Blog記事一覧 > 産後の骨盤矯正 > 帝王切開での出産

帝王切開での出産

2017.07.28 | Category: 産後の骨盤矯正

こんにちは!

練馬区 大泉学園 春風堂接骨院 スタッフ 向です。

暑くなってきましたね!

いよいよ七月後半に入り、セミも鳴いて夏本番になってきましたね。

子供たちは夏休みに入り、家族や友達と遊びに出かける人達がいると思います。

夏になると水場での事故や車での交通事故が増えてくると思います。

大泉学園近くの春風堂接骨院では交通事故後での自賠責治療を受けることができます。

また提携している整形外科の先生や弁護士もいるので何か心配なことがあれば遠慮なくご相談ください!

では、今回紹介したいのは産後骨盤矯正で来院された患者さんの体験談を紹介していきたいと思います。

 

産後骨盤矯正で、肩こりや腰痛も解消しました!

産後、骨盤まわりが緩くなっている感じがしたのと、首から肩・腰にかけては日々の育児で慢性的に凝っていたので、2人目を出産した後、2ヶ月目からこちらでお世話になりました。
骨盤矯正というと「痛い」イメージでしたが、痛かったのは初めの2,3回で、そのうちマッサージにでも来るような感覚で、とても気持ちいいと感じるようになってきました。特に腰回りの筋肉をほぐす施術は、初めは「痛いから嫌だなぁ」と思っていたのが、今ではそれをやってもらうと腰のだるさが解消され、身体が軽くなるので、本当にすごい効果が感じられます。
左右の脚の長さが違ったようで、それも解消されて骨盤周りの不安定さはなくなりました。
また、肩には一切触れていないのに、不思議と肩こりがなくなりました。
毎回赤ちゃん連れ(時々子供2人連れ)で行きますが、先生方が皆さん優しくあやしてくれるので安心して治療を受けられます。
施術時間も長くなく、長時間赤ちゃんを泣かせっぱなしにする心配もありませんでした。

今後は通う頻度を少なくして、メンテナンスに通うつもりです。

 

この方は二人出産されてから二ヶ月経ってから来院されました。

大泉学園近くの当院では産後の骨盤矯正の適正な時期は一ヶ月半~一年としています。

この方は二回出産されてからの二ヶ月なので適正の時期に入っています。

また、帝王切開での出産されています。

帝王切開での出産後に骨盤は歪むのか?と疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

帝王切開での出産でも人間の骨盤は歪みます。

まず妊娠中、お腹の中にいるお子さんの重さや帝王切開に入るまでにお母さんの身体は出産に入ろうとするためにホルモンの影響で骨盤は開くように歪んでしまいます。

骨盤が歪んでしまうと身体に様々な影響が出てきてしまいます。

産後で一番有名なのは「太りやすく瘦せにくい体質」になってしまう事です。

骨盤が歪んでくると太りやすく瘦せにくい体質になってしまうかというと、骨盤が歪んでくると内臓の位置が変わり通常の消化吸収が出来なくなり代謝が悪くなることでこのような影響が出てしまいます。

また、ホルモンバランスも悪くなるので生理不順などもなりやすくなります。

これらみたいに産後では様々な影響を身体には及ぼしてしまいます。

大泉学園近くの当院ではこういった体質の改善のためにも産後骨盤矯正をお勧めしています。

何か心配なこと、わからないことがあれば遠慮なくご相談ください。

産後骨盤矯正に関することはこちら

練馬区 大泉学園 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之