Blog記事一覧 > 腰痛 > ぎっくり腰は慢性化された腰痛が蓄積されたものです。 春風堂接骨院(整骨院)

ぎっくり腰は慢性化された腰痛が蓄積されたものです。 春風堂接骨院(整骨院)

2017.12.05 | Category: 腰痛

こんにちは!!

西東京市 下保谷 田無 春風堂接骨院(整骨院)の石川です。

寒くなってきたからか患者様の中でも風邪をひいてしまう方が増えてきました。

朝と夜はグンと冷えてきます。寒さは風邪だけではなく体の不調(肩こりからくる頭痛・慢性的にあった腰痛からくるぎっくり腰)

などと言った身体の痛みなども出てきます。

寒さは様々な影響を及ぼします。なので西東京 田無 春風堂接骨院(整骨院)では湿布ではなくホッカイロを貼る事をお勧めしています。

腰の痛み(ぎっくり腰)・肩の痛みがある方は是非やってみてください!!

なにかお困りの症状がありましたら西東京市 田無 春風堂接骨院(整骨院)へご連絡下さい

 

今回はこの時期に多くなってくるぎっくり腰の患者様をご紹介したいとおもいます。

長年抱え込んできた腰痛で付けが回ってきたのか1週間くらい前にぎっくり腰になってしまいました。今までは整形外科にて電気や湿布痛み止め

の注射などあらゆるものをやっていました。

しかし、良くなることもなく痛みが増してきてしまったので接骨院で探してみようと思い春風堂さんへ伺いました。

二回目三回目と治療を重ねるたびに腰の痛みだけでなく腰の重さまでなくなっていきました。

慢性的な腰の痛みなどからぎっくり腰などが出てくるみたいなのでそういうかたはお勧めします。

説明もわかりやすく今どのような状態なのかなども説明していただけるので自分でも把握できるのでありがたいです。

この方は土木の仕事をしている方で座ったり立ったりを繰り返し階段の上り下りを繰り返しているそうでこのような繰り返しによって筋肉はどんどんと硬くなっていきます。筋肉は固くなっていくとその中にある神経や血管が圧迫されてしまい痛み・重症度として高い方はしびれなども出てきます。

この方の場合は元々慢性的な腰痛もありぎっくり腰も何度か繰り返していました。ぎっくり腰は小さな動作・靴ひもを結ぶときやかがんだ時などなんともない動きでぎっくり腰はなってしまうと思う方多いと思います。しかし、その小さな動作だけが原因ではなく日々の仕事などにより蓄積され痛みの閾値というものがありそれを超えるとぎっくり腰になります。

なので自覚で慢性的な腰痛がある方・腰痛が無い方どちらにしてもぎっくり腰には気を付けなければいけません。ぎっくり腰を繰り返していると言う事は根本的に治っていないと言う事になります。根本的に治すためには骨盤の矯正をおすすめしています。この方の場合も骨盤の歪み(足の長さの違い)などもありぎっくり腰を繰り返していたと考えられます。

西東京 田無 春風堂接骨院(整骨院)の治療では筋肉の硬さを柔らかくする治療だけでなく骨盤の歪みの矯正の二つからアプローチし、今の痛みを取るだけでなく今後痛みの出にくく疲れずらい身体作りをしていきます。

ぎっくり腰について

西東京市 下保谷 田無 春風堂接骨院(整骨院)TEL042-421-5213

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之