Blog記事一覧 > 未分類 > 慢性的な腰痛・膝の痛みには骨盤矯正 春風堂接骨院(整骨院)

慢性的な腰痛・膝の痛みには骨盤矯正 春風堂接骨院(整骨院)

2017.07.12 | Category: 未分類

こんにちは!!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)の石川です。

雨が降る中でも気温はムシムシする暑さで嫌な天気が続いていますね。

このムシムシする気温から熱中症などにもなるので十分に水分を取り熱中症には気を付けましょう!!

この時期は何度も言っていますが身体に不調を訴える方が多くいます。

痛みがでてからではなく少しでも身体に不調がありましたら当院へ来院ください!!

今回は一年前から膝の痛みがあり、初めてぎっくり腰になってしまった患者様をご紹介したいと思います。

もともと立ち仕事をしていて慢性的な腰痛がありました。椅子からたち上ろうとしたときピキッと音がしてそこから起き上がることができなくなり一日中歩くこともできませんでした。二日経つと少し落ち着き歩くことができ春風堂さんへお伺いしました。固まった筋肉をほぐす時は激痛でしたが治療を終えるとすっきりした感じになり、歩くことがままならなかったが歩くこと・立ち上がりがすごく楽になりました。腰は数回で良くなりました。腰だけでなく膝の痛みで1年ほど前から整形外科へ通っていました。注射や痛み止めをしましたが良くなりませんでした。膝だけが原因ではなく骨盤に異常があり膝に痛みがでていると言われ今は骨盤矯正を進められ良くなることを信じて通っています。

この方は椅子から立ち上がる際にピキッと腰がなりそこから歩くことも立つこともできなくなったと言っていました。      大体の方はこの程度の動作でなぜこんなにもなるのか?と思う方多いです。しかし、ただこの動作だけでぎっくり腰になったわけではなく、すべて蓄積からなります。仕事は立ち仕事の接客をしていて10時間ほど立っているときもあるそうです。このように同じ姿勢を繰り返していることにより筋肉は固まっていきます。この動作の繰り返しで筋肉がどんどん蓄積され痛みの閾値を超えると軽い動作いつもならどうも思わない動作などでぎっくり腰などが起こります。なのでぎっくり腰は軽い動作では起きるがそれが原因ではなく日常生活での蓄積が原因となります。

一年ほど前から膝の痛みがありました。整形外科にて痛み止めの薬や注射などもやったがよくならず痛くなる一方で膝の痛みは取れないものだと思い込んでいました。膝だけが原因ではなくこの方の場合は骨盤にも原因がありました。その中でも足の長さが左右で全然違いました。足の長さが変わってくると左右での負荷のかかり方が変わっていきます。負荷の掛け方が変わってくると膝や股関節・足首に痛みがでることがありこの方の場合はこの骨盤の歪みが原因でした。骨盤矯正をし足の長さやバランスをを正しい位置に戻すことによって痛みが軽減していきます。                                            このように痛みがでているところだけが原因ではなく骨盤が原因だったり骨格的な歪みが原因だったりしてきます。どこへ行っても治らなかった症状痛み止めや注射が効かなくなってしまった症状の方少し時間はかかってしまうと思いますが一緒に治していきましょう!!

ぎっくり腰について

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)TEL042-421-5213

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之