Blog記事一覧 > 産後の骨盤矯正,腰痛 > 出産によりウエスト周りが増えた

出産によりウエスト周りが増えた

2017.09.12 | Category: 産後の骨盤矯正,腰痛

こんにちは!

西東京市 田無 春風堂接骨院(整体院)向です。

今回、紹介したいのは産後骨盤矯正で来院されている患者さまの紹介をしていきたいと思います。

産後骨盤矯正

最初は、やらないよりはいいかなという程度で行きました。一回目は姿勢が少しよくなったかなと感じ、二回目で、腰回りが少し軽くなったような感じでした。
三回目の朝、今日は骨盤矯正だな~、そういえば、毎回同じジーンズだ。と思いながらズボンを履くと、、スルッと入る!!体重を計ってみるとなんと通う前から2.5キロ減!!
座っている状態や横になっている状態からの起き上がりも軽~い!という感じ。
こんなにも違うんだとびっくりしました!
これからも通うのがより楽しみになりました!
2ヶ月の赤ちゃんを連れて行ってもバウンサーに乗せていただいて泣いてもあやしてもらって安心して通えます!
これからもよろしくお願いします!!

 

この患者さまは腰や肩に痛みはないが、身体が重たい・姿勢が悪い感じがするのと出産してからウエスト周りが増えたことが気になるとの事で来院されました。

身体が重たい感じがするのは身体の筋肉が硬くなっており状態が良くないからです。

なぜ硬くなってしまったのかというと、妊娠中お腹の中にお子さんがいた状態が長くいたためそれを支えようと頑張ったため。

また、出産の際に自然分配時には全身の筋肉を過度に使用したのも原因の一つにあります。

身体の筋肉が硬くなっていくと、自分の筋肉自体が重りみたいになってしまうのです。

こうなっていくと動くと重たい、痛いといった状態になっており疲れたが溜まりやすく睡眠をとっても疲れが取れないといった状態になっているのです。

この筋肉の硬さを取っていくと、この方が感じたとおり身体が軽くなり重りがとれたみたいに動きが軽くなっていきます。

動きが軽くなるってことは筋肉に柔軟性が出てきており、血流も良くなっているので疲れも取りやすくなり疲れにくい身体を作ることができます。

この患者さまがジーンズが入るようになったのは骨盤の歪みが無くなり整ったためです。

よく出産してからジーンズ、ズボンが入らなくなるや体重やウエスト周りが増えた等身体の変化が気になる方が多いと思います。

これは出産により骨盤が開いた状態になり骨盤が歪んでしまうといったためです。

骨盤が開いてしまうとまず腰周りは開くことにより増えてしまい、ジーンズやズボンが入らなくなる。

さらに骨盤が開いてしまうと骨盤内にある消化吸収に関係する内臓、大腸や小腸などが骨盤が開くことにより通常の位置が変わってきてしまい正常に消化吸収をおこなえない状態になってしまいます。

こうなってしまうと代謝が落ちていき、太りやすく瘦せにくいといった体質になってしまいます。

この体質になる原因は骨盤の開きによるものなので開きを整えると内臓の位置も元に戻ってくれて消化吸収も正常になるためこの「太りやすく瘦せにくい」といった体質の改善に繋がってきます。

当院では出産により固まってしまった筋肉の治療と歪んでしまった骨盤の歪みを両方整えていきます。

また、患者さまそれぞれで固まってしまった箇所や歪みは違います。

当院では患者さま1人1人に合わせた治療をさせていただきます。

何かわからない事、悩みがあれば遠慮なくご相談ください。

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 田無 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之