ホーム > Blog記事一覧 > 2016 1月の記事一覧

産後の骨盤矯正、骨盤・骨格矯正 保谷、大泉学園春風堂接骨院

2016.01.30 | Category: 骨盤矯正

こんにちは。

西東京市下保谷 春風堂接骨院 スタッフ榎戸です。

やっと寒波が抜け暖かい陽気になってきたと思ったら

また寒くなりましたね。(´;ω;`)

気温差が激しい時期なので体調管理をしっかりしていきましょう。

あと、インフルエンザも流行りだしているので手洗いうがいはこまめにやっていきましょう。

 

 

さて今回も骨盤・骨格矯正です。

前回は筋肉の話をしました。

筋肉が硬くなると骨盤や骨格が歪んでくることを伝えました。

骨盤が歪んでくるとどうなるか・・・

 

まず人にとって骨盤は土台です。

土台がしっかりしていないと建物は崩れていってしまいますよね。

人でも同じことが言えます。

土台がしっかりしていないと背骨が傾き、傾いた反対側の筋肉が縮こまって硬くなってしまいます。

縮こまってしまうと余計に背骨が傾いてきます。

そういうことを繰り返していくと後々肩だったり膝だったりと痛みが増えていきます。

そうなる前に土台となる骨盤の歪みを取り除いてあげることが大切です。

土台がしっかりしていれば動きもスムーズになりますし、肩や膝が痛くなることが少なくなります。

 

ただ前回もお話したように骨盤だけ、筋肉的な治療だけやっていても良くなりません。

骨盤の矯正をしたからと言って筋肉的な治療をおろそかにしていると

せっかく矯正して良くなった状態が筋肉の硬さでもってまた歪んできてしまいます。

反対に筋肉的な治療だけでも一緒です。

筋肉の硬さが取れていっても、骨盤の歪みが残ってしまっては

筋肉はまた縮こまって硬くなってしまいます。

ですから筋肉的な治療と骨盤矯正を併せて治療していくことで

徐々に状態が良くなっていきます。

 

しかし、この併せた治療でも頻度を高くしていかないと意味がありません。

この治療頻度については次回 書いていこうと思います。

この記事を見ていただいた方は次回の記事も読んでいただき

このぐらいのペースでやっていけばいいのか

と思っていただければな と思っています。

 

骨盤・骨格矯正のことは任せてください。

産後の骨盤矯正を行っていますので宜しくお願いします。

西東京市 下保谷 春風堂接骨院

☎:042-421-5213

肩こりの治療体験談:「肩のこりは1回目でかなり改善されました」東京都練馬区南大泉在住Yさん

2016.01.28 | Category: 首、肩の痛み

こんにちは西東京市下保谷にある春風堂接骨院の砂守です。

寒い日が続いたかと思えば、ここ2・3日は日中暖かさを感じますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

先週は西日本でもすごい寒波でしたね!

私の故郷奄美大島でも115年ぶりに雪が降ったと大騒動していました。

それぐらいどの地域においても寒さが厳しくなってきているように感じます。

寒さをしのぐため肩に力の入る場面も増えているのではないでしょうか?

そこで今日は、『肩こり・五十肩』についてご紹介したいと思います。

それではまずエキテンにも口コミ投稿を頂きました東京都練馬区南大泉在住のYさんの

治療体験談をご紹介したいと思います。

IMG_4347

手の凝り、手の痺れ

『手の痺れで整形外科を受診したのですが、姿勢改善で痺れがとれてくるとのこと。

特に薬等もなく、即効性がないため、春風堂さんに診察して頂きました。

姿勢が悪いと骨格も歪み、筋肉の凝り、血流も悪くなる、神経も圧迫されるとのこと。

矯正とマッサージで手の痺れを改善していくことにしました。

肩のこりは1回目でかなり改善されました。

治療中も痛みの感じ方を確認しながら説明もわかりやすいので納得がいきます。

神経痛は結構厄介なので、根気強く通いたいと思います。』

Yさんは、1月の中旬から当院に通い始めました。

ご出産したばかりで子育てに追われ来院できる日は限られているのですが、来れる日に

来ていただいて治療に励んでいます。

まだ治療回数は5回ですが、確実に改善しておりご本人も効果を実感されています。

肩の調子が上がってくれば、今度は産後の骨盤矯正に移りたいと頑張っています。

皆さんは以下ようなことでお悩みではありませんか?

・デスクワーク続きで肩こりがひどい

・腕が思うように上がらず着替えも不便に感じる

・湿布や飲み薬の効果をあまり感じない

・肩が張りすぎて頭痛がする

思い当たる方、たくさんいらっしゃるかと思います。

そもそも肩こり・五十肩・頭痛の原因とは!?

長時間同じ姿勢でパソコンを使用している人や、同じ姿勢で作業をしている人は、肩が凝りやすく

猫背や前かがみの姿勢になっているケースが多いです。

周りから姿勢が悪いと言われたことはありませんか?

猫背や、前かがみの姿勢など同じ姿勢を続けると、筋肉が同じ方向に引っ張られ、肩まわりの

筋肉に必要以上の負担がかかってしまいます。

また、ストレスによって筋肉が緊張し、肩・首痛や頭痛の原因となることがあります。

だからこそ、身体全体のバランス(骨格・骨盤)を整えることで負担が軽減する状態を作っていく

必要があります。

肩こりは、単にマッサージをするだけではその場の痛みは解消されても、また再発してしまします。

当院では患者さんに根本的な改善を目標として頂き、筋肉的な治療だけでなく、骨格矯正もあわせて

おこなっていき原因部分を取り除いていきます。

肩こりは『しばらくすれば治る』と思われているかもしれませんが、痛みやこりを感じる部分が拡大したり

次第に頭痛や吐き気へと重症化する場合もあります。

身体は必ず何らかのサインを出すものです。そのサインは決して痛みだけではありません。

ちょっとした違和感、重だるさとして出てくる場合もあります。

少しでも気になる症状のある方は是非一度春風堂接骨院にお問合せ下さい。

骨盤・骨格矯正のことは任せてください。

肩こりについてはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院

☎:042-421-5213

 

 

 

 

 

 

骨盤矯正について 西東京市 下保谷 春風堂接骨院

2016.01.19 | Category: 骨盤矯正

こんにちは。

西東京市下保谷 春風堂接骨院 スタッフの榎戸です。

昨日は雪が残り朝から交通ダイヤが乱れいていましたね。

そして先週はスキーに行くバスが転落し負傷者が出た事件がありました。

これからまだまだ寒くなっていき、雪も降るかもしれません。

車を運転される方は十分ご注意ください。

そして、車を運転しない方も車のスリップなどに気を付けて

巻き込まれないようにしましょう。

 

 

さて今回は骨盤矯正です。

まず筋肉は骨と骨にくっついています。

そして筋肉の硬さが原因で起こってくる骨格・関節のズレ

それを治すため・・・というか正すために行っていきます。

 

なぜ筋肉が固まり骨格がずれるのでしょう?

筋肉が固まる理由は二つあります。

一つは筋肉の使い過ぎです。

使いすぎると筋肉は疲労し、血液の流れが悪くなります。

血液の流れが悪くなると筋肉に酸素などの栄養が届かなくなりますし疲労物質が溜まってしまい

血液循環のサイクルが悪くなってきて冷えやむくみにもつながってきます。

そうなってしまうと筋肉が固まってきてしまい動きが悪くなります。

そしてもう少し悪くなると栄養が届いてきてないよ!という指令が脳に届きます。

この指令がいわゆる痛みとなって感じるのです。

 

もう一つは筋肉を使わないと固まってきます。

それは、使わないことによって筋肉が委縮し始めて血管、神経自体を圧迫し始めます。

圧迫されると血液の流れが悪くなります。

血液の流れが悪くなったら…もうお分かりですかね?

血液の流れが悪くなってからは先程と同様な順序で固まっていきます。

 

 

固まっていくと筋肉は縮こまっていきます。

縮こまってしまうと骨を引っ張るようになります。

骨が引っ張られてしまうと骨格や骨盤が歪んできます。

骨格が歪んできてしまうと背骨から出てくる血管や神経を圧迫してしまいます。

血管を圧迫してしまうと圧迫されたところから先の筋肉に栄養がいかなくなります。

また冷えやむくみにもなっていきます。

神経を圧迫してしまうと慢性痛,神経痛やシビレといったものが出てきます。

そうならないためにも骨盤・骨格矯正と筋肉へのアプローチを併せて行っていく。

そうして継続していくと状態は良くなっていきます。

状態が良くなることで血液循環もよくなり神経痛やシビレもなくなってきます。

そして筋肉の硬さを和らいで動きが良くなります。

動きが良くなると趣味がスポーツ系の人はいつも以上に楽しめますね!(^^)!

趣味がスポーツ系ではない人も骨盤がバランスが良くいい状態で

あれば、余計な負担がなくなり色々な痛みがなくなります。

健康維持のためにやってはいかがでしょうか?

 

 

自覚は無くても体は疲れていることがほとんどです。

痛みが出てきたなら早めにうちの接骨院に来てください。

放っておくと次第にシビレなど他の症状が出てくるかもしれません。

何事も早め早めの対処が一番です。

 

骨盤・骨格矯正のことは任せてください。

産後の骨盤矯正を行っていますので宜しくお願いします。

西東京市 下保谷 春風堂接骨院

☎:042-421-5213

交通事故について(まとめ):西東京市・下保谷:春風堂接骨院より

2016.01.13 | Category: 交通事故

こんにちは、西東京市下保谷にある春風堂接骨院の砂守です。

東京も昨日初雪を観測し、一気に寒くなりましたね~。

ここから本格的な冬の寒さがやってきて、身体の不具合を感じる機会も増えるかと思います。

寒さ対策やストレッチなどご自身でできるケアは十分に行って頂きたいと思います。

ちなみに、当接骨院のブログの中で紹介しているお尻のストレッチはとても効果的なので

長時間のデスクワークや立ち仕事で腰に痛みを感じている方は是非一度お試し下さい。

 

さて、これまで1カ月にわたり交通事故についていろいろな情報を提供してきましたが、

今日はそのおさらいです。

以下に分かり易く簡易的に説明しておりますのでもう一度ご確認して頂けたらと思います。

まず・・・

1.交通事故に遭ってしまったらどうする!?

①交通事故発生

②119番への電話・110番への電話

③お互いの連絡先の確認(相手の車のナンバー・住所・氏名・電話番号など)

④任意の保険会社へ電話(その場での示談は絶対禁物。ご契約されている任意の保険会社へ連絡して下さい)

④治療へ(整骨院での治療が可能です)

2.むちうちの症状って!?

  • 首筋、背中、肩などの凝りや痛み
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • めまい
  • 吐き気
  • 手足の痺れや震え
  • 食欲不振
  • 脱力感

これらの症状があらわれると病院では むち打ち と診断されることがあります。(診断名:頚椎捻挫/外傷性頸部症候群

上記のように、事故直後すぐ症状が出なくても、後から色々な症状が出てくることもよくあります。

なので事故の程度、痛みなどで自己判断せずすぐに病院に行って診断してもらう様にしましょう。

3.治療はどのようにしたらいいの!?

①交通事故後の治療は整骨院・接骨院での治療が可能です。

前からもお伝えしている通り、交通事故で受けたケガの治療は整骨院・接骨院での治療が可能です。

よく『整骨院・接骨院での治療はダメです』と言われるケースがあります。

本来、どこで治療を受けるかは本人の自由ですので、もしそう言われた場合ははっきり接骨院に通いたいと

言っていただいて構いません。

②交通事故後の治療費は無料です。(自賠責保険での治療になるので、実質0円)

通常の健康保険証を使っての治療とは異なり、自賠責保険を使っての治療となりますので被害者様の負担はありません。

自賠責保険での補償額は一人120万円までが支払いの対象となりますので、補償可能な期間はしっかりと通院しておくことをお勧めします。

③月に1回は病院で診察を受けて下さい。

普段は整骨院・接骨院での治療で構いませんが、月に1回程度は病院で診察を受けてください。

これは保険会社からの急な補償の打ち切りを防ぐためです。

それともう一つ、もし万が一痛みや障害が残ってしまった場合に後遺障害認定の申請が出来なくなる場合がある為です。

普段は接骨院で治療していただき、継続的に最低でも月に1回程度は病院で医師に診てもらうことをお勧めいたします。

当院では提携している整形外科が何院かありますのでそちらで診断していただくことをお願いしています。

4.交通事故を起こした時、どんな補償が受けられるの!?

【慰謝料】:1日通院当り4,200円補償されます。

     →(例)1ヶ月で15日通院した場合:4,200円×15日=63,000円

【休業補償】1日当りの収入×休業日数が補償されます。

     →(例)月給20万円、15日休業の場合6,666円×15日=99,990円

 

以上が、万が一事故に遭ってしまった時に、安心してスムーズに治療を受ける上で必要な知識

になってくるかと思います。

先々週もお伝えした通り、交通事故は毎日全国各地で起こっています。

今年も東京では年明け早々死亡事故が出ております。とても他人事とは思えないので

皆さんも加害者・被害者にならぬよう気を付けて頂きたいと思います。

 

春風堂接骨院では交通事故治療を専門に行っております。

お困りの方は是非一度お気軽にご相談下さい。

春風堂接骨院のホームページはこちら

 交通事故治療に関することはこちら

 

 

 

 

 

 

交通事故の被害者が保険会社から治療費の打ち切りを打診されたときに知っておきたいこと 西東京市 下保谷 春風堂接骨院

2016.01.05 | Category: 交通事故

こんにちは。

西東京市下保谷にある春風堂接骨院の榎戸です。

年末年始はいかがお過ごしでしたかね?

自分は31.1は友達と遊んでいましたが、2.3はゆっくり体を休めていました。

そして昨日から春風堂接骨院は通常通りの診療を行っています。

 

 

さて本日も交通事故のお話しです。

今回は治療費の打ち切りの際、どのように対処するかです。

まず交通事故に遭われた被害者の方で、お身体にお怪我を負った方は、事故後治療をします。

この点、多くの被害者の方は加害者の加入する保険会社の負担で

(すなわち、被害者の方が病院の窓口で治療費を支払うことなく)通院されます。

身体が痛くて病院にいくのですから、

これくらいは当然保険会社が対応してくれるだろうと思われている方も少なくないと思います。

しかし、保険会社は必ずしも、被害者が完治するまで治療費を直接病院に支払い続けるわけではありません。

そこで、今回は、交通事故被害者の方が、通院中に加害者側保険会社から

治療費の打ち切りを打診されたときに知っておきたいことについて、以下で詳しくご説明します。

 

1、治療費の打ち切りとは?

交通事故のご相談の中でも「「保険会社から治療費を打ち切る」と言われてしまった」

といういわゆる治療費の打ち切りに関するご相談は少なくありません。

治療費を打ち切るというのは、それまで加害者側保険会社が被害者の通院する病院に対して

直接治療費を支払っていたものをやめるということです。

そのため、保険会社が治療費を打ち切ると、

被害者は通院する際に病院で治療費を支払わなければならなくなります。

このように聞くと、本来保険会社が支払うべき治療費を支払わないなんて…

と思われる方もいらっしゃると思いますが、

実は保険会社の打ち切りによって被害者の治療費の請求権が消滅するわけではありません。

本来交通事故による賠償請求は、交通事故によって生じた損害を請求するものであって、

治療費については基本的には被害者が治療費を病院に対して支払った時点で「損害」となります。

そして、治療費の請求権を有しているのは被害者であって、病院ではありません。

したがって、治療費を打ち切られた=これ以上治療費の請求ができないということではないのです。

また、治療費の打ち切りは、あくまで治療費の打ち切りなのであって、

直ちに治療をやめなければならないということではありません。

お医者さんが症状固定という判断でなければ、

多くの場合は、健康保険に切り替えて、通院を継続していただくことが可能です。

 

 

2、交通事故後の治療費を請求することができなくなる理由

上述のとおり、加害者側の保険会社からの治療費の打ち切りは、

それによってその後の治療費を請求することができなくなるということではなく、

被害者が加害者側に治療費を請求することができなくなるのは、以下の2つの場合です。

 

(1)完治(治ゆ)

症状が改善し、もはや治療を継続する必要がなくなった場合です。

治療を継続する必要がありませんので、完治(治ゆ)した後に、

仮に病院で受診してもその治療費は加害者側に請求することはできません。

 

(2)症状固定

治療を継続しても症状が改善しなくなる状態を、「症状固定」といいます。

交通事故でいつ症状固定となるかについては、けがの程度によってケースバイケースであり、

実際に治療をしている主治医の判断が重要視されることではありますが、

例えば、交通事故によって発症することが多いむちうち症の場合には、

事故から6ヶ月というのが一つの目安と考えられます。

症状固定となると、もはやその症状はこれ以上治療を継続しても改善がみられない状況にあるので、

治療行為と当該交通事故との間の因果関係が切れるため、

症状固定後の治療費は加害者側に請求することはできないとされています。

以上より、症状が残存していて、主治医がまだ治療の必要(治療の効果)があると言っているにも関わらず、

加害者側の保険会社から治療費を打ち切られたというような場合には、

治療をやめずに継続されることをお勧めします。

 

3、打ち切りを打診された場合の対処法

交通事故治療を始めてから数ヶ月経つと保険会社の方から

体の状態はどうですか?

というような電話がくるかもしれません。

そういった際に、だいぶ状態がいい、もう痛みはないなどと言ってしまうと

まだ症状が残っていてももう大丈夫ですね。ということで治療を終了されてしまいます。

もし電話がかかってきた際には、

私からは何とも言えないので、接骨院の方へ直接聞いてください。

と保険会社に伝えてください。

そうしていただくと保険会社からこちらの接骨院に電話がかかってきます。

その際、患者さんの状態を説明致しますのでお任せ下さい。

 

 

 

交通事故治療でお悩みの方はこちらへ

春風堂接骨院へのアクセスはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院

TEL:042-421-4213

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之