TEL

Blog記事一覧 > 膝の痛み > 膝の痛み(スポーツ外傷)

膝の痛み(スポーツ外傷)

2018.05.18 | Category: 膝の痛み

大泉学園にお住まいの皆様へ

こんにちは!

初めまして!

西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の香下(こうした)です。

5月から入社致しました。専門学生時代は石川先生と同期で当時はお互い切磋琢磨して参りました。

覚えにくい名前ではございますが、どうぞ宜しくお願い致します。

近頃の天気は不安定で体調を崩されてしまった方や身体の不調が出ている方が多いかと思います。

去年来なかった梅雨は今年は嘘かのような雨で外出するのも一苦労ですね。

私もですが、こういった天気は気分も乗らず、重ダルさを感じたり、痛みを感じる方、様々な症状で悩まされてる方々は是非、西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院・整体院)にお越し下さい。

さて、今回は小学生4年生のサッカーをしていて膝の痛みで西東京市 下保谷 田無 春風堂接骨院(整骨院・整体院)に来院されました。

練習中に激しい接触プレーもなく、急に膝が痛み始めた為に整形外科にかかられ、

診断名は、「シンディング・ラーセン・ヨハンセン病」との事です。

膝のスポーツ外傷の一つで、膝のお皿の下の部分に痛みを感じる症状です。

この膝の痛みの似た症状が、皆さんもご存知かと思いますが、

「オスグッド・シュラッター病」 通称オスグッド病と言われているものです。

他にもいくつか膝の痛みはあり、特にこの二つの症状がとてもよく似ているのですが、

唯一異なるのが痛めている場所です。

 

シンディング・ラーセン・ヨハンセン病は膝のお皿の下の部分に対して、

オスグッドはその下の脛の上の部分が痛みが出ます。

それ以外の症状はほとんど同じ!!

膝の痛みの原因としては、太腿の前にある大きい筋肉、「大腿四頭筋」の硬さによってくるもので、

何故筋肉が硬くなると膝の痛みが出てきてしまうかというと、硬さによって、筋肉の柔軟性が失われ、付着部にストレスを与えてしまい、炎症を起こしてしまうからなんです!!

炎症を起こしてしまうとその部分が熱くなり、ひどい場合は何もしてなくてもズキズキと痛みを感じるんです。

この症状が出ている際は、まずはアイシングが大切。

基本的にはRICE処置が肝心!!

安静(Rest)アイス(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)

皆さんこれを機に覚えましょう。

膝の痛みが出やすいスポーツとして挙げられるのが、

サッカー バスケットボール 陸上競技と共通しているものが、膝をよく使うということで、凄く単純ですよね。

何を伝えたいかといいますと、筋肉も内臓も全てが消耗品なんです。

例えば、車で考えていきます。数年に一度車検に出されますよね?

細かなところは専門家にしか分からない事が沢山。自分では気付かなくても、体は悲鳴を上げているんです。

なので、定期的に西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院・整体院)に来て下さい。

今回の膝の痛みで西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院・整体院)来院された患者さんは実は悲鳴を上げていたんですね。

膝の痛みが原因となる大腿四頭筋の緊張をほぐす為、西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では痛みや炎症を軽減する特殊な電気治療とマッサージを施します。

ですが、根本的に治すには膝だけではなく体全体を整える必要がありますので、矯正治療が必要となります。

 

西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では膝の痛みで悩まされている方、一度症状が落ち着いたが再度痛みが出てきてお困りの方は是非ご連絡下さい。

痛みの無い矯正治療による根本治療をし、体を整えて行きましょう!!

何か分からない症状がございましたら西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院・整体院)までご連絡下さい。

膝の痛みについて

西東京市 下保谷 田無 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院・整体院)TEL042-421-5213

 

 

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

お問い合わせはこちら

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療、産後骨盤矯正、交通事故治療 お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
院長大熊 貴之