。

※このときに痛みありなし関係なく事故証明書を貰って下さい。患者さんで後日、痛みがでてきて貰ってないために治療が出来ない事があったので必ず貰うようにしてください。事故証明書を貰わないと自賠責での治療は出来ません

≪この時に絶対確認しときたい5つのポイント

    ①相手の名前     ②住所      ③連絡先   

 ④ナンバープレート   ⑤相手加入の保険会社(自賠責・任意)  

この5つのポイントは確認しときたいですね!

またこの5つ以外で可能なら目撃者を確保し氏名・連絡先聞いておく第三者の意見として証人になってもらい、もし相手方とトラブルになった際には効果があります。

そして、その後の事故現場を写真を撮っておきましょう!さらに、自分でも記録をつけるようにしておきましょう!

できるなら事故直後の記憶が鮮明なうちに現場の見取り図・事故の経過・写真などを記録して残しておくことは重要です。

色々と書きましたが、重要なのは 証拠を出来るだけ残しておくこと です!

そして必ず病院にいき医師の診断を受けておいて下さい。

修理費・治療費などの領収書はや診断書は必ず保管しておき、事故証明書と一緒にそろえ示談を進めていきます。

※もし自分で5つのポイントが確認出来ない場合(緊急搬送された等)は警察の方に事故証明書を後日発行してもらうと、加害者側の氏名・住所なども記載されいるので安心してください。

損害額が決まる前でも、程度に応じた仮渡金を先に請求できる仕組みがあります。

ただし、物損事故で終わらせた後、数時間後もしくは何日か経ってから痛みが出てきた・・・などの異変があった場合はすぐに病院にいって診断書をもらってください。その後に所轄の警察所へ行き「事故証明書」の種別を「人身事故」に切り替えてください。この手続きをしなければ相手の保険会社へ治療費等の請求をする場合に支障が生じてしまいますのでご注意下さい。

 

・交通事故にあった後の治療について

結構皆さんに知られてはいないのが整形外科や病院以外の整骨院・接骨院で交通事故後の治療が出来るって事です!

≪ここでの2つのポイント

  ①整骨院(接骨院)で治療ができる   ②治療費の自己負担ゼロ  

この事を知っておられる方を仮に10に事故にあわれた方がいたとしても1~2人程度だと言われてます。

当院では交通事故専門治療を行っております。

他所での整体や治療を受けても治らない痛みも根本から治療を目指しており骨折後のリハビリ・むちうち治療の専門に行っております。また、提携しているドクターもいるので定期的に状態をチェック出来るので安心して治療を受けられます。

事故でのケガは治ったが動かさなければ筋が硬くなりさらに痛みを感じる二次痛もあり、硬くなった筋をほぐし痛みをとる治療も整骨院で受けることができます。

 

ぜひ患者様はもちろんのこと、ご家族・ご親戚・ご友人・ご同僚の方のためにもお困りの際にはこうした情報をお伝えしていただければ幸いです。

春風堂接骨院へのお問合せはこちら

交通事故治療に関することはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛の治療体験談

2016.05.10 | Category: 腰痛

こんにちは。

西東京市 下保谷 春風堂接骨院 スタッフ榎戸です。

ゴールデンウイークも終わり、またいつもの日常に戻りましたね。

皆さんはどこかへ出かけましたかね?

ゆっくり過ごされた方もいると思います。

ただ連休明けということもあり、疲れが溜まりやすくなっていますので

体調管理はしっかりしてください。

これから暑い時期に入っていきますのでね!!!(;´・ω・)

 

 

今回は腰痛の治療体験談です。

 

『腰痛で湿布を貼れば二、三日で治ると思っていたのですが、

悪化していきました。

病院に行くのが面倒だったので。

しかし、さすがに仕事先や家族に迷惑を掛けると思い、

いつも前を通っていた春風堂さんを受診して、

すぐに行けば良かったと思うくらい、楽にしていただきました。』

 

痛めた原因というのはベッドから落ちてしまって

ちょっとした打撲だろうと思って湿布で様子を見ていたのですが

状態が良くならず、こちらにきました。

この方は歯科助手の仕事をしている人で

立っている時間が長いため腰・お尻に疲労が溜まってしまいます。

そしてベッドから落ちたことをきっかけに

腰の痛みが出てしてしまいました。

 

しかし痛みが出てきているのは腰ではなく

お尻の筋肉の状態が良くないからです。

お尻の筋肉は痛みを感じる神経の分布が少ないので

分布の多い腰あるいは股関節に痛みが出てきます。

実際に治療していくと腰よりもお尻の方が痛みがあります。

 

お尻の方が痛みが出る理由としては

重力に逆らって長時間立っている為です。

人は立っているとき、重力に逆らってその状態を維持させようと筋肉を使います。

その時に使うのがお尻の筋肉とふくらはぎ、太腿の前側です。

そのため長時間立った姿勢を続けていると疲労が溜まり

ちょっとしたことが引き金となり痛みが出てくるのです。

 

この方は骨盤の歪みもひどく

仕事がら同じ動きが多いため動かす方に骨盤が歪んできてしまい

筋肉の状態も悪くなってしまいます。

骨盤は人にとって土台なので、その土台がしっかりしていないと

肩や膝にも痛みが出てきてしまいます。

骨盤・骨格の歪みでもってバランスが悪くなっているので

当院では矯正と筋肉的な治療の両方からアプローチして状態をよくしていきます。

 

ですので腰が痛くても我慢できるからいいや

というのではなく早めに治療していくことが大事ですからね!

痛い時間が長ければ長いほど状態が悪くなり

治りにくい体になってしまいますので

痛みを感じたらすぐに来てください!

 

 

骨盤・骨格矯正のことは任せてください。

腰痛に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院

☎:042-421-5213

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之