Blog記事一覧 > 未分類 > 慢性的な腰痛からくるぎっくり腰

慢性的な腰痛からくるぎっくり腰

2017.10.23 | Category: 未分類

こんにちは!!

西東京市 保谷 田無 春風堂接骨院 (整骨院)  スタッフ 榎戸です。

ここ最近は暑かったり寒かったりと気温差が激しく

痛みが出てきてしまったり、痺れを感じるようになってきたり

生活していてもだるさや疲れを感じやすくなっている人が多いと思います。

この時期は普段痛みやだるさを感じていなかった方でも出てきやすい季節になります。

そのため状態が悪く感じてしまったりするとは思いますが

天候に合わせて服装などを調節して体調管理をしっかりして下さい。

 

 

今回はぎっくり腰になってしまった方の体験談です。

朝、洗濯機から洗濯物を取り出そうとしたとき、ぎっくり腰になり違和感が走り、

大丈夫だろうとパートに出たところ午後には我慢できない痛みになってきてしまい

パートを早退して、夕方に予約無しで飛び込み

初診でしたが、快く受け付けて頂けました。

今現在の状態や症状を聞いて、これから行っていく治療について丁寧に説明していただきました。

今は高校生の息子が、赤ちゃんの時に抱っこをしていて

ぎっくり腰になり、痛めてから何度も繰り返して慢性的な腰の痛みと共に、

昨年左膝のお皿を骨折して、まだ元通りに歩けるようにならないこともあり、

続けて受診する事にしました。

長年腰痛があり、今までも何カ所か鍼やお灸、整体に通いましたが、

このような治療は初めてでした。

最初の治療ではベッドに横になるのも辛かったのですが、

治療をして帰る時にはかなり痛みもひき、楽に歩けるようになりました。

腰の痛みはまだ完治していませんが、二度目の治療後から、

膝の違和感がなくなり、歩くのが楽になりました。

以前からずっと片足を引きずって歩いてたので、家族もビックリしています。

今後も続けて治療して腰の完治を目指したいと思います。

 

 

この方はパートでデスクワークをやっている方で、座りっぱなしが多く

あまり動きがありません。

そのため筋肉がその姿勢を維持し続けようと頑張りすぎてしまい

疲労が溜まり、硬くなってきてしまい痛みが出てきやすい状態を作ってしまっています。

こういう風に筋肉が硬くなってしまうと骨を引っ張る力が大きくなり

骨盤・骨格の歪みに繋がっていきます。

そして歪んでしまった骨盤・骨格は自分自身の筋力では戻すことは困難で

負担が違う所に移り変わり、膝や肩などに余計な力が働き

肩こりや頭痛、膝だと変形性の膝関節症といった状態になりかねません。

その為、西東京 保谷 田無 春風堂接骨院 (整骨院) では骨盤・骨格の矯正と

筋肉の硬さをしっかり取り除く手技での治療を行っています。

患者さまの状態に合わせて治療を行っているので

同じ西東京でも田無などちょっと離れた距離から来られる方も多くいます。

 

ぎっくり腰や慢性的な腰痛、肩こり、頭痛などの症状がありお困りの方は

保谷 田無 春風堂接骨院 (整骨院) へご来院下さい。

 

腰痛でお困りの方

西東京市 下保谷 田無 春風堂接骨院(整骨院)

TEL042-421-5213

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之