Blog記事一覧 > 未分類 > 痛み止めの効かない五十肩 春風堂接骨院(整骨院)

痛み止めの効かない五十肩 春風堂接骨院(整骨院)

2017.08.30 | Category: 未分類

こんにちは!!

西東京市 田無 保谷 春風堂接骨院(整骨院)の石川です。

梅雨の様な嫌な天気も終わり晴れ晴れした夏らしい天気に回復してきましたね。

患者さまの中にはこの温度差からか風邪をひいてしまう患者様が増えてきました。

暑いからと言い冷房をつけすぎてしまうのも身体に不調が出る原因となるので気を付けましょう!!

身体に不調が出た場合田無 大泉学園からの来院が多い春風堂接骨院(整骨院)にご連絡下さい!!

今回は二年前から五十肩になりいろいろなところで治療をしていたがますます悪くなり肩を少しでも動かすと痛みが出てしまうほどになってしまい当院へ来院された患者様をご紹介したいと思います。

二年ほど前から右肩が動かなくなり、寝ている間にも目が覚めてしまうほど痛みが出てきてしまいました。整形外科へ行きレントゲンを撮りましたが骨に異常はなく五十肩と診断されました。

治療では痛み止めをもらっていたが飲んだ時は痛みが消えるが効き目が無くなるとすぐに痛みがでてきてしまい痛み止めを飲んでもきかないくらいになってきたときに次は注射をしましょう!と言われたのですが注射自体に抵抗があったので注射ではなくしっかりと治したいと思い携帯で検索したところ春風堂さんをみつけ早速行ってみました。

最初の治療で肩が上がらなかったのが少しですが可動域が広がりました。いつも寝るとき痛みがひどくでて寝ることもままならない状態でしたが痛みは軽減されいつもより寝ることが出来ました。今後は肩が良くなったら腰や膝も悪くなっているので診てもらう予定です。

この方はデスクワークの仕事をしていて久しぶりに運動をしようとジムに行き筋トレをしている際に肩を痛めました。最初は整形外科へ行きレントゲンを撮り骨には異常はなく五十肩と診断され痛み止めを処方されました。しかし、寝るときににも痛みがでるようになりそろそろしっかり治さないといけないと思い田無 保谷 大泉学園の春風堂接骨院へ来院されました。            仕事上同じ姿勢になる事が多く同じ姿勢を繰り返していると筋肉が硬まりやすくなります。筋肉が固まると胸椎の歪みが出てきて猫背になり肩を動かすことが不便になり痛みが生じてきます。

痛みを伴うとどうしても動かさなくなります。痛いからと言い動かさなくなるとさらに筋肉が固まり可動域もさらに悪くなっていきます。放っておくと可動域が完全になくなり歩くことすら痛みを感じるようになってくるのでもし同じように五十肩の症状をお持ちの方は早めの来院をおすすめします。               

田無 大泉学園 保谷春風堂接骨院(整骨院)での治療では胸椎(猫背)の矯正と硬くなった筋肉を柔らかくする治療の二つからアプローチを行い、今の痛みを取り除くだけでなく今後痛みの出にくい身体や疲れの出にくい身体をつくっていきます!!

田無 大泉学園 保谷 春風堂接骨院(整骨院)TEL042-421-5213

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之