Blog記事一覧 > 未分類 > 産後の身体の疲れは骨盤の歪みから

産後の身体の疲れは骨盤の歪みから

2017.09.12 | Category: 未分類

こんにちは!!

西東京市 下保谷 田無 春風堂接骨院(整骨院)の向です。

日差しが秋っぽくなってきて暑さが弱まり過ごしやすい日が多くなってきましたね。

ただ、朝と昼などの気温差が出てきており、身体も冷えやすくなってきます。

冷えは身体の筋肉を硬くしやすくしてしまうので、腰や肩、膝などの関節の痛みがでやすくしてしまいます。

冷えは大敵などで身体を冷やさないようにお気をつけてお過ごし下さい。

では、今回は産後骨盤矯正で来院された患者さまの体験談を紹介していきます。

産後骨盤矯正

二人目出産後、始め半信半疑で通い始めた産後骨盤矯正でしたが、通い始めて7回目で圧倒的に体の疲れが軽減されたことに気が付きました。いつもなら夜になると疲れからかイライラすることが多かった私が…先生が説明していた通り、産後の身体の疲れは骨盤の歪みから来るとのことで骨盤が整ってくると体も疲れにくくなる!は、本当のようです。
せっかく良くなったのにこのまま通うのを止めて元に戻ってしまったら悔しいので、これからも定期的にメンテナンスで通うつもりです。
子供を連れていっても受付の方が抱っこしていてくれたりバウンサーに寝かせて先生方があやしてくれたり、時にギャン泣きすることもあるのですが嫌な顔1つせずみなさんがあやしてくれるので安心して施術を受けることができるので、子連れママにとってもお薦めです!
これからもお世話になります!!

 

この方は出産されてから腰などの目立った痛みはないが、身体がだるいのと出産したことにより骨盤が歪んでいるんではないかということで来院されました。

産後の身体の疲れは骨盤の歪みからきています。

まず通常出産すると骨盤は少なからず歪んでしまいます。

出産時には恥骨結合という場所がホルモンの影響で開いてお子さんが誕生するので、その開いた場所がそのままで固定される。

また、お腹の中にお子さんがいる状態が長いのでこれも骨盤の歪みに繋がってきます。

骨盤が歪んでいると、まず姿勢が悪くなって様々な動作にも悪影響でてきてしまいます。

姿勢や動作が悪くなると余計な力が必要になってきてしまい、この方のように夜になると疲れが出やすくなってしまいます。

この産後の身体の疲れは骨盤の歪みからだけでは無く、筋肉の硬さも関係してきます。

筋肉は骨と骨に張ってて伸び縮みして身体を動かしてくれます。

この筋肉が出産の際に過剰に使用したのとお子さんの常日頃の抱っこなどにより筋肉が疲労し硬くなっているのも原因になります。

結局、筋肉が硬いと自分自身の筋肉が重りになっている状態になってしまいます。

重りになってしまうと動きにくいし、動くと痛い・疲れやすいといった状態になってしまうのです。

この筋肉の硬さが骨を引っ張てきてしまい、骨格の歪みに繋がってきてしまいます。

だからこそ根本的にしっかり治すには骨格の歪みを取るのと筋肉の硬さを取る必要があります。

この両方を整えると余計な力や動きが取れていき、疲れにくく動きやすい身体になっていきます。

この患者さまも両方共に整ってきたので疲れにくさや動きやすさが出てきているのです。

何か産後わからない事、悩みがあれば遠慮なくご相談ください。

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 田無 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之