ホーム > Blog記事一覧 > 産後の骨盤矯正の記事一覧

産後ケア 春風堂接骨院(整骨院)

2017.06.14 | Category: 未分類,産後の骨盤矯正

こんにちは!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)の向です。

いよいよ梅雨にはいってしまいましたね、雨の影響で朝は涼しく昼間は蒸し暑い日が続いていますね。

こういった日には気温差があるため、痛みや痺れが出やすくなってきます。

また、体調も崩れやすいので風邪をひかないようにお気をつけ下さい!!

今回は「産後ケア」について書いていきたいと思います。

★産後ケア出産後直後は骨盤を休めましょう

出産後、すぐにでも骨盤矯正によって一日でも早くスリムな体型を取り戻したいと、すぐに骨盤矯正グッズなどで骨盤を矯正する方いらっしゃるかと思います。

しかし、出産後から約1ヶ月半は出産のために頑張った骨盤を休ませる時期・骨盤の休息時期という見解を示す見方が大方の意見になります。

 

出産後の骨盤矯正は正しい方法での骨盤矯正での骨盤矯正を行わないと、逆に骨盤に負担をかけてしまうことになり、それこそ骨盤が歪んでしまう状態を作る恐れのある時期といわれています。

 

当院では無痛の整体をベースに身体を調整していくのでほとんど痛みはありません。

むしろ、この時期がチャンスだと思います。

緩んでいるからこそきちんと正しく矯正しながら骨盤に治していきやすいのです。

もしかして、妊娠前よりきれいな骨盤になっていくはずです。

そして、徐々に機能的な正しい姿勢づくりをご指導いたします。

妊娠中の姿勢がそのまま残ってしまうことも多く、それが原因で様々なつらい症状をひきおこして、体型の戻りを遅らせてしまいます。

 

産後の姿勢が今後の体型を決定づけるので、単に矯正を受けるのではなく、患者さまご自身にも日々の生活の中で良い姿勢の習慣化に取り組んでいただきたいと考え、ひとつひとつきちんとご指導していきたいと思っております。

 

充実した更年期のためにも産後ケアは大切!

☆産後ケアしているときに更年期のことを考えるなんて、まだ早いと思うでしょうか?

女性の身体は産後から更年期まで一直線で続いています。

今からあれこれ心配する必要は必要はありませんが、産後の身体が更年期へと結びつくという理解だけははしていおきましょう。

更年期には女性ホルモンが低下し、子宮や卵巣が小さくなっていきます。

それまで生理周期で開閉を繰り返していた骨盤はゆるやかに開いていき、完全に開ききると閉経を迎えます。

このときの骨盤の動きがなめらかであれば、更年期も順調。

産後の骨盤ケアには、更年期障害を防ぐ役目もあるのです。

 

また精神的な部分でも、閉経に対してネガティブなイメージが強いと、脳が身体の変化にブレーキをかけてしまうことに。

肉体的にも精神的にも成熟した女性ほど、充実した更年期を迎えられます。

 

更年期は、けっして悪いことばかりではありません。

産後と同様、身体の変化が大きく、骨格調整にも適した時期。

あまりネガティブにとらえず、「女性としてのステージが次へと移るんだ」と前向きに受けいられる態勢をつくっておきましょう。

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

産後の肥立ちを良くする

2017.05.27 | Category: 産後の骨盤矯正

こんにちは!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)の向です。

今日は雨が降ってから涼しい一日になりそうですね。

天気が悪いと車などで出勤される方やお出かけされる方が増えると事故率も上がってしまうのでお出かけの際には事故にはお気を付けください。

また、朝夜だけではなく一日ごとに温暖差があるので体調が崩しやすく痛みもでやすいので身体にもお気を付けください。

さて、前回までは産後のボディメイクスケジュールについて書いてきたのですが、今回は『出産後の母体の健康』についてです。

出産後の母体の健康

出産後から元の通常の女性の身体へと戻っていく期間として、おおよそ元に戻る時間としては出産後6週間~8週間までくらいといわれています。

 

この時期というのがよく耳にする産褥期と呼ばれる時期で、この産褥期期間というのが産後の肥立ちの期間と同じ意味を持つ期間ということになります。

女性の身体が日を追うごとに健康を回復することを言います。

 

産後の肥立ちが良いという意味ですと、出産後の母体の回復が順調に進んでいるということを意味しています。

産後の肥立ちが悪いというのは「産後うつ」の症状として不眠が続いてしまったり、いつも疲労感に襲われだるさが抜けなかったり、イライラ(マタニティーブルーなど)や動悸などの症状を伴う場合や、そのほかに痔や便秘、開陰部痛・腰痛・尿漏れ・脱毛の方も多く、出産後の母体の回復が順調に進んでいない状態を意味します。

 

産後の肥立ちが悪くなってしまう原因として、甲状腺ホルモンの分泌過剰などの場合があり、病院の血液検査の結果からも示されるような症状になります。

出産後5カ月くらいの期間が過ぎても未だ母体の身体が回復していないなどの悩みをお持ちのお母さんもいらっしゃいます。

 

産後の肥立ちを良くくすると言われるのが、穀物や根菜・野菜や海藻、または豆類中心の食事がいいとされているようです。

また、和食を中心とした食事も産後の肥立ちを良くする食事として良いといわれているようです。

その他にも、黒砂糖を熱湯でといたものやラズベリーの葉(ラズベリーティー)なども良いとされています。

 

逆に産後の肥立ちを良くする場合として控えたい食事や食べ物として、揚げ物や生魚・生の果物・卵や牛乳・砂糖や生野菜などが言われています。

生のままでは酵素が取れるのでいい感じもしますが、身体を冷やさないという点では控えた方がよいと思います。

 

そして、産後の肥立ちと更年期との関係として、産後の肥立ちの期間に心身ともに回復をしないと更年期の時により更年期に受ける症状や状態が重くなってしまうといった話もあります。

いずれにしても、出産後の母体の心身状態をより良い状態にすることというのが重要なポイントであるといえるかと思います。

 

いかがでしたか?

産後の肥だちを良くするために参考にしていただけたらと思います。

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

産後のボディメイクスケジュール 春風堂接骨院(整骨院)

2017.05.18 | Category: 産後の骨盤矯正

こんにちは!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)の向です。

今回は『妊娠中の心掛け』や出産されてからの『産後のボディメイク・スケジュール』を書いていきたいと思います。

・妊娠中の心掛け

赤ちゃんのためにも身体のケアを!

妊娠中はお産に向けて骨盤が開いていきますが、自分でも身体をゆるめやすい状態にすることが、子宮や胎盤をいい状態にキープすることにつながっていきます。

出産準備のためだけでなく赤ちゃんの居心地のためにも骨盤まわりを柔軟にすることが大切です。

そばにいるお母さんの呼吸が浅いと赤ちゃんの夜泣きにつながることがあります。

ふだんでもストレスや疲労がたまると呼吸が浅くなりがちです。

自分の身体をいたわりちゃんと向き合っているお母さんほど、呼吸が安定し心も安定します。

だからこそ、お母さんには妊娠中だけでもなく出産後も自分の身体とちゃんと向き合ってほしいです。

それはもちろん自分の美しさを保つためですが、赤ちゃんのためでもあるのです。

 

産後のボディメイクスケジュール 出産翌日~(約1週間)

◎体力の回復を

この期間はまだ入院中でしょう。お見舞い客の対応もほどほどに。

からだを休める時間を意識しましょう。

産院にもよりますが、赤ちゃんの授乳のたびに起きないといけない場合はゆっくりできない事もありかもしれません

 

産後のボディメイクスケジュール 2週目

◎コリやこわばりをとって身体をリセット

◎骨盤の戻りを助ける

頻繁に授乳や睡眠不足、慣れない育児にストレスを感じるころ。

できるだけ赤ちゃんと一緒に昼間もやすみましょう。

骨盤に重力をかけないよう、なるべく立ち上がらないで横になっているのがベター。

ただし、骨盤が歪みやすいので、横になって寝ながらの授乳は控えましょう。

骨盤自体には負担かけず、足首や腕を動かすことで骨盤に働きかけます。

呼吸を重視して身体の感覚を取り戻しましょう。

エクササイズなども無理をせず何かひとつだけでもやるだけでOKです。

 

産後のボディメイクスケジュール 3週~4週目

◎骨盤底筋群の修正

体力が戻りつつあるとはいってもまだまだ動作は慎重に。

動くときは「ゆっくり」を心がけましょう。身体をよく温め水仕事や風にあたったりするのは控えてください。

自然分配の方は、骨盤底筋群を大きく傷つけてしまっています。

帝王切開の方は筋肉を大きく切ることにより長い間腹筋が弱い状態になってしまいます。

力が入る感覚がまだ戻らなくてもあせらないこと、疲れているときは「骨盤呼吸」などをするようにしましょう。

 

産後のボディメイクスケジュール 1ヶ月後~

◎骨盤や身体の各部位の引き上げ

「床上げ」はすんでも、すぐに自転車に乗ったり長時間ドライブしたりするのは避けましょう。

急激に骨盤に負担をかけないよう、少しずつ元の生活に戻していきます。

身体を動かそうという意欲が高まってくる時期。

立って行うエクササイズを取り入れてもいいでしょう。疲れや倦怠感を感じたらやすむことも大切。

けっして無理はしないように。

余裕があればエクササイズを少しずつ増やしてみても良いでしょう。

 

1ヶ月半経ったら産後骨盤矯正を始めましょう!

 

いかがでしたか?初めて出産された方、今から出産される方の参考にしていただけたらと思います。

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

 

 

 

 

産後のボディメイクについて 後半 春風堂接骨院(整骨院)

2017.05.10 | Category: 産後の骨盤矯正

こんにちは!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)の向です。

今回は前回と引き続き、出産後のボディメイクについて書いていきたいと思います。

 

産後のボディメイク 6カ条

授乳時の姿勢も有効活用

1日の授乳時間を合計すると、かなりの長さになります。

生後1か月の赤ちゃんの授乳回数は、1日に5~6回。

1回を約15分とすると、1日におよそ1.5~2時間弱は授乳時間に使っていることになります。

ただし、これあくまでも目安です。

母乳が出にくかったり、うまく赤ちゃんが吸ってくれなかったりで、人によっては1回に30分以上かかる場合も。

だからこそ、この時間に正しい姿勢をキープするだけでかなりのトレーニングになります。

 

産後のボディメイク 7カ条

効果はあせらない

早く体型を戻したいのはやまやまなのですが、あせってハードなトレーニングをするのは逆効果です。

骨盤を回復させ、ゆがみを調整し、少しずつ引き締めるという手順が大切です。

とくに骨盤底筋群をはじめとしたインナーマッスルのケアに激しい運動は適しません。

体型にすぐ効果があらわれなくても、以前より正しい姿勢にとりやすくなっていたり、疲れにくくなったり、小さな変化はあるはずです。

こうした小さな変化の積み重ねで、確実に身体は変化していきます。

 

産後のボディメイク 8カ条

筋肉の存在を意識する

普段何気なく行っている動作でも、自分がどんな筋肉を使っているのか、意識して生活してみましょう。

エクササイズ中もどこの筋肉が使われているのかを確認したり、イメージしてみましょう。

こうして意識するだけでも、筋肉の機能はグンとアップします。

むやみに正しい姿勢をとろうとするよりも、自分の筋肉が頑張って身体を支えているようすを実感するほうが、意外と楽にできるものです。

 

産後のボディメイク 9カ条

身体を温めましょう

暖かい身体はめぐりがよく回復力を高めてくれるので、産褥期は身体を冷やさないように注意してください。

水仕事などにも注意してください。

風にあたったり、冷たい飲み物や食べ物も避けるようにしましょう。

この時期に身体を冷やすと、悪寒などの症状が出ることもあるので注意が必要なのです。

とくに、女性の臓器が集まる腰まわりと、血液が届きにくい足首が、腹巻きや厚手の靴下などで対策を。

足湯や身体を温める食事も有効です。

 

以上が産後のボディメイク9カ条です。

出産は自分の身体と向き合い綺麗になるチャンスでもあります。

出産は女性の一大事業です。

なんといって自分のお腹から命を生み出す生命の不思議を実地で体験するのです。

その分、身体の内面の部分では大きな変化が起こっています。

ホルモンのバランスが激変し、骨格や体重・体液までもが変化します。

体質も変われば、食べものの好みなども変わります。

それまでの心のありようすら変わることもあります。

この時期に自分の身体と向き合うのは、よい子育てをするのに欠かせないことでもあるのです。

そのために身体の状態を整えるために産後骨盤矯正は必要なのです。

 

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

 

 

 

 

 

産後のボディメイクについて 春風堂接骨院(整骨院)

2017.05.01 | Category: 産後の骨盤矯正

こんにちは!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)の向です。

今回は出産後のボディメイクについて書いていきたいと思います。

初めて出産される方達に参考にしてもらえたらと思います!

産後のボディメイク1カ条

とにかくしっかり身体を休ませましょう!

産後1ヶ月は「床上げ」せず、なるべく横になって過ごすことが大切です!

産後すぐの身体は、思った以上に大きなダメージを負っています。

無理に動いてしまうと、さまざまなトラブルを招くもとになります。

赤ちゃんと一緒に寝たり起きたりしながら、無理をせずに生活することが大切です。

「床上げ」するまでは、家事を休むのもお母さんの仕事と心得です。

産後1~2週間は休むこと自体が骨盤の調整です。

産後のボディメイク2カ所

産後すぐのダイエットは厳禁!

体重を戻すための食事制限は気をつけて下さい。

おっぱいを出すためにも、しっかり栄養をとりましょう。

母乳で育てていれば、体重はあっという間に減っていきます。

たとえミルクで育児していても、産後は代謝が高まる時期なので無理なダイエットで代謝を下げるのは逆効果になってしまいます。

また、産後すぐにガードルなどで身体をしめつけるのよくありません。

骨盤が閉じる前にこわばらせてしまうことに繋がってきてしまいます。

産後のボディメイク3カ条

産後はホルモン変調期。

ホルモンバランスが元に戻るのに、産後6週間くらいかかります。

この時期は、誰でもナーバスになったりイライラしたりするものです。

しかも、自分の時間がとれずストレスがたまりやすい時期でもあるのです。

こうしたことは産後には「つきもの」と考えて、受け入れることも大切です。

イライラしても「そういう時期なんだ」と、おおらかに構えてみましょう。

産後のボディメイク4カ条

呼吸を深く保ってリラックス

深く呼吸をして身体のすみずみにまで酸素を届けると、ストレスが軽減され、おっぱいの出もよくなり、新陳代謝もアップしていきます。

呼吸は、疲労やストレスを感じると浅くなる傾向があります。

産後は不安を感じたり、育児に疲れを覚えたりしやすいので一日に一回は「骨盤呼吸」で全身に酸素をゆきわたされてリラックスしてください。

口だけで息をする「口呼吸」も呼吸が浅くなる原因です。

思い当たる人はお気を付け下さい!

産後のボディメイク5カ条

目を疲れさせないこと

産褥期に目を酷使するのは避けましょう。

現代ではスマホやテレビを長時間する人もいるのですが、目に疲労がたまると頭蓋骨がしまり、それは骨盤へ伝わってこわばりを産んでしまいます。

これはおっぱいにも悪影響を及ぼしてしまいます。

また、産後は視力が低下しやすい時期でもあります。

長時間の読書や細かい作業は眼に疲労がてきめんにあらわれます。

昔の人の「産後は針仕事をするな」という言い伝えにはちゃんと理由があるのです。

 

いかかがでしたか?

初めてで手探り状態の方やこれから出産される方に参考にしてもらいたいです。

来週は産後ボディメイクの9か条後半を書いていきたいと思います。

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

 

 

 

産後骨盤矯正 瘦せにくく太りやすい体質改善 春風堂接骨院(整骨院)

2017.04.18 | Category: 産後の骨盤矯正,腰痛

こんにちは!

今回は産後骨盤で来院された患者さまの紹介をさせていただきます。

今回の患者さまは今年の1月に出産され、今まで計3回出産を経験された方です。

患者さまの主訴は腰の痛み・肩こり・姿勢・骨盤の開きが気になるとの事でした。

これらの痛みは出産による骨盤の歪みからきているのです。

なぜ骨盤なのかというと、骨盤は人間の身体では土台なのです。

家などの建物は、土台が歪んでくるといろんなところにひずみが生じてしまいます。

これは人間も一緒のことで土台となる骨盤が歪んでくると、この患者さまと一緒で腰や肩、悪い方は膝や股関節などに痛みが出やすく身体が不調になりやすくなってしまいます。

なぜ骨格が歪んできてしまうのかというと、原因は筋肉にあるのです。

筋肉というのは必ず骨と骨についており、関節をまたいで張るようになっています。

筋肉は使い過ぎたり、同じ姿勢でいたりすると筋肉は硬くなり骨を引っ張る形で骨格を歪ませてしまいます。

産後の場合は出産時に過大に筋肉を使い疲労してしまう為硬くなりやすく、出産の際に骨格が強く歪めてしまうのです。

出産後は身体を過大に使用してしまっているのと、ホルモンのバランスが崩れてしまっているため身体を安定させるために1ヶ月半ぐらい安静が必要なのです。

このように通常の身体の状態とは違い、産後というのは特別なのです。

また、出産というのもやはり特別なことです。

出産時には骨盤の恥骨結合という場所がホルモンや筋肉の影響で通常開くことがない場所が開いてくれてお子さんが出産され誕生するのです。

この時に骨盤が開いたままの状態がもとの位置に戻らずに固定されてしまう事があります。

これが産後で代表的な歪み「骨盤の開き」なのです。

骨盤の開きが残ったままだとどういった影響が身体に出るのかというと、こちらも代表的な「瘦せにくく太りやすい」といった体質になってきます。

なぜ「瘦せにくく太りやすい」といった体質になるのかというと、内臓が関係してきます。

骨盤の中には小腸や大腸などの消化吸収に関係してくる内臓が多く入っています。

出産する際に骨盤の開いて残っていってしまうと、この消化吸収に関与する内臓の位置落ちる形で変わってしまうのが問題なのです。

内臓の位置が変わってしまうと、内臓へのストレスがかかってしまい通常より消化吸収がうまくいかず代謝機能が落ちてきてしまいます。

代謝機能が落ちるため先ほど出てきた「瘦せにくく太りやすい」体質に繋がってきてしまいます。

この代謝が落ちる原因は骨盤の開きにあるので、この開きを整えると内臓の位置も元の位置に戻ってくれるので瘦せにくいといった体質の改善にもなります。

実際に来院され治療して骨盤は整った方で体重が減少された方もいらっしゃいます。

また、産後で来られている患者さまはお子さんの抱っこが多いのも腰の痛みに繋がってきています。

なぜ抱っこだけでも痛みに繋がってくるかというと原因の一つに筋力不足が関わってきます。

妊娠してからあんまり動けないのと運動もできなくなってしまうので筋肉は落ちていってしまいます。

そのため筋肉がない分頑張ってしまい、筋肉が疲労してしまい硬くなり痛みがでてしまいます。

痛みがでているときにも運動はある程度しないといけません。

痛みがあるから動けないといった人のために当院ではコアレというインナーマッスルを鍛えてくれる電気を用意させて頂いています。

お腹にある天然のコルセットと言われるインナーマッスルを電気で刺激し鍛えることで筋力不足で痛みが出てるのもとれ、さらに動きやすい身体を作ることができます。

実際に患者さまの中ではベットから起き上がりやすくなった、歩く距離が伸びたといった結果を出している患者さまもいらっしゃいます。

当院では患者さまそれぞれに合わせた治療を提供させていただきます。

なにか疑問になったことや不安に思う事がありましたら遠慮なくご相談下さい。

腰痛に関することはこちら

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産後骨盤矯正 腰からお尻~右股関節、太腿にかけて痛み 春風堂接骨院(整骨院)

2017.04.08 | Category: 産後の骨盤矯正

こんにちは!

西東京市 下保谷 春風堂接骨院 向です。

今回、紹介させていただくのが産後骨盤矯正で来院された患者さまです。

この方は去年の9月に自然分配で出産されました。

主訴は腰からお尻~右股関節、太腿にかけて痛みがでているとのことです。

元々腰痛があったのですが、出産してから悪化したようです。

出産することで骨盤の歪みが通常より強くなることや出産することにより特殊な骨盤の歪みが生じるにも原因の一つになってきます。

産後骨盤矯正の適正の時期は出産してから1ヶ月半~2年といわれています。

なぜ1ヶ月半経ってからなのかというと、出産するときには全身の筋肉を過剰に使い疲労がたまってしまうのと体内のホルモンバランスの乱れがあるからです。

それを安定させるために1ヶ月ほど安静が必要なのです。

2年以内というのはこれ以上たってしまうと身体歪んだ状態での定着が強くなってしまうために経つ前にやってもらった方が正常の身体に戻りやすいためです。

2年以上経った方も可能なのですが、どうしても2年以内の方と比べて正常にもっていくのが時間かかってしまいます。

ただ産後三年経ってから矯正された患者さまもいるので遠慮なくご相談ください。

話は戻りますが、先ほどお話にあった出産することにより特殊な骨盤の歪みとはどうゆうものの事なのか分からない方がいると思われます。

出産による特殊な歪みとは骨盤の開きのことです。

骨盤の開きというのは通常の生活で骨盤というのは開くことはないのですが、出産時に骨盤の恥骨結合という場所がホルモンの影響で開いてくれます。

この恥骨結合部分が開くことでお子さんが誕生するというのが出産の流れなのです。

この開いた場所が出産後元の位置に戻ってくれればいいのですが、筋肉などの影響でなかなか元に戻ってくれることは難しいです。

また、開きすぎている状態と逆の閉じすぎている状態もあり、これも筋肉が影響してどちらとも引っ張られるような形で歪みとしてでてしまうのです。

骨盤が開いているとどんな影響が出るのかというと、骨盤の中には内臓がはいっており開いた状態にいると内臓の位置が下りる形で変わってしまい通常より内臓への負担がかかるようになり消化吸収がしづらく代謝が落ちやすくなります。

代謝・循環不順になってしまうので太りやすく瘦せにくいといった体質になってしまいます。

逆の閉じすぎている状態は骨盤内の内臓を圧迫する形で内臓へ負担がかかり、消化吸収が正常に行えなくなるのでこちらの方も代謝が悪くなり太りやすく瘦せにくいといった体質になりやすいです。

この他にもこの方は骨盤の前傾に歪みや左右の高さが違うなどの色々な歪みがあります。

左右差があると腰の痛みでどっちかに痛みが偏るといったことや前傾が強くでると腰・お尻・大腿にかけて張りが強くなりやすいです。

まさしくこの方これらの歪みの影響がでているのです。

身体の歪みは個人差があるのでそれぞれにあった治療をしないといけません。

私共の治療は患者さまそれぞれに合わせた治療を施術させていただきます。

産後骨盤矯正に関して疑問に思うこと、心配なことがありましたら遠慮なくご相談下さい。

腰痛に関することはこちら

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

 

 

産後骨盤矯正 腰の骨がベルトに当たり痛い 春風堂接骨院(整骨院)

2017.03.31 | Category: 産後の骨盤矯正,腰痛

こんにちは!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)向です。

今回は産後骨盤矯正で来院された患者さまの紹介をしていきたいと思います。

産後の骨盤矯正

抱っこひもで生後7ヶ月の娘を抱っこしていて長時間歩いていると必ず右の腰骨だけが腰ベルトに当たってしまい痛くなる日が続き、歪んでいることを実感していました。
通院するうちにどんなに歩いていてもその痛みがなくなったことに気づき、驚きました。
また、スタッフの方が娘を抱っこしててくれていたので安心して施術を受けることができるのも助かりました。

予約の時間もとりやすく、待ち時間も少ないので通いやすかったです。
どうもありがとうございました。

この患者さまは出産を2回経験しており、最後の出産が約1年前とのことでした。

主訴はこの患者さまの声にあるとおり、右股関節外側に歩いていると当たってしまい痛みがあるのと腰~お尻・肩や背中にも痛みがある。

また、悩みは体重が増えやすく減らない、代謝が悪い気がするとのことでした。

これらの痛みや代謝不良の原因は骨盤の歪みと筋肉にあります。

産後というのは、通常の生活で出る歪みとは違います。

どう違うのかというと、出産の際に骨盤にある恥骨結合という場所がありこの場所は通常の生活では開くことはありません。

出産といのは特別っていうのはこのことで、出産時にはこの恥骨結合がホルモンと筋肉の影響で開いてくれお子さんが誕生するといったのが出産の流れです。

この恥骨結合という場所が開いたあとに元の位置に戻ってくれればいいのですが、筋肉の影響などで自然に戻ってくれることはなかなか難しいのです。

また、開きすぎている状態と逆の閉じすぎている状態もあり、これも筋肉が影響してどちらとも引っ張られるような形で歪みとしてでてしまうのです。

骨盤が開いているとどんな影響が出るのかというと、骨盤の中には内臓がはいっており開いた状態にいると内臓の位置が下りる形で変わってしまい通常より内臓への負担がかかるようになり消化吸収がしづらく代謝が落ちやすくなります。

代謝・循環不順になってしまうので太りやすく瘦せにくいといった体質になってしまいます。

逆の閉じすぎている状態は骨盤内の内臓を圧迫する形で内臓へ負担がかかり、消化吸収が正常に行えなくなるのでこちらの方も代謝が悪くなり太りやすく瘦せにくいといった体質になりやすいです。

この患者さまはまた特殊で右側は閉じすぎている状態で、左側は開きすぎている状態といった複合型になっていました。

この患者さまの悩みにもあったのがこれに繋がってきます。

人によって身体の歪みはこのように違うので患者さまぞれぞれにあった治療を人の手でしないといけません。

この患者さまは骨盤が整い、筋肉の硬さもとれて腰~お尻の痛みも取れたので今はメンテナンスや肩の治療を現在されています。

どうしても筋肉や骨格は使えば使うほど硬くなるし歪みもでてしまいます。

だからこそある程度の期間でメンテナンスは必要なのです。

産後骨盤矯正に関して疑問に思うこと、心配なことがありましたら遠慮なくご相談下さい。

腰痛に関することはこちら

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

 

 

 

産後骨盤矯正 太りやすく瘦せにくい 保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整体院)

2017.03.09 | Category: 産後の骨盤矯正

こんにちは!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整体院)向です。

今回は産後骨盤矯正で来院されている患者さまの紹介をさせていただきます。

この方の主訴は右腰と背中、両股関節に痛みがあり骨盤の開きや姿勢が気になるとのことでした。

腰の痛みが右寄りになっていることや股関節前方に痛みがあるといったことから骨盤が歪んでいると思われます。

右寄りになっていることは骨盤の左右差がでており、足の長さなどが変わってきておりバランスが崩れて右の方に負担がかかりやすいといった状態になっているのです。

股関節の前方に痛みがあるということは骨盤が前に傾いてしまっており、重心が前方にあることで負荷が通常よりかかってしまい股関節に痛みがでてしまっているのです。

また、出産による影響で股関節前方が開く形で筋・腱が引っ張られる形でも痛みがでてしまいます。

骨盤というのは通常開くことはなかなかありません。

出産というのはやはり特別なことで出産時に骨盤の恥骨結合という場所がホルモンの影響で開くことになり、お子さんが誕生するといったのが出産の流れなのです。

この後に骨盤の開いたのが正常の位置にもどってくれればいいのですが、これが筋肉などの影響でなかなか元に戻ってはくれず開きっぱなしになっているのが産後特有の歪みなのです。

筋肉の影響というのは、筋肉は通常骨と骨の間に張ってましてこれが収縮してくれて関節を動かしてくれます。

この筋肉は使いすぎたりすると疲労し硬くなり短縮してしまいます。

短縮し硬いままの状態になってしまうと骨を引っ張る形で歪みの原因になってしまいます。

出産するときに筋肉が過度に使ってしまうのも原因の一つです。

骨盤が開きっぱなしになっているとどういった状態になるかというと、骨盤の中には内臓がはいっており開いたままだとこの内臓の位置が落ちる形で場所が変わってしまいます。

内臓の位置が変わると通常より負担がかかることで消化吸収が正常に働かなくなり新陳代謝が悪くなり産後によく言われる太りやすくやせにくいといった体質になってしまうのです。

また、これにより便秘や冷えにもなりやすくなってしまいます。

この骨盤の開きを整えると内臓の位置が元の位置に戻ることにより消化吸収が正常に働きやすくなり新陳代謝が良くなり様々な体質の改善にも繋がってきます。

この方は帝王切開で出産されました。

帝王切開でも骨盤は開くのかといった疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

帝王切開でも骨盤は開きます。

なぜかというとホルモンの影響で開くので出産の準備が身体内ではできているので通常の自然分配と同様に骨盤は開いてしまい、開きっぱなしの状態になってしまうことはよくあります。

産後骨盤矯正の適正の時期は1ヶ月半~2年です。

なぜ1ヶ月半からなのかというと、先ほどお話しにでてきた筋肉を過度にしようしたのとホルモンバランスが崩れているためにそれを安定させるために1ヶ月半置くことが大事なのです。

2年以降になってしまうと身体が歪んだ状態で固定されているのが強くなるので整いにくくなってしまうためです。

ですが、産後3年たってからされている患者さまもいるので気になる方は遠慮なくご相談下さい。

腰痛に関することはこちら

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

 

 

 

 

 

 

 

産後骨盤矯正 腰痛 西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)

2017.02.21 | Category: 産後の骨盤矯正

こんにちは!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整体院)向です。

今回、紹介したいのは産後骨盤矯正で来られている患者さまについて書いていきたいと思います。

この方は元々慢性的に腰痛をもっており、2年前に足をケガをして歩き方も変になっているので腰が痛みがでていたとのことでした。

今回出産により、痛みがさらに増したので来院したとのことです。

まずこの方は腰の痛みは筋肉は元々硬くなっており、その上に足のケガの影響でかばうように歩いていたため左右の足の長さなどが違い歪みがあるのが腰の痛みの原因の一つであります。

さらに出産することでより一層歪みが強くでることにより痛みがさらに増す状態になっています。

出産した後に骨盤は歪むのか?といった疑問をもつ人いると思います。

出産というのは骨盤にある恥骨結合という場所がホルモンの影響で開いてお子さんが誕生するといった流れなのです。

この骨盤が開いた状態でいるのが産後でいう代表的な骨盤の歪みなのです。

また、出産時に歪みがでる原因の一つに筋肉の硬さも関わってきます。

出産前はお子さんを身ごもっており、身重なのでそれを支えるために筋肉を使ってるため。

出産時にも筋肉を使っているため疲労し硬くなってしまっています。

筋肉は骨と骨に張っているので筋肉が硬くなり短くなって引っ張る形で歪みの原因になってきます。

開きっぱなしだけではなく逆に閉じすぎている状態にもなる事があります。

これは先ほどお話しで出てきた筋肉の影響が強く出ているためです。

骨盤が開きっぱなしだとどのような影響が出るのかというと、一言で言うなら代謝が悪くなります。

なぜ代謝が悪くなるのかというと、骨盤の中には内臓が入っており開きっぱなしだとこの内臓の位置が落ちるような形で変わってきてしまい通常より負担がかかってしまう形で正常に消化吸収がしづらくなってしまいます。

こうなってしまうと産後によく言われる「太りやすく瘦せにくい」と言われる体質になってしまいます。

この骨盤の開きっぱなしを整えると内臓の位置がもとの位置に戻り正常に機能するようになり太りやすく瘦せにくいといった体質の改善につながってきます。

逆の骨盤が閉じすぎてる状態というのもこの体質に関わってきます。

閉じすぎていると内臓を圧迫する形で内臓にストレスがかかってしまい、代謝異常が起きてしまいます。

生理痛や便秘、恥骨の痛みも出やすくなってしまいます。

閉じすぎてる状態も整えることで改善につながってきます。

なぜこの2つの歪みについて紹介したのかというと、この患者さまは両方ともに出ていたからです。

左側は閉じすぎている状態、右側は開きっぱなしの状態に歪みが出ていました。

このように人によって産後の状態は違います。

だからこそ、それぞれの患者さまにあった治療をする必要があるのです。

私共の治療は患者さまにあった骨盤を整え筋肉の硬さをとる治療、両方共に行うので根本的に治していき痛みや疲れが出にくい身体を作ることができます。

産後骨盤矯正でなにかご不明な事や心配なことがございましたら遠慮なくご相談下さい。

腰痛に関することはこちら

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之