Blog記事一覧 > 未分類 > 痛み止めに頼らない治療(坐骨神経痛) 春風堂接骨院(整骨院)

痛み止めに頼らない治療(坐骨神経痛) 春風堂接骨院(整骨院)

2017.08.02 | Category: 未分類

こんにちは!!

西東京市 下保谷 保谷駅 春風堂接骨院(整骨院)の石川です。

今週の西東京市保谷駅は雷やヒョウなども降り変な天気が続きましたね。

しかし気温的には暑い日が多く身体が重だるい感じがする方多かったと思います。

どこへ行っても冷房が利いていて寒くなり身体に不調が出てくる方もいます。

身体が冷えてくると筋肉が硬くなります。そして痛みへと変わっていきます。

暑いからと言い冷房をガンガンにつけないよう気を付けましょう!

ニュースなどを見ていると熱中症の方が増えてきています。適度の休憩と多めの水分補給を心がけましょう!!

今回は足のシビレ(坐骨神経痛)・腰の痛みがある患者様をご紹介したいと思います。

五年ほど前から長時間立ち仕事をすると腰から足先にかけてシビレが出てきてずっと椅子に座りっぱなしどと膝が固まったような感じがし、痛みが出ていました。坐骨神経痛と膝痛などで病院に通っていたんですが血流を良くする薬・痛み止めの薬ばかりで根本治療をしていただけませんでした。
この先どうなるんだろう。と思いながら検索すると西東京市での口コミの良い春風堂さんを見つけました。
初見はすごくきれいで赤ちゃん連れのお母さんなどもいてアットホームな接骨院です。 治療自体最初の頃は治療してもらうとしゃべることができない程痛く、やってもらった翌日も痛かったりもう治らないのかな?と思っていましたが先生を信じて通った結果今では治療中はしゃべることができ遠出もできるようになりました。根本的に治すとここまで変わってくるのか!と驚きもありました。まだ少し痛みがあるのであともうちょっとだと思うので根本的に治して頂こうと思います

この方は5年程前からシビレ(坐骨神経痛)や膝痛・腰痛などに悩まされ色々な病院,接骨院などに通っていました。しかし処方されるのはいつも痛み止めでその痛み止めが切れてしまうとまた痛みがでてまた飲んでまた痛みがでての繰り返しでとうとう痛み止めもきかないくらいになったため、当院へ来院されました。痛み止め自体は悪いものではないですがただ痛みの感覚を麻痺させているだけであり骨格的な部分や筋肉的な要素はどんどんと悪化していってしまいます。痛み止めは寝れないほどの痛み・痛みがあり仕事ができない。などといった場合以外に使う事はあまりお勧めしません!                            

 この方は自宅にて座っている仕事が多く同じ姿勢で仕事をしていることが多いそうです。同じ姿勢を繰り返していることにより筋肉は硬くなり、骨格的な歪みが出てきます。筋肉が硬くなるとその中にある神経・血管が圧迫され痛みやシビレ(坐骨神経痛)がでてきます。 

保谷駅徒歩3分の当院の治療では骨盤の歪みを矯正する治療と、硬くなった筋肉を柔らかくする治療を行い今ある痛みを取り除くだけでなく、今後痛みがでにくく疲れにくい身体作りをしていきます。

なにか当てはまる症状やそうでなくどこの治療院でも治らなかった症状一度当院で診させていただきます。何かわからないことがありましたら西東京市 保谷駅 春風堂接骨院と検索していただくか当院へ直接ご連絡下さい!!

西東京市 下保谷 保谷駅徒歩三分 春風堂接骨院(整骨院)TEL042-421-5213

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之