Blog記事一覧 > 腰痛,骨格骨盤矯正,骨盤矯正 > 脊柱管狭窄症と診断された腰痛 春風堂接骨院(整骨院)

脊柱管狭窄症と診断された腰痛 春風堂接骨院(整骨院)

2017.08.02 | Category: 腰痛,骨格骨盤矯正,骨盤矯正

こんにちは!!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)の石川です。

皆さんはBBQや海・川などで夏らしい遊びはしましたか?

最近は梅雨明けのはずなのに雨の日が多くどんよりした天気が続いていてあまりパッとしなく

やっと海へ行ける!と思うと雨が降ったりしますよね。夏らしい天気が来るのが待ち遠しいですね。

雨が降ると身体に不調が出てきたりするので身体には気を使いましょう!!

 

今回は脊柱管狭窄症と診断された患者様をご紹介したいと思います。

腰痛と15年以上と付き合い整形外科にて脊柱管狭窄症と診断されました。痛み止めの薬とブロック注射だけでしっかりとした治療はしてきませんでした。
他の治療院もいろいろと探し治療を受けてきましたが治りが悪かったのでネットで検索をし当医院にお世話になりました。
同じ症状の方は何人もいて自分の通う頻度や頑張りしだいで治っていきます。と言われ先生を信じて通おうと思いました。治療自体はまだ三回目ですが、感じ方としてはいままでにない手応えがあります。一生持ち続けると思った腰痛が解放されるのではないか?そう思える治療院にようやく出会えました。先生が言う根本的に治してもらい痛みがでにくい疲れにくい身体作りをしたいと思います。腰の他にも首の痛みもあるので診てもらおうと思っています。

 

この方は腰痛を15年以上持っていて色々な治療院へ行かれ、整形外科にて脊柱管狭窄症と診断され痛み止めの薬・ブロック注射をやっていたが効かず、整体からカイロプラクティックなどいろいろな治療院へ行っていました。しかしよくならず当院へ来院されました。       

仕事柄デスクワークをしているので座っていることが多く常に腰が痛いと言っていました。ずっと同じ姿勢で座っているとお尻の筋肉が固まってきます。筋肉が硬くなるとその中にある神経・血管が圧迫され痛みへと変わっていきます。筋肉が硬くなると骨盤の歪みも出てきます。骨格の歪みからも神経症状が出てきます。

この方は目で見てわかるほど足の長さが違いました。足の長さが変わってくると日常生活動作にて負荷のかかり方が変わってきます。この方の場合右側の腰に痛みがあると言っていたので右側に負荷がかかっていたことがわかります。なので筋肉的な治療だけではなく骨格的な歪みを矯正してあげることが必要となります。

これに神経症状により効果のある高周波の電気をポイントにあてて頂くとより早く神経症状が取れてきます。

大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)の治療では硬くなった筋肉を柔らかくする治療と骨盤の歪みを矯正する治療を行います。何かわからない事がありましたら大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)までご連絡下さい。

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)TEL042-421-5213

 

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之